4つのアイデアでグッと華やかに!家族や仲間と過ごす週末“ギャザリング”始めませんか?

ギャザリング

家族や友人とテーブルを囲んで、おいしいお料理と飲み物、楽しい会話にゆったりと流れる時間…。そんな週末を過ごしてみませんか? 気のおけない仲間との集まりだからこそ、いつもとは少し違う“ワンランク上”のおもてなしをしたいもの。欧米では自宅に家族や友人らを招くおもてなしを“ギャザリング”といい、アットホームの中に華やかさをプラスした過ごし方が定番となっています。そんなギャザリングを楽しむための、ちょっとしたアイデアとコツを紹介していきます。

ポイント1 テーマを決めて“ふだん”を“特別な日”に変えよう

ドレスコード

特別なお祝いやイベントがない集まりでも、何かテーマを決めることで非日常な空間に早変わり。その場がグッと鮮やかで印象的な時間になります。

例えば、ドレスコードを決めるのはいかがでしょうか。コーディネートのどこかに赤色を取り入れる、好きな花を一輪持ち寄る、アメリカン風に、フレンチ風に…など無理のないエッセンスを加えるんです。当日までにゲストと相談しあう時間も楽しめますし、テーマを決めることでみんなに共通の話題が生まれ、場の盛り上がりにもつながります。いつも集まる仲間の新たな一面が見られるかもしれません。

ポイント2 テーブルのまわりの小物でおもてなし度をアップ

テーブルコーデ

ゲストが席についたとき、目に留まりやすいのがテーブルコーディネートです。ここに少しエッセンスを加えておくと歓迎しているというホスト側の気持ちも伝わります。例えば、カードにゲストの名前を書いて席に置くだけで特別な感じに。また、テーブルに植物やキャンドルを添えるだけで、まわりが見違えるほど華やかな印象になります。

テーブルコーディネートは季節感を意識するのがポイントです。冬ならばクリスマスをイメージしたグリーンやホワイトなどをメインカラーに。また、事前に決めたテーマに合わせて飾り付けをすると統一感が出て写真映えも良くなります。

ポイント3 ホストもゲストも助かる!ポットラック持ちよりパーティーのススメ

ポットラック

テーブルにたくさん並ぶお料理や飲み物はギャザリングには欠かせませんが、ホストがすべてを用意するとなるとどうしても負担になってしまいます。ゲスト側としても、準備で忙しそうなホストに気をつかって思いっきり楽しめない可能性もあります。そこでおすすめしたいのが、持ち寄り形式の“ポットラックパーティー”です。アメリカなどでは一般的で、日本でも最近は耳にするようになってきました。

ポットラックパーティーでありがちなのが、参加者同士でメニューがかぶってしまうことや、テイストが他の人と違うものを用意してしまうことです。そんな事態を防ぐために、一人あたりの予算を決める、男性にはお酒を、女性には総菜やスイーツをお願いするなど役割を決めておく、苦手な食べ物・飲み物を確認する、といったことをあらかじめ参加者同士で共有しておくとスムーズです。ゲスト側の“何を持っていこう?”といった悩みも軽減されます。

ポイント4 お料理の主役“かたまり肉”でテーブルがグッと華やかに!

ローストビーフ

持ち寄りとはいえ、キッチンから食欲をそそる香りと彩り豊か華やかなお料理が運ばれてくると、みんなの気持ちもいっそう高まります。そこで、ホストはメイン料理だけでも挑戦してみましょう。

大人も子供も喜ぶ特別なメイン料理として、大きな“かたまり肉”はいかがでしょうか。高級感があり、見た目も華やかでテーブルを彩ってくれるのはもちろん、写真映えもするのでInstagramなどSNSとの相性もバツグンです。

とはいえ、かたまり肉の調理は特にお料理が得意でない人にとっては「火加減が難しそう」「手間がかかりそう」と苦手意識を持たれがちです。実際、ローストビーフの場合は肉が固くなったり、途中で何度も返す手間があったりといった気がかりも…。せっかくのメイン料理だからこそ、失敗は避けたいという気持ちもうなずけます。

そんなときに大活躍するのが、パナソニックの「ロティサリーグリル&スモーク」です。下準備しておいたかたまり肉を入れて、ゲストが来てからスイッチオン!それだけで本格的な肉料理が手軽にできてしまうんです。肉が回転する様子が見えるのもレストランのようでワクワクしますね。

ロティサリー調理中

「ロティサリーグリル&スモーク」でローストビーフを作るのは、たった3ステップのみ。

1)牛赤身肉に塩、こしょうを振ってにんにくすりおろしを揉みこみ15分置く。
2)表面の水分を軽く拭き、ロティかごに入れる。
3)「オートメニュー」の「ローストビーフ」コースで焼く。

乾杯後、前菜を食べて盛り上がってきたころで、焼きたてジューシーなローストビーフのできあがりです!かたまり肉をしっかり、じっくり、丁寧に焼き上げるので仕上がりも柔らかく仕上がります。オートメニューでお任せするだけなので、火加減を調整するためにお肉の前に張り付いておく必要はありません。ホストがキッチンにこもる必要もなく、みんなと共有できる時間が増えるのも嬉しいポイントです。

燻製味玉

また、燻製機能なども搭載。燻製味玉ならタレに漬けておいた半熟卵を「くんせい高温」コースで17分燻製するだけ。かたまり肉をみんなで味わっている合間にできあがります。後半は燻製をおつまみに、お酒を飲みながらゆったり過ごすという楽しみ方はいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか?ちょっとしたイベントやお料理の工夫で、みんなと過ごす週末の時間がグッと楽しく、華やかに変わります。毎日の生活のスパイスとして、ギャザリングをお楽しみください!

NEW ロティサリーグリル&スモークNB-RDX100-K(ブラック)

360°回転で柔らかジューシーなかたまり肉を楽しめる。

ロティサリーグリル&スモークNB-RDX100を詳しく見る​

ロティサリーグリル&スモークNB-RDX100-K(ブラック)

関連情報

この記事を見た方におすすめの動画