【充電制御システム】を搭載した充電制御車の仕組み
エコカー(省燃費仕様車)には【充電制御システム】という省燃費技術が採用されています。【充電制御システム】とは、無駄な充電を制御してエンジンの負担を軽減することで、省燃費を実現する技術のことです。
充電が不足しています。発電してください。一定の充電量があります。発電ストップ!
【充電制御システム】の充電方式
従来までの充電方式と充電制御システムの充電方式は下記のように全く違うものになります。【充電制御システム】搭載車は、燃費を向上させるために過酷な環境下でカーバッテリーへ充電を行っています。
満充電になっても、充電を継続。発電機(オルタネーター)は常時稼働
一定量まで充電されると発電を停止しエンジン負荷を軽減させることで燃費向上
充電 放電 充電 放電
「充電制御車」は多くの部分を電気に頼っているため、カーバッテリーにかかる負担が増大します。これに加え【充電制御システム】による充電と放電をくり返す過酷な充電環境に耐えうるタフなカーバッテリーが求められます。このため、「充電制御車」には高速充電性能(充電受入性)の高いカーバッテリーが必要不可欠となるのです。
効果1 車両の省燃費性能の維持・向上 効果2 カーバッテリー寿命の維持・向上
【充電制御システム】を搭載した充電制御車の見分け方
(省燃費仕様車)エコカーの方はご注意ください!
           充電制御車を外観から見分ける事は困難です。下記のようなステッカーが貼られている車両は充電制御車の可能性があります。
低排出ガス車 ステッカー
【充電制御システム】を搭載した充電制御車(エコカー)の普及が急速に進んでおり、今後発売される新車のほとんどに採用される予定です。充電制御システム搭載車一覧にてあなたのお車が充電制御システム搭載車かどうかご確認ください。