ボタン電池の水銀使用に関するお知らせ及び回収協力のお願い

電池業界では、これまで乾電池の無水銀化(1992年)、水銀電池の生産・販売終了(1996年)等によって環境負荷の軽減に努めて参りました。現時点でごく微量ながら水銀使用が残っているのはボタン電池のみです。
このため一般社団法人電池工業会では、水銀の適正処理を目的として、使用済みとなったボタン電池の回収とその適正処理(自主取り組み)を行なっています。

◯回収対象のボタン電池には次の3種類があります。

① アルカリボタン電池(形式記号LR)
② 酸化銀電池(形式記号SR)
③ 空気亜鉛電池(形式記号PR)

◯ボタン電池の水銀の有無の見分け方

当社は、環境への取組を強化してきた中で、無水銀化を実現した商品には、パッケージに無水銀である旨を表示しています。無水銀表示のないものは水銀含有品となります。

◯使用済みボタン電池の処分方法

一般社団法人 電池工業会では2009年から、水銀の適正処理を目的として、ボタン電池回収事業に取り組んでおり、当社も会員企業の一員としてこの事業を推進しています。使用済みのボタン電池は、回収協力店までお持ちください。
詳しくは、一般社団法人 電池工業会のボタン電池回収サイトをご覧ください。(http://www.botankaishu.jp/m/top.php