HOME BAKERY 30th anniversaryHOME BAKERY 30th anniversary

ありがとう30周年!ホームベーカリー ヒストリー

パナソニック株式会社(※)は1987年にねりから焼き上げまで全自動でパンを作れるホームベーカリー「SD-BT2」の販売を開始いたしました。

※発売当時ナショナルブランド

そして、本2017年、発売開始より30周年を迎えるに至ります。

この30年間、パンだけでなくもちやパスタ・スイーツを作れる幅広いメニューの採用、本体サイズのコンパクト化に加え、レーズン・ナッツの自動投入や粗混ぜ機能の搭載、また、インバーターモーターの搭載等、お客様のニーズにお応えするべく、ハード面およびソフト面においてさまざまな進化を遂げて参りました。

ここまでの歴史を辿ってくることができたのも、一重に皆様の絶大なるご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

ご愛用者の方からは、
「毎日パンを焼くので、毎日幸せです。」(女性/30代/東京都)
「本当に美味しくできるので贅沢な朝が楽しめますよ。(男性/50代/京都府)
「美味しく香りのよいパンが焼ける。パンの焼ける香りは幸せの香り。」(女性/60代/和歌山県)、
等の大変嬉しいお言葉を頂戴しております。

パナソニックのホームベーカリーは、ご自宅で焼きたてのパンが食べられる喜びや美味しさを、今後も皆様にお届けして参ります。

引き続きパナソニックのホームベーカリーをご支援いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。

1987年 初代ホームベーカリー誕生! SD-BT2

SD-BT2

ねりから焼き上げまで全自動でパンを作れる、パナソニック初のホームベーカリー※ 。1984年に開発を開始、1987年2月に商品化。「夜セットしたら、朝には焼きたてのパンが食べられる」という夢を実現するため、予約機能付き。搭載メニューは「食パンコース」のみ。

※発売当時は「ナショナル」ブランド。

時代のニーズとハードの進化によって、1号機誕生!

炊飯器以来の発明です。炊飯器以来の発明です。

2003年 コンパクトサイズに SD-BT103

SD-BT103

発売から16年。コンパクトなモーターの開発に成功。モーターと基盤の配置を変えることで、本体のサイズがぐっとコンパクトに。設置面積が限られた日本のキッチンで、炊飯器とホームベーカリーの両方を置くことができるようになりました。

※発売当時は「ナショナル」ブランド。

2006年 もちが作れるように SD-BT153

SD-BT153

「もち米を炊く」から「もちをつく」まで自動でできる、「もちコース」を追加。もちの他にも、ピザ生地、ケーキ、うどん、パスタなど、パン以外のメニューが充実。

2011年 粗混ぜ機能を搭載 SD-BMS104

SD-BMS104

レーズンやナッツなどを自動投入し、生地にまんべんなく混ぜ込めるレーズン・ナッツ容器を搭載。チーズやベーコンなどのやわらかな具材も、形を残したまま生地に混ぜ込める「粗混ぜ」機能も。

2014年 インバーターモーター搭載 SD-BMT1000

SD-BMT1000

「生地のねり」を向上させるため、インバーターモーターを搭載。メニューに合わせて、ねりの速度を変えることで、パン・ド・ミの食感が3種類に。さらに「60分パンコース」の実現、マーブルパンを手間なくつくれるようになるなど、メニューがさらに広がりました。

低速ねり⇔高速ねり低速ねり⇔高速ねり