ムービー一眼撮り方講座 学ぶ 遊ぶ G*cafe

写真講座 きほん

Lesson 3 背景をぼかして撮りたい!

背景がぼけた写真ってすてきですよね。どうすれば、撮れるんですか?
背景をぼかしてみたり、いろいろ自分のイメージを表現できるのがデジタル一眼の最大の魅力です。Gシリーズは、背景ボケも簡単にコントロールできるんです。

背景をぼかして撮影するための操作手順

(1)モードダイヤルを「A」(絞り優先AEモード)に合わせる 背景ボケは、F+数字(これをF値といいます)で表される「絞り」でコントロールします。絞りをいろいろ変更して撮影するために、まずモードダイヤルを「A」に合わせましょう。

(2後ろダイヤルでF値を変更する 次に後ろダイヤルをクルクル回すと、画面下の中央に黄色い数字で表示されたF値が変わります。

(3)F値を小さくすると背景がぼける 後ろダイヤルを左へ回すとF値が小さくなりピントを合わせた部分以外の背景がぼけます。逆に右へ回してF値を大きくすると、隅々までクッキリと写ります。

F値をF2.8で設定した場合

F値をF11で設定した場合

ピントが合っている場所以外は徐々にぼけていきます。 「ピントが合っているように見える範囲」のことを「被写界深度」といいます。 つまり背景がぼけるということは被写界深度が浅く、よりピントの位置を正確にする必要があります。

被写界深度が浅い F2.8など

被写界深度が深い F11など

画像・イラストは効果を説明するためのイメージです

絞りは背景をぼかしたりくっきり写したりするための機能ということですね!
そうなんです。もう少し詳しく説明すると、カメラのボディじゃなくて、レンズのなかにある調整機能なんですよ。

絞りってどういう機能?

F値を小さくする ボケが大きくなる F値を大きくする ボケが小さく、全体にピントが合っているようにみえる 絞りとは、レンズの中にある光を通す穴のサイズを調整する機能のこと。F値を小さくすることを「開ける」(光を通す穴は大きくなります)、大きくすることを「絞る」(逆に穴は小さくなります)といいます。背景をぼかしたいときは絞りを開けよう!

レンズによってF値は変わります 数字が小さいほどボケが大きくなります。例えばパンケーキレンズはF1.7なのでよくぼけるレンズです。

画像・イラストは効果を説明するためのイメージです

こういう基礎知識を知っていると、プロっぽい感じがしますね(笑)。
背景をぼかして撮影するには、以下のことに注意してくださいね。

Check point!背景をぼかす時の注意点

【被写界深度が浅いと…】花にピントを合わせたつもりでも

花びんのふちなど、拡大して見ると違うところにピントが合っていることがあります。前後に動くとピントの位置がズレてしまうので、ピントを合わせた後動かないように! 撮った後は拡大してピントの確認をしましょう!

イラストは効果を説明するためのイメージです

人物や小物、料理などは背景をぼかして撮影すると、撮りたいものを強調したり、柔らかい雰囲気の写真に仕上げることができるようになりますよ。
がんばって挑戦してみます!

背景をぼかして柔らかい雰囲気になりました!

画像は効果を説明するためのイメージです

ラインナップ

デジタル一眼

機種を比較する

Gシリーズ
(マイクロフォーサーズ)
GM NEW
GH4 NEW
GH3
GX7
G6
GF6
一眼用交換レンズ
レンズ商品情報

コンパクトデジタルカメラ

機種を比較する

高倍率コンパクト
TZ60 NEW
TZ55 NEW
TZ40
TZ35
SZ9
SZ8 NEW
SZ3
スリムコンパクト
XS3
XS1オンリーワンを手に入れよう。XS1カスタムデザインサービス
FH10
タフコンパクト
FT5
FT25
ハイエンド
LX7
LF1
FZ70実感!FZ70は光学60倍ズームがスゴイ!
FZ200
ルミックス使い方ナビゲーション
ルミックス購入者の声!みんなのレビュー

投稿・イベントに「参加する」

LUMIX CLUB
  • *の商品は在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。