パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > テレビ ビエラ > テレビの楽しみ方 > 映画もライブも迫力満点!家族で楽しめるテレビとは?

映画もライブも迫力満点!家族で楽しめるテレビとは?

投稿日:2016年10月18日 |
| | | |

テレビ選びの重視点は、見やすさ、音の良さ、使いやすさ、お手入れのしやすさが代表的でしょう。でもすべてを満たすテレビはそんなに多くありません。 その中で、すべてを満たしていると言えるDX850シリーズをご紹介します。

DX850をオススメする5つのポイント

1. 小さな音も聴き取りやすい。話題のハイレゾも楽しめるスピーカー
2. 斜めから見てもキレイ。明るい部屋でも見やすい!
3. 話題のドラマや映画が4Kで楽しめる。主要なVODサービスに対応
4. リビングに映えるシンプルなデザイン。お手入れもかんたん!
5. 機械が苦手でも使いやすい。声でも操作ができる

1. 小さな音も聴き取りやすい。話題のハイレゾも楽しめるスピーカー

本体の両サイドと下部にあるスピーカーにご注目ください。

出力は、一般的なテレビの約2倍~3倍で100W。出力音の幅が広いので、ささやくような音もくっきり聴こえます。
透明感のある中高音、体に響くような重低音まで原音に忠実に再現。外部スピーカーがなくても、今までのテレビとは違った迫力でライブ映像や映画を楽しめます。

*実用音声最大出力

 

さらに、ハイレゾ音源の再生が可能※1。オーディオ機器のような感覚で音楽を聴くことができます。

内蔵メディアプレーヤーを使用して、かんたんにハイレゾ音源を再生できます。

2. 斜めから見てもキレイ。明るい部屋でも見やすい!

広視野角のIPS液晶パネルを採用しました。
大人数で見ても、寝転んで見ても、角度によって映像の色が薄くなることはありません。

画面への映り込みを抑える「新パネルコート」も採用。明るい窓や部屋の電灯などが画面に映り込みにくい仕様です。
明るいリビングでも視聴を邪魔されず、家族みんなで一緒に楽しめます。

3. 話題のドラマや映画が4Kで楽しめる。主要なVODサービスに対応

VODサービスとは「インターネットを使って見られる動画配信サービス」です。4K映像の映画やドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど、さまざまなコンテンツを大画面で見ることができます。 VODサービスのアプリは本体にインストール済み、ダウンロードなどの手間は不要です※3

*VOD=ビデオ・オンデマンドの略

≪4K HDR映像にも対応≫

VODサービスで配信中の4K HDR映像も楽しめます。HDRとは「映像内の明暗をしっかりと再現できる」規格のこと。たとえば、ライブステージの映像。スポットライトの明るさを再現しつつ、影になりがちな歌手の顔もはっきりと見えます。
音のよいスピーカーとあわせて、ライブ映像、映画、スポーツ中継など、ぜひ、新しい映像表現を感じてみてください。

*HDR=ハイ・ダイナミックレンジの略

4. リビングに映えるシンプルなデザイン。お手入れもかんたん!

様々なインテリアに美しくとけこむように配慮。大画面の迫力と省スペースな設置性を両立させるという機能美を追求しました。
スピーカー部分はステンレスの中でも高品質な素材を使用。エッチングによる繊細な加工も施し、細部までこだわりました。

背面にもひと工夫。端子部のケーブル類に埃がたまらないように、ケーブルカバーとケーブル類をまとめられるクランパー(結束バンド)をご用意。テレビとローボードの隙間からバラバラなケーブルが見えません。
見た目とお手入れのしやすさの両立を実現しています。

5.機械が苦手でも使いやすい。声でも操作ができる

マイク一体型リモコンで、声による操作ができます。チャンネル切り替えや音量変更から、YouTubeの動画検索、録画番組の視聴、各アプリの起動まで可能です。リモコンのカーソルやボタンでは時間がかかる操作にもすばやく対応できます。

さらに、DX850シリーズはテレビに直接話しかけて操作できる「ダイレクト音声操作」にも対応。電源オンから各種操作まで、まるで映画に出てくる未来のテレビのようですね。

≪豆知識≫

音声操作は決められた「コマンド=言葉」が必要です。
コマンド一覧表を公開中。プリントアウトしてクリアファイルなどに入れておけば、手軽に使えます。

49v型から60v型まで、サイドスピーカー搭載でもすっきり設置できる

ワンルームでも大き過ぎない49v型、リビングにぴったりの55v/60v型をラインナップしました。

サイドスピーカーを搭載しながら、従来の50v型テレビ(2008年モデル)にプラス約7cmで5インチアップが可能。テレビ台を変えることなく、画面サイズを大きくして、美しい4K映像と迫力のある音を楽しめます。

 

DX850シリーズなら、映像も音楽もネットもこれ1台。ぜひ、店頭やショールームでお確かめください。

  • ◎BS・110度CSによる4K放送は受信できません。4Kの放送を楽しむには、今後発売される別売のチューナーが必要です。
  • ※1 ハイレゾコンテンツを再生する場合は、ビエラの本体メニューから音声調整→ハイレゾ設定→音質優先に変更してください。工場出荷時はリマスターになっています。
  • ●ハイレゾ対応フォーマット
    HDMI入力(ディーガ再生):LPCM(最大192kHz、24bit)再生時に96kHzにダウンサンプリングされます。SDカード/USB機器(メディアプレーヤー再生):WAV/FLAC(最大192kHz、24bit)再生時に96kHzにダウンサンプリングされます。ALAC(最大48kHz、32bit)
  • ●デジタル音声出力は無効になります。また、TV RemotePanasonic Media Accessで、放送中の番組や録画した番組が配信できない場合があります。
  • ●ハイレゾコンテンツは、イヤホン・ヘッドホンで視聴できません。
  • ●バーチャル3Dサラウンドの機能はオフになります。
  • ※2 上下左右178度、JEITA測定法による。コントラスト比10:1が確保できる角度
  • ※3 4Kネット動画のご視聴には、インターネットの接続が必要です。FTTH(光)などのギガビット・ブロードバンド回線を推奨。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。
  • ●回線事業者やプロバイダーが採用している接続方式・契約約款により、ご利用いただけない場合があります。
  • ●ご利用のルーター、モデム、ハブなどの設定には、パソコンが必要となる場合があります。ルーターの接続、設定方法についてご不明な場合は、ルーターをお買い上げの販売店にご相談ください。
  • ●「アクトビラ」とは、当社などが出資する(株)アクトビラが提供するデジタルテレビ向け映像配信サービス。全画面表示でハイビジョン画質の迫力ある映像でお楽しみいただけます。「アクトビラ ビデオ・フル」のコンテンツは、一部を除き有料です。有料コンテンツをご利用の場合、コンテンツごとに利用料が必要です。
  • ●YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
  • ●YouTube提供:Google Inc. / Netflix提供:Netflix, Inc. / dTV提供:株式会社NTTドコモ / amazonビデオ提供:Amazon.com Int'l Sales, Inc. / アクトビラ提供:株式会社アクトビラ / ひかりTV 4K提供:株式会社NTTぷらら
  • ●アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。
  • ●画面はハメコミ合成のイメージです。
  • ●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
  • ●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

最新の投稿

人気記事ランキング

Panasonic Japan
公式アカウント

  • Audio & Visual公式Facebook
  • PanasonicJapan(パナソニック公式)
  • パナソニックGoogle+ページ
  • 公式twitter
当サイトについて
「テレビの楽しみ方」は、テレビを中心としたデジタル家電に関して「やりたいこと」「わからないこと」の解決をお手伝いするサイトです。AV家電の疑問解決に、ぜひお役立てください!