パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > ミニコンポ/スピーカーシステム > コンパクトステレオシステム SC-HC395

  • スリムながら高音質&ダイナミックな重低音を実現
  • お気に入りの音を高音質で楽しむ、かんたんワイヤレス再生
  • 高級ステンレス仕上げのフロントパネル&スリムデザイン

スリムながら高音質&
ダイナミックな重低音を実現arrow

臨場感あふれる音を再現する高性能アンプ「LincsD-Amp II」

当社独自のノイズシェーピング技術をクロックに応用した「クロック再生成技術」により、高音域から可聴限界以下の超低音域までのジッター(時間軸方向のズレ)を最小にします。さらに、制御理論を応用しPWMの原理的歪みを低減する「歪み補正PWMモジュレータ」に新しいアルゴリズムを採用。デジタル処理時の波形に起こる歪みの補正精度を向上させることで、さらに原音に忠実な音の波形の再現が可能になりました。

LincsD-Amp IIイメージ
LincsD-Amp II図解

歪みを低減し、重低音をより効果的に再生する「XBS Master」を搭載

XBS Master

スピーカーユニットの共振周波数帯域を増幅することで、歪みの少ない低音を効果的に再生できる当社独自技術XBS(Extra Bass System)に「H.BASS」「帯域分割DRC」技術を加え、重低音再生をさらに強化したシステムです。

XBS図解

高域信号を補正し、より高音質で音楽を楽しめる「MP3 リ.マスター」搭載

圧縮音源で失われた高域信号を演算処理して補正する「MP3 リ.マスター」により、MP3の音楽を高音質で楽しめます。自然界の音、楽器の音には多くの倍音成分が含まれています。MP3の圧縮処理により抜け落ちた倍音成分をDSP処理により補正することで、聴感上の情報量を復元し、より自然な高音質を実現します。

原信号と倍音成分図解

クリアな音を再現する「フルデジタル伝送方式」

アナログ×デジタル変換がない「フルデジタル伝送方式」を採用。変換による音の劣化がないので、クリアな音が再現できます。

フルデジタル伝送方式図解

キレのある音質を実現する「ナノバンブースピーカー」

スピーカーコーンに、ナノサイズに微細化した剛性の高い竹繊維を採用。繊細な音から力強い音まで美しく再現し、クリアでキレのある音質を楽しめます。

ナノバンブースピーカー
ナノバンブースピーカー図表

ダイナミックな重低音を響かせる「Wパッシブラジエーター」

前後に対向して配置したパッシブラジエーターが低域振動を出力。前後のラジエーターを同軸配置することで安定した振動を実現します。音を正確に再現し、雑音を抑えた豊かな低音を響かせます。ナノバンブースピーカーと前後2つのパッシブラジエーターを左右それぞれに搭載し、計6つのスピーカーにより、小型ながら迫力のある重低音とクリアでキレのある音質を実現します。

ラジエーター図解

濁りの少ないサウンド「ピュアダイレクトサウンド」

音の歪みを高性能DSP(デジタルシグナルプロセッサー)による演算処理で取り除き、濁りの少ないサウンドを実現しました。

お気に入りのサウンド設定で楽しめる「マイサウンド設定」搭載

音楽ジャンルやラジオ放送などにより音質を変えたいときに、あらかじめ音質の設定が可能。お気に入りのサウンド設定で楽しむことができます。

AMラジオ番組がFM放送で聴ける
ワイドFM(FM補完放送)対応

都市部の電気雑音によりAM放送が入りづらい場所でも受信しやすいFM放送の周波数でAMラジオの番組を楽しめます。雑音が少ないクリアな音質で聴けます。

*FM補完放送に関する放送局、開始時期、使用周波数、聴取可能エリアなどは地域によって異なります。詳しくは、各地域の放送局ホームページなどをご確認ください。

その他の特長

  • ■好みの音質で再生できる
    「プリセットイコライザー」
    (ヘビー/ソフト/クリア/ボーカル/フラット)
  • ■寝室で便利な「おやすみタイマー」
    「おめざめタイマー」
ページトップへ戻る

お気に入りの音を高音質で楽しむ、
かんたんワイヤレス再生arrow

スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる「Bluetooth®対応」

スマートフォンや音楽プレーヤーなどのBluetooth®対応機器にある音楽を、高音質でワイヤレス再生。コンポと直接通信するのでWi-Fi環境も必要なく、音楽を手軽に楽しめます。

bluetoothイメージ

Bluetooth® リ.マスター

送信時の信号圧縮で失われた高域信号を演算処理して補正する「Bluetooth® リ.マスター」の搭載により、ワイヤレスでも高音質なサウンドが楽しめます。

ワンタッチでスマートフォンの音楽を楽しめる「NFC対応」

NFC(近距離無線通信)対応のAndroid™スマートフォンなら、本機にスマートフォンをタッチするだけでBluetooth®接続が完了します。

*バージョンが4.1より前のAndroid機器をお使いの場合、当社製の音楽再生アプリ「Panasonic Music Streaming」(無料)が必要です。「Google Play™」からダウンロードできます。

NFCイメージ
ページトップへ戻る

高級ステンレス仕上げの
フロントパネル&スリムデザインarrow

カラーバリエーション

カラーが3タイプあるので、インテリアに合わせて選べます。

シルバーカラー商品イメージ
ブラックカラー商品イメージ
ホワイトカラー商品イメージ

スリム&スタイリッシュ

高級メタル仕様のフロントパネルを用いた、スタイリッシュなフルフラットデザイン。置き場所を選ばないスリムボディに仕上げています。

SC-HC395デザインイメージ
SC-HC395デザインイメージ
SC-HC395デザインイメージ
SC-HC395デザインイメージ
ページトップへ戻る

パナソニックのポータルアプリで、オーディオがもっと便利に!
「パナソニックスマートアプリ」arrow

ページトップへ戻る

ミニコンポ/スピーカートップへ

無線機能のご利用について

●使用周波数帯

本機は2.4 GHz 帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に留意してご使用ください。

●周波数表示の見方

周波数表示は、定格銘板に記載しています。

周波数表示

この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
1.この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局、特定小電力無線局、ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2.万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに電波の使用を停止したうえ、下記連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
3.その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、次の連絡先へお問い合わせください。

連絡先:パナソニック株式会社パナソ二ック お客様ご相談センター

●DLNA, the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED are trademarks, service marks, or certification marks of the Digital Living Network Alliance.
●AirPlayは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
●Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
●NマークはNFC Forum,Inc.の米国およびその他の国における商標あるいは登録商標です。
●スマートフォンのドッキングには対応していません。
●AndroidおよびGoogle Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
●写真のスマートフォンは付属していません。
●写真・イラストの内容はイメージです。
※オープン価格商品の価格は、販売店にお問い合わせください。