• ETC2.0
  • 渋滞情報
  • 安全運転支援
  • 光ビーコン
  • 音声案内(カーナビ側)
  • コンパクトな本体
  • カード全収納
  • ナビ連動専用
  • 12V

CY-DSR140Dのご使用には、当社の対応カーナビとの接続が必要です。
RX/RSシリーズ(2014年発売)より前のETC2.0対応カーナビとの接続は可能ですが、光ビーコンサービスには対応しておりません。

これからのETC2.0車載器

  1. 特徴1交通情報は高速道路・一般道の両方を受信
  2. 特徴2新しい高速道路料金制度「ETC2.0」に対応
  3. 特徴3ETC機能(料金収受)

2016年度から、ETC2.0始まりました

これまでのITSスポットサービス(ETC、ダイナミックルートガイダンス、安全運転支援、インターネット)が2014年10月よりETC2.0サービスと改称されました。
2016年度より、新たなサービスを追加して本格的な“ETC2.0”サービスが始まりました。

ETC2.0とは?

  • 従来のETC機能やITSスポットサービス機能に、高速道路で渋滞を迂回走行した利用者への料金優遇等、新たなサービスが追加されるものです。
  • ITSスポットに自動車の走行経路情報をアップリンクできる車載器をETC2.0車載器と言います。

(2015年6月30日以前にセットアップした車載器は、経路情報収集のための再セットアップが必要となります。)

2022年4月以降の高速道路はITSスポットのみに

高速道路での交通情報サービスは電波ビーコン(2.4GHz)が停止となり、今後はITSスポット(ETC2.0)に一本化されます。

3メディアVICSに対応でより便利に

当社の対応カーナビ(CN-F1D、RX/RS/RA/REシリーズ)との接続により3メディアVICSへの対応が可能です。

[対応カーナビゲーション:FM多重放送] + [CY-DSR140D:ITSスポット(5.8GHz)(主に高速道路)、光ビーコン(主に一般道)] [対応カーナビゲーション:FM多重放送] + [CY-DSR140D:ITSスポット(5.8GHz)(主に高速道路)、光ビーコン(主に一般道)]

業界初!ITSスポット/光VICS統合アンテナ

業界初の「ITSスポット/光VICS統合アンテナ」で車内をすっきりできます。

ITSスポットアンテナ + VICSビーコンユニット → 業界初!

進化した時短機能

高速道路と一般道、両方の渋滞回避ルート探索が可能に。より早く着くために、さらなる進化を遂げました。

[CY-DSR110D(従来モデル):高速道路] → [CY-DSR140D:高速道路、一般道] [CY-DSR110D(従来モデル):高速道路] → [CY-DSR140D:高速道路、一般道]