DMC-FZH1

光学20倍 LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ

高画質な写真描写と動画撮影を実現する新開発・ライカDCレンズ

パナソニックが築き上げてきた独自のレンズ技術にさらに磨きをかけ生みだした、新開発LEICA DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズを採用。レンズ周辺部までの高い解像感を実現し、被写体の色や質感を緻密に再現する写真描写はもちろんのこと、動画撮影においても精細かつ臨場感にあふれた本格的な映像表現を可能にしています。

●LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です。
●ELMARIT/エルマリートはライカカメラ社の登録商標です。
●LEICA DC VARIO-ELMARITレンズは、ライカカメラ社の品質基準に基づき、ライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されています。

広角から超望遠まで幅広くカバーする、光学20倍ズーム

従来機(FZ1000)に比べて、さらに望遠に強くなった光学20倍ズームを実現。24mm※1でのパースペクティブを活かした風景撮影や、100mm※1での美しいボケを活かしたポートレート撮影、さらに480mm※1の望遠を活かした野生動物の撮影など、幅広い撮影シーンをこの1台でカバーすることができます。

1倍( 24mm※1

20倍( 480mm※1

※1 35mm判換算。

11群16枚のレンズ構成で高画質と機動性を両立

パナソニックのレンズ技術を結集した5枚の非球面レンズと4枚のEDレンズ、そして超高屈折率UHRレンズを使用した11群16枚のレンズ構成を採用。4枚のEDレンズにより、色収差を良好に補正し、ズーム全域で色にじみの少ない、シャープな描写性能を発揮します。また5枚の非球面レンズにより、諸収差を防ぎながら、高倍率化・コンパクト化を実現。優れた描写力と高い機動性を両立しています。
またズーム時に、絞りがレンズから独立して動く設計により、光学的に発生する収差を効果的にカットしています。

■W端

■T端

ガイドポール方式採用 全長不変インナーズーム構造

ガイドポール方式採用の全長不変インナーズームが、像揺れ・像飛びを極限まで抑えた安定したズーミング・フレーミングを保つ

ズーム時に鏡筒の長さが変わらないインナーズーム構造を採用。ズーム時でもレンズ先端と被写体の距離や、カメラ全体の重心が変わらないため、安定したフレーミングを保つことができ、快適な撮影をサポートします。動画撮影時に、ジンバル等のプロユースの映像撮影機材を使用するときでも、ズーム時のバランス変化に配慮する必要がないので、スピーディでスムースな撮影が可能となります。
また、通常のレンズのズーム時に起こりがちな像揺れも、ガイドポール方式を採用したことで極限まで抑制できました。不必要な像揺れを光学的に解消できたことで、安定したズーミングを実現しています。

※1 35mm判換算。

高品位なズーム動作を可能にするガイドポール方式を採用

鏡筒内部に配置されたシャフトが、ズーム時のレンズ動作を支える「ガイドポール方式」を採用。レンズの2群・3群がシャフトにガイドされた状態で移動するので、ズーム時の像揺れ・像飛びを約1/5(従来比80%減)まで低減。静止画撮影時には安定したズーム操作で狙いたい画角に直感的に迫ることができ、また動画撮影時にはズーム時の像揺れを極限まで抑えた、高品位な動画撮影を実現しました。

コアレスDCモーター

超低速ズームを可能にする、新型ズームモーターを採用

新型の「コアレスDCモーター」を採用することにより、従来のDCモーターでは難しかった超低速でのズーム動作が可能に。一定速度でゆっくりとクローズアップし、味わい深さを持たせるといった表現の幅が、格段に広がりました。スムーズなズーム動作で、さらなる快適な撮影をサポートしています。

ズーム時のAF追従性能向上

急なズーミング動作にもフォーカスが迷わず、撮りたい一瞬を捉える

光学系の新規開発に伴い、フォーカス制御アルゴリズムを新開発。急なズーム時でもフォーカス位置が変わることなく、狙った被写体を捉え続けることが可能になりました。
また、動画記録時のフォーカス追従の性能も合わせて進化を遂げたため、すばやい動きの被写体を動画撮影するときでも有効に機能します。決定的なシーンでフォーカスが迷ったり、ピンボケになってしまうことを防ぎ、撮りたい一瞬を確実に捉えます。

●全ての環境下での性能を保証するものではありません。

シームレス絞りコントロール・9枚羽根絞り

無段階の露出制御が、F値変化時のちらつき・パカツキを抑える

従来のステッピングモーター式絞りコントロールでは、電気パルスによる多段階制御のため、絞りの動きも段階的でした。新搭載のガルバノメーター式絞りコントロールは、磁界中でコイルに発生する電磁力による駆動で無段階回転をするため、絞り動作もシームレスな動きが可能に。F値変化による絞り動作で発生しやすい輝度のちらつき・画面のパカツキをおさえ、なめらかな露出コントロールを実現しました。
また従来機(FZ1000)の7枚羽根と比べて、絞り羽根の枚数を9枚に増やすことで絞りを円形に近づけ、美しく柔らかな円径ボケを実現しました。

NDフィルター内蔵

NDフィルター内蔵で、撮影環境にとらわれない作品づくりが可能に

NDフィルター内蔵で、晴天下や逆光のような極端に明るい場面でも、レンズのボケ味を活かした作品づくりや、長時間露光による独特の表現が可能になりました。NDフィルターは1/4、1/16、1/64と3段階で調節が可能で、さらにAUTOモードも搭載。絞り/メカシャッター/2枚3段のNDフィルターの一体構造で光学系のコンパクト化を実現しました。
別売のNDフィルターを付ける手間が省けるため、シーンに合わせた撮影に即座に対応できます。

スリープモード選択 / フォーカス位置復帰

撮影準備が即座に整い、一瞬の撮影シーンを逃さない

電源OFF時やスリープ時でも、レンズ鏡筒部分が伸びた状態で保持できるよう選択することが可能。すぐに撮影したい瞬間に、レンズの繰り出しを待つことなく撮影を開始できます。
また、電源ON時やスリープから復帰したときには、直前まで撮影していたフォーカス位置までレンズを動かしてフォーカス位置を復元。誤って電源をOFFにしてしまっても、すぐにフォーカス位置を戻すことができ、一瞬の撮影シーンを逃しません。

マクロ撮影

W端時3cmまで寄れるマクロ撮影が、小さな被写体のディテールまで描き出す

大型センサーを搭載していながら、W端時で3cmまで被写体に近づいて撮影できます。細かな装飾や植物などのディテールまでしっかり写せます。

レンズシフト式手ブレ補正(O.I.S.)

光学式手ブレ補正が、写真だけでなく動画撮影もサポート

ブレを抑えてキレイに撮れるレンズシフト式(光学式)手ブレ補正を搭載。ルミックスのレンズシフト式(光学式)手ブレ補正は、手ブレを検出するセンサーが高い精度で揺れそのものを検出し、揺れを打ち消すようにレンズを動かし続けることで、手ブレを防止します。手ブレしやすい夕暮れや室内での撮影、また、フレーミング時の手ブレも抑えるため構図を決めるときに便利です。さらに、レンズシフト式なので、動画撮影時も手ブレを抑えます。

●全ての環境下での効果を保証するものではありません。

●全ての環境下での効果を保証するものではありません。

手ブレ補正(O.I.S.)の動作ノイズを低減

レンズ設計から製造工程までを見直すことで、レンズシフト式手ブレ補正(O.I.S.)の動作ノイズをさらに低減。 動画撮影時に入りがちな動作ノイズを低減し、快適な撮影と高品質な動画制作をさらにサポートします。

注意事項

  • ●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
  • ●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。