乾電池エボルタEVOLTA ギネス世界記録™認定!!単3形アルカリ乾電池で世界NO.1長もち。

EVOLTAの挑戦

世界最長距離鉄道走行チャレンジ

2015世界最長距離鉄道走行チャレンジ

川越工業高等学校電気科「電車班」の生徒が作成した車両で、単1型乾電池エボルタを動力に世界最長距離の鉄道走行に挑戦。
*“Longest distance traveled by a vehicle on a railway track powered by dry cell batteries”に2015年11月3日挑戦。

詳しくはこちら

エボルタチャレンジ2014

2014廃線1日復活チャレンジ

2014年11月2日、秋田県大館市(旧小坂鉄道廃線)にて、単1形乾電池エボルタ(99本)を動力源に、総重量約1トンのオリジナル車両が有人走行に挑戦!!

詳しくはこちら

エボルタチャレンジ2013

2013EVOLTA×プラレール®

たった1本の乾電池でプラレール®約5.6kmを走破しました。
©TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
JR東日本商品化承諾済

エボルタチャレンジ2012

2012乾電池エボルタ長もち年越しチャレンジ

2012年12月、乾電池エボルタで、ノン・ストップで挑んだバーベル挙げのチャレンジは大成功!

詳しくはこちら

エボルタチャレンジ2011

2011充電式エボルタ トライアスロン

2011年10月、充電式エボルタ3本で、小さなロボットが昼夜ぶっ通しで挑んだ、ハワイ島約230km!!

詳しくはこちら

エボルタチャレンジ2010

2010充電式エボルタ 東海道五十三次

2010年9月、充電式エボルタで、東京→京都500kmの過酷なチャレンジを61日間で完全走破。

詳しくはこちら

エボルタチャレンジ2009

2009実証ロボット「エボルタ」24時間耐久走行

2009年8月、たった2本の乾電池を動力に、長もち実証ロボットEVOLTA(エボルタ)が24時間耐久走行に挑戦し、23.726kmを走行しました。

エボルタチャレンジ2008

2008グランドキャニオンに挑戦

2008年5月、たった2本のEVOLTA乾電池を動力に、長もち実証ロボット「エボルタ」がグランドキャニオンの断崖絶壁に挑戦しました。

詳しくはこちら

EVOLTAロボットとは

ロボット「エボルタ」

世界が認めるロボットクリエイターの高橋智隆氏が開発する実証ロボット「エボルタ」。
世界を舞台に乾電池だけをエネルギーに様々な長もち実証に挑戦していきます。

名前 エボルタ
生年月日 2008年1月15日
身長 17cm(ただし、目的に応じて変形可能)
体重 ?
好きな食べ物 エネルギー源は「EVOLTA」
性格 その明るさは、一緒にいる人に元気を与え、誰とでもすぐ仲良しになる。 負けず嫌い。1度決めた目標は、どんな困難があろうとも立ち向かいます。
EVOLTA

クリエイタープロフィール「高橋 智隆」

日本を代表する世界的なロボットクリエーター。ロボガレージ代表。ロボットの技術開発・制作・デザインを手がけ、作品作りを行うほか、次世代産業としてのロボット開発にも関与。

ロボット1

ロボット2

写真:高橋 智隆

高橋 智隆 Tomotaka Takahashi

1975年大阪生まれ。2003年、京都大学工学部物理工学科を卒業し、京大学内入居ベンチャー第1号「ロボ・ガレージ」を創業。
米TIME誌「Coolest Inventions 2004」、ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選定される。ロボカップ世界大会5年連続優勝。
代表作に、「ロピッド」「FT」「クロイノ」「Gabby」「タチコマ」など。
現在、(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授、福山大学/大阪電気通信大学客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室顧問。 著書に「ロボットの天才」(メディアファクトリー)他。

ROBO GARAGE