健やか「ナノイー」

「ナノイー」で、
人も、空気も、美しく。

「ナノイー」が見えない空気の汚れを抑制 除菌*1・脱臭*2

実使用空間での実証効果ではありません。(脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。)

家族が過ごす空間だから空気の清潔さも気になります。パナソニックなら、エアコンの気流にのせて「ナノイー」をたっぷりお届け。菌を抑制し、お部屋の空気を清潔に保ちます。

花粉、カビ菌、菌、ウイルスを除菌。タバコ臭を脱臭。

OHラジカルが菌の水素を抜き取り除菌*2

「ナノイー」に多く含まれたOHラジカルが、菌の水素を抜き取り、水に変性*1。空気の汚れを抑制します。

菌にナノイーが接近します。
ナノイーに含まれたOHラジカルが菌の水素を抜き取ります。
OHラジカルと水素が結合し、水に変性。空気の汚れを抑制します。

*1:約6畳空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。※1
*2:約6畳空間での約2時間後の効果です。※2
*3:約6畳空間での約8時間後の効果です。※3
*4:約6畳空間での約8時間後の効果です。※4
*5:約6畳空間での、〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約8時間後※5の効果です。

除菌・脱臭 対応機種
16年度モデル
WXシリーズ 対応 Xシリーズ 対応
SXシリーズ 対応 EXシリーズ 対応
GXシリーズ 対応 Jシリーズ 対応
Fシリーズ 非対応
15年度モデル
UXシリーズ 対応 TXシリーズ 対応

「ナノイー」で、うるおい美肌*1・美髪*2 美肌*1・美髪*2空間

(美肌・美髪効果は、季節・周囲環境(温度・湿度)、使用時間、個人によって異なります。)

エアコンの風で乾燥しがちな肌や髪も、「ナノイー」でうるおいを与え、美しくととのえます。

美肌*1

「ナノイー」が肌を保湿し、キメが整ったうるおい美肌へ。

「ナノイー」が皮脂層や角質層に浸透。

美髪*2

「ナノイー」が髪を保湿。水分量が均一になり、うねりが抑えられます。

「ナノイー」が髪を保湿。水分量が均一になり、うねりが抑えられます。

*1:約4週間後の効果です。※6
*2:約12畳空間での効果です。※7

美肌・美髪 対応機種
16年度モデル
WXシリーズ 対応 Xシリーズ 対応
SXシリーズ 対応 EXシリーズ 対応
GXシリーズ 対応 Jシリーズ 対応
Fシリーズ 非対応
15年度モデル
UXシリーズ 対応 TXシリーズ 対応

冷暖房しない季節は、「ナノイー」だけをお届け 「ナノイー」送風

冷暖房を使わない季節は、「ナノイー」を含んだ送風のみを行うこともできます。

扇風機のように使いたいときは「強い風」、「ナノイー」だけ欲しいときは「弱い風」と風の強弱を選択できます。

(実使用空間での実証効果ではありません。)
(設置環境、使用状況により効果は異なります。)
(「ナノイー」搭載マルチエアコンは、2台同時運転時等、送風できない場合があります。)

*:消費電力約12W。新電力料金めやす単価27円/kWh(税込)で計算。ご使用条件等により変わることがあります。

「ナノイー」送風 対応機種
16年度モデル
WXシリーズ 対応 Xシリーズ 対応
SXシリーズ 対応 EXシリーズ 対応
GXシリーズ 対応 Jシリーズ 対応
Fシリーズ 非対応
15年度モデル
UXシリーズ 対応 TXシリーズ 対応

お出かけ中にワンボタンで脱臭。エアコンもお手入れ おでかけクリーン

リモコンの「おでかけ」ボタンを押すだけのかんたん操作で、エアコンのお手入れ、お部屋の脱臭まで可能。お出かけ中・お勤め中のご利用がおすすめです。

リモコンの「おでかけ」ボタンを押すだけのかんたん操作で、エアコンのお手入れ、お部屋の脱臭まで可能。

実使用空間での実証効果ではありません。(脱臭効果は、周囲環境(温度、湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。)

*:約6畳空間での約2時間後の効果です。※2

おでかけクリーン 対応機種
16年度モデル
WXシリーズ 対応 Xシリーズ 対応
SXシリーズ 対応 EXシリーズ 非対応
GXシリーズ 非対応 Jシリーズ 非対応
Fシリーズ 非対応
15年度モデル
UXシリーズ 対応 TXシリーズ 対応

※1:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】4時間で99%以上抑制。 北生発24_0301_1号〈付着菌〉【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】付着した菌【試験結果】8時間で99%以上抑制。 第13044083003-01号(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※2:【試験機関】パナソニック(株)解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着したタバコ臭【試験結果】2時間で臭気強度1.2低減。 BAA33-130125-D01
※3:【試験機関】パナソニック(株)解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】付着した花粉アレル物質 【試験結果】8時間で88%以上抑制。 BAA33-130402-F01
※4:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】付着したカビ菌 【試験結果】8時間で抑制効果を確認。 第13044083002-01号
※5:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター 【試験方法】試験室(約6畳)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】6時間で99%以上抑制。 北生発24_0300_1号 〈付着ウイルス〉【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたウイルス感染価を測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】付着したウイルス 【試験結果】8時間で99%以上抑制。 第13001265005-01号 (試験は1種類のみのウイルスで実施)
※6:【試験機関】(株)エフシージー総合研究所【試験方法】二重盲検法 40±2歳の女性10名 11月~12月の4週間、エアコンとナノイー発生装置を連動させて運転。
※7:【試験機関】パナソニック(株)解析センター【試験方法】試験室(12畳)。室温25℃、湿度40%。毛束(6束)をナノイー発生装置から2mの場所に吊り下げ。ナノイー発生装置運転8時間、停止16時間を繰り返し【美髪の方法】ナノイーを放出【対象】毛髪。