節電

高いセンシング&解析技術で、
快適と節電※1を両立

(CS-WX407C2において。エコナビ、センサー設定時。当社独自の条件により評価。設置環境、使用状況により効果は異なります。)

人の居場所や活動量、お部屋の状況を“見る”。ひと・ものセンサー

ふだんどおりに過ごすだけで、快適さはそのまま、エアコンがムダを見つけて省いてくれます。

ECONAVI センサーを内蔵しているから外観すっきり!

人の在・不在を感知

(お客様ご自身でリモコン設定していただく必要があります。)

◆不在省エネ※2運転

人が居なくなると運転パワーを自動セーブ。人が戻ってきたら元の運転へ。

不在省エネ※2運転

◆オートオフ機能

不在検知から約3時間、人が戻ってこない場合は、運転をオフ。
(再運転はしません。)

オートオフ機能

人の居場所、人の状態を感知

人が居る場所にしぼって冷暖房。その人の状態を見て、冷暖房パワーのムダをカットします。

間取り・家具の位置・天井・壁を感知

いつもの生活エリアを学習し、ムダエリアへの送風をカット。また、天井・壁の輻射熱を感知して、適したパワーで冷暖房します。

家具の位置や間取りまで見る

●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

ひと・ものセンサー 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ(人の在・不在のみ) EXシリーズ(人の在・不在のみ)
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

世界初!寒い・暑いの感覚を見分ける。温冷感センサー

★:家庭用エアコン、からだからの放熱量を見て、独自のアルゴリズムで人の「暑い」「寒い」を見分ける技術。2015年10月21日発売。(当社調べ)

「暑いと感じている」「寒いと感じている」を見分けて、自動で運転パワーを調整します。

人・部屋を高精度センシング

からだの表面と周囲の温度差から放熱量を計算。

からだ表面の温度 周囲の温度/左右に動く温冷感センサー

独自のアルゴリズムで解析

温度差(放熱量)から「暑い」「寒い」の温冷感を解析。

温冷感の判定イメージ

●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

温冷感センサー 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

日射しの変化を“見る”。日射センサー

日射しの変化を見分けて、自動で運転パワーを調整します。

(お客様ご自身でリモコン設定していただく必要があります。)

日射しが強くなると暖めすぎのムダ。

もったいない…

自動で暖房パワーをセーブ

自動で節電※1

●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

日射センサー 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

※1:〈冷房時〉当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温35℃、体感温度25℃が得られるように設定、冷房運転時。運転安定時1時間の積算消費電力量が、エコナビ入、センサー風あて(187Wh)と、エコナビ切、センサー切(414Wh)との比較。エアコンの設置位置から対面上の1エリア(遠距離エリア)に人が存在し、着衣量が約0.3clo(夏季着衣量)で、日射が弱くなった場合。〈暖房時〉当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、体感温度25℃が得られるように設定、暖房運転時。運転安定時1時間の積算消費電力量が、エコナビ入、センサー風あて(354Wh)と、エコナビ切、センサー切(1,188Wh)との比較。エアコン近くにダイニングテーブル等が設置され、エアコンの設置位置から対面上の1エリア(遠距離エリア)に人が存在し、着衣量が約1.5clo(冬季着衣量)で、日射が入っている場合。
※2:当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温35℃、体感温度25℃が得られるように設定、冷房安定時。運転安定時1時間の積算消費電力量が、不在省エネ運転を行った場合(234Wh)と、連続運転を行った場合(292Wh)との比較。