パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > コーヒーメーカー > SPECIALTY COFFEE meets THE COFFEE MAKER

SPECIALTY COFFEE meets THE COFFEE MAKER

いい豆の上質な個性を味わわせてくれる。

「いい素材があれば、ハンドドリップでもコーヒーメーカーでも、おいしく飲めます。ですが、きちんとコーヒーを淹れるには、それなりに時間をかけなくてはならない。そう考えると、日常的に忙しい人にとっては、抽出が安定しているコーヒーメーカーのほうがいい場合もあるでしょう。ただ、今までのコーヒーメーカーにはどうしても限界がありました。なかでも、味を大きく左右するのがミル。多くは雑味の原因となる微粉が出てしまうのが欠点でした」

そう説明してくれたのは、日本のスペシャルティコーヒー界の草分け、〈堀口珈琲〉の会長、堀口俊英さん。

質の高いミルほど微粉があまり出ないもの。まずその点で、このコーヒーメーカーはかなり優秀だと堀口さんは言う。さらに、2種類のフィルターによる挽き分けも。

「特に新たに加わった粗挽きタイプは、計算された一定の粗さの粒によってクリーンな味わいになる。きれいな酸と甘みを感じさせるコーヒーになります。しかもほとんどのミル付きコーヒーメーカーは、挽いた豆をドリップフィルターに移し替える合体型。挽きたてをそのまま抽出できる完全な全自動というのは、本当にすごいと思います。そしてもうひとつ、一般的なコーヒーメーカーは、抽出温度が高すぎるものがほとんど。ハンドドリップの場合でも、沸騰しているお湯で淹れることはないんです。温度が高すぎると、トゲトゲした味になる。特にあまり質のよくない豆は高温に耐えられなくて、雑味が強調されてしまいます。その点この〈パナソニック〉のコーヒーメーカーは、多少抽出温度が低めに設定されていて、よく考えられていると思います。おいしいコーヒーを淹れるポイントは、粉の量と粗さ、抽出温度が肝心。豆の質は大前提として」

そもそも堀口さんが考えるおいしいコーヒーとは?

「作られた土地に由来する味がするコーヒーだと思います。それには、生産地や味わいなど、商品説明が具体的で明確な豆を選ぶことが大切です。生産地の味とは、土地それぞれの風土や気候によって生まれる味です。そもそも果物の種子であるコーヒー豆は、酸の元となる成分をもっています。良質で浅煎りなものは、冷めるとフルーツジュースのような味わいになるほど。さらに、コーヒー豆は鮮度もおいしさの重要な要素なので、焙煎して日の浅いものを、早めに使い切れる分だけ買うようにするのがいいでしょう」

最後に、一流のロースターが、このコーヒーメーカーにお薦めの焙煎の種類を教えてくれた。

「焙煎は浅いほど酸が強く、深いほどほろ苦い。あくまでも個人的な感想ですが、ハイローストやシティローストなど、やや浅めが合うと思います。この機会にいい豆で挽きたて、淹れたての、コーヒー本来の上質な酸味を味わってみてください」

  • FILTER

    FILTER

    従来の中細挽きフィルターに加えて、新たに加わった、粗挽きフィルター。クリアで雑味の少ない味わいが楽しめるようになった。

  • DOME

    DOME

    カルキを90%以上カットし、適切な温度に温めたお湯を、シャワー型のドームによって拡散しながらコーヒーの粉に注ぎ、抽出する。

フィルターとコースで挽き分け、淹れ分けが楽しめる。

苦みとコクが際立つ中細挽きフィルター、ほどよいコクとクリアな味わいを生む粗挽きフィルター。さらに抽出時間や温度の自動調節による、すっきりとした「マイルド」、深くコクのある「リッチ」。挽き方と抽出の組み合わせで4タイプのコーヒーが味わえる。

  • コース
  • 挽き
マイルド リッチ
NEW
粗挽き
  • ・まろやかなストレート
  • ・アメリカンコーヒー
  • 「渋み少なくマイルドに」
  • ・スペシャルティコーヒー
  • ・ブレンドコーヒー
  • 「渋みを抑え後味よく」
中細挽き
  • ・コクのあるストレート
  • ・ブレンドコーヒー
  • 「コクと苦みのバランス」
  • ・アイスコーヒー
  • ・ブレンドコーヒー
  • 「コク、苦みをしっかりと」

〈堀口珈琲〉お薦めの豆はパナマ「カフェ・コトワ ドンK ゲイシャ」ハイロースト

(堀口珈琲 http://www.kohikobo.co.jp

コーヒーメーカーNC-A56 オープン価格 撮影協力/UTSUWA

photo : Shinsaku Kato styling : Nami Kagiyama illustration : Shapre text : Naomi Yokoyama

●&Premium2015年1月号に掲載されたものです

&Premium おいしいコーヒーのある生活 with コーヒーメーカーNC-A56

&Premium おいしいコーヒーのある生活
with コーヒーメーカーNC-A56

雑誌の詳細はこちら