パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > ミニコンポ/スピーカーシステム > ワイヤレススピーカーシステム SC-ALL05

お風呂やキッチンでも使える防水仕様
(IPX5/IPX7相当※1arrow

防水仕様なので、お風呂やキッチンで音楽を楽しめます。スマートフォンで選曲した後は、本体のタッチキーでも再生やスキップ、音量調整などの操作が可能で、水滴などが付いても拭き取りやすい天面フラットパネルを採用。さらに、シャワーや流し台などの雑音の中でも音声が聴き取りやすい「VOICEモード」を搭載しています。

防水タイプアイコン JIS IPX5/IPX7相当※1
あらかじめスマートフォンで選曲してからお風呂、キッチンへ 電池寿命 約9時間※2※3(Bluetooth®セレクター選択時)

※2 規定の測定方法による。
※3 操作スイッチの照明およびランプの明るさが「暗い」に設定されている時。

2.その後の操作(音量調整やスキップなど)は本体のタッチキーでできる。

拭き掃除しやすいフラットデザインタッチキー

@ VOICE

シャワーの音やキッチンでの雑音の中で、音声を聴き取りやすくします。ワンタッチでかんたんに切り換えられます。

A 再生操作タッチキー

スマートフォンを操作しなくても、本体のタッチキーで再生や一時停止、スキップ、音量調整などの操作ができます。

B プリセットタッチキー

アプリ「Qualcomm® AllPlay™ Radio powered by TuneIn」で聴けるインターネットラジオ局のお気に入りを登録しておけるので、ワンタッチで再生できます。

ページトップへ戻る

「Wパッシブラジエーター」や
ステレオスピーカーの搭載により
コンパクトながら高音質再生を実現arrow

音楽を高音質で再生するステレオスピーカー搭載

実用最大出力20W(ACアダプターの場合)、スピーカーをフロントにステレオ構成で2個搭載。コンパクトながら高音質再生を実現しました。

SC-ALL05

IPX7※1に対応するフルレンジ6.5cmのスピーカーユニット

直径6.5cmの大口径スピーカーを採用。スピーカーコーン材料にはポリプロピレンを採用し、IPX7※1に対応する防水性能を確保しました。また、センターポール部に銅キャップを採用し、磁気歪みを低減。ボーカル帯域の歪みを大幅に低減し、高域まで伸びやかでクリアな音を再生します。

大口径スピーカー・センターポール部イメージ

ダイナミックな重低音を響かせる
「Wパッシブラジエーター」

前後2つのパッシブラジエーターが低域振動を増幅。音を正確に再現し、雑音を抑えた豊かな低音を響かせます。

Wパッシブラジエーター図解

歪みを低減した音を再生する帯域分割DRC

帯域分割フィルタにより、低域と中高域に信号を2分割して、見かけ上の鳴り感を損なわずに歪みを低減します。

濁りの少ないサウンド「ピュアダイレクトサウンド」

音の歪みを高性能DSP(デジタルシグナルプロセッサー)内のフィルターで低減し、濁りの少ないサウンドを実現しました。

ページトップへ戻る

「サウンドジャンプリンク」でディーガと
組み合わせれば
好きな場所で音楽を楽しめるarrow

リビングで選曲するだけ。
スマートフォンを浴室に持ち込まなくてOK!

「サウンドジャンプリンク」でディーガと組み合わせれば※4、ディーガに保存した音楽を本製品で再生できます。専用アプリ「Panasonic Music Streaming」でタブレット、スマートフォンからかんたんに操作できるので※5、聴きたい時に聴きたい曲を楽しむことができます。

ディーガの対応モデル品番については
サポートページへ

※4 無線LANを使用した場合、音切れなど再生が不安定になる場合があります。その場合は、ディーガとアクセスポイント間、および、本機とアクセスポイント間をLANケーブルで接続してください。
※5 ディーガの音楽をネットワーク経由で再生するためには、ディーガの「お部屋ジャンプリンク機能」を「入」に設定しておく必要があります。

サウンドジャンプリンクでディーガとSC-ALL05を組み合わせて操作可能

その他の特長

  • インターネットラジオが楽しめるアプリ「Qualcomm® AllPlay™ Radio powered by TuneIn」に対応
  • ワンタッチでお気に入りのネットラジオ局が聴けるプリセット機能
ページトップへ戻る

ミニコンポ/スピーカートップへ

無線機能のご利用について

●使用周波数帯
内蔵無線機器は2.4 GHz 帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に留意してご使用ください。
●周波数表示の見方
周波数表示は、定格銘板に記載しています。
周波数表示

機器認定

●内蔵無線機器は、電波法に基づく技術基準適合証明を受けていますので、無線局の免許は不要です。ただし、内蔵無線機器に以下の行為を行うことは、電波法で禁止されています。
・分解/改造する
・定格銘板を消す/はがす
・5 GHz 帯無線LANを使って屋外で通信を行う
(5 GHz 帯は屋内使用限定)

この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
1.この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていない事を確認してください。
2.万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに使用周波数を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、下記連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーテーションの設置など)についてご相談してください。
3.その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きた時は、次の連絡先へお問い合わせください。 連絡先:パナソニック株式会社パナソ二ック お客様ご相談センター

  • ※1 IPX5(噴流に対する保護等級)について常温の水道水にて、機器から約3m離れて、内径6.3mmのノズルであらゆる方向から約12.5L/分の水を3分以上注水したあと、機器の機能が動作することに対応しています。IPX7(浸水に対する保護等級)について常温の水道水にて、水深1mに機器を静かに沈め、30分間放置して取り出したあと、機器の機能が動作することに対応しています。
  • ●本製品でハイレゾ音源を再生する場合は、CD音質相当で再生されます。
  • ●Qualcomm® AllPlay™ smart media platformは、Qualcomm Atheros, Inc.の製品です。
  • ●Qualcommは、米国およびその他の国で登録されているQualcomm Inc.の商標であり、許可を得て使用しています。
  • ●Qualcomm® AllPlay™ Radio powered by TuneInは、Qualcomm Atheros, Inc.の製品です。
  • ●AllPlayは、Qualcomm Atheros, Inc.の商標であり、許可を得て使用しています。
  • ●“Wi-Fi CERTIFIED™”ロゴは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。Wi-Fi Protected Setup™識別マークは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。
  • ●“Wi-Fi®”は“Wi-Fi Alliance®”の登録商標です。“Wi-Fi Protected Setup™”、“WPA2™”は“Wi-Fi Alliance®”の商標です。
  • ●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
  • ●App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • ●Google Play、Androidは、Google Inc.の商標です。
  • ●写真のパソコンは付属していません。
  • ●写真・イラストの内容はイメージです。
  • ●写真のスマートフォンは付属していません。
  • ●ディスプレイ表示はハメコミ合成(イメージ)、表示内容は使用例です。
  • ※オープン価格商品の価格は、販売店にお問い合わせください。