パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > テレビ ビエラ > テレビの楽しみ方 > 寝室や書斎でテレビをゆっくり楽しもう!「自分用」2台目テレビの選び方

寝室や書斎でテレビをゆっくり楽しもう!「自分用」2台目テレビの選び方

投稿日:2015年1月16日 |
| | | |

自分の部屋のテレビで、番組や録画、ネット動画などをだれにも邪魔されずにゆっくり見たい!
そんな方に今回は、「2台目テレビ」購入をオススメします。

2台目にふさわしいのは、スッキリデザインの中型液晶テレビ

数年前なら6畳間に32v型ぐらいが限界でした。今は、42v型程度の大画面テレビが無理なく置けます。パネル周辺のフチ面積が大幅に狭くなったからです。デザイン的にもずいぶんスッキリしました。

自分の部屋で録画したいなら、テレビの外付けハードディスクで録画する方法もあります。 レコーダーを買い足す場合は、メーカーが共通ならレコーダーに録画された番組を転送できる機種も。

どちらにしても、録画番組を見るために、リビングへ足を運ぶ必要はありません。

ビエラなら、リビングの録画番組やアクトビラも楽しめる

2台目テレビのおススメは、ビエラのダブルチューナー搭載 E300シリーズ(19v/24v/32v/43v/49v型)です。
USBハードディスクで録画が可能。ダブルチューナー搭載なので視聴しながら、裏番組録画ができます。「お部屋ジャンプリンク※1でメインのテレビとつながったディーガに録画された番組を、屋内ネットワークで転送します。寝室や書斎など場所を選ばず2台目テレビで見ることができます。

●ビデオ・オンデマンドサービス「アクトビラ」に対応

インターネットにつなげばビデオ・オンデマンドサービスの「アクトビラ」を利用できます。
人気の映画やアニメ、ドラマ、ドキュメンタリー、音楽、カラオケなど幅広いジャンルの映像作品を楽しめます。わざわざ借りに行く手間が省けますね!

●ホームシアターとつなげられる!(ARC対応HDMI端子)

E300シリーズは、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)対応HDMI端子を搭載。ホームシアターとケーブル1本で接続して、映画やライブなどを迫力サウンドで楽しめます。
(ARC対応のホームシアターの場合。HDMIケーブルが必要です)

【まめ知識】

HDMI端子に空きがある場合は、HDMI端子搭載のノートパソコン※2をつないでみましょう。ビエラを大画面モニターとして使えます。YouTube™やインターネットをいつもより大画面で見られます。

  • ※1 ホームネットワーク(LAN)接続と設定が必要になります。
  • ●通常のお部屋ジャンプリンク対応機種は、DLNAに対応しています。E300シリーズは、DLNAに非対応ですが、お部屋ジャンプリンクの機能を利用できます。またディーガで「BDビデオ再生中、録画中、ダビング中、テレビでネットなどのネットワークを使用中」などの場合、お部屋ジャンプリンクを使って再生することはできません(機種によって条件は異なります)。
  • ●一度に複数の部屋からお部屋ジャンプリンクを使って再生することはできません。サーバ側の対応機種および再生可能コンテンツについては、詳しくはサポート情報をご確認ください。
  • ●ディスク、音楽の再生はできません。また、写真再生ができない機種があります。詳しくはサポート情報をご確認ください。
  • ※2 HDMI対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
  • ●YouTube™は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • ●画面はハメコミ合成のイメージです。
  • ●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
  • ●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

最新の投稿

人気記事ランキング

Panasonic Japan
公式アカウント

  • Audio & Visual公式Facebook
  • PanasonicJapan(パナソニック公式)
  • パナソニックGoogle+ページ
  • 公式twitter
当サイトについて
「テレビの楽しみ方」は、テレビを中心としたデジタル家電に関して「やりたいこと」「わからないこと」の解決をお手伝いするサイトです。AV家電の疑問解決に、ぜひお役立てください!