NEW DC-G9 1月下旬発売予定

さらに進化した手ブレ補正機能

世界最高*1 ボディ内手ブレ補正6.5段※1を実現。

*1 デジタルカメラとして。2017年11月16日現在。2018年1月25日発売予定。

NEW ボディ内手ブレ補正(B.I.S.) 世界最高*1シャッター速度6.5段分※1の手ブレ補正性能を実現

カメラ内部に搭載されたボディ内手ブレ補正(B.I.S.)が、さらなる進化を遂げました。従来の「高精度ジャイロセンサー」の信号に加えて、撮像センサーや加速度センサーから得られる情報を基に、手ブレ情報を演算するアルゴリズムを開発・搭載。ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)は、世界最高*1シャッター速度6.5段分※1の手ブレ補正性能を実現しました。これにより、これまで撮影が難しかった暗がりなどでの撮影をより一層サポートし、機動力溢れる撮影で表現がさらに広がります。

手ブレ補正OFF

手ブレ補正ON

手ブレ補正非搭載のオールドレンズでも強力に手ブレを補正

G9 PROに搭載されたボディ内手ブレ補正(B.I.S.)が、手ブレ補正非搭載のレンズでも有効に働き、ブレを軽減。手ブレ補正非搭載のオールドレンズ※2や当社製単焦点レンズなどでも、そのレンズが持つ描写力を最大限に引き出します。

*1 デジタルカメラとして。2017年11月16日現在。2018年1月25日発売予定。
※1 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60(35mm判換算 f=120mm)、H-ES12060使用時。
※2 並進ブレは補正しません。

NEW 手ブレ補正機能 「Dual I.S.2」 望遠側まで手ブレ補正性能 6.5段※2をキープし、低照度下の撮影を強力にサポート

「Dual I.S.2」は、高精度ジャイロセンサーで検出した手ブレ情報を基に、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)とレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)を連動して制御。G9 PROでは、望遠域までシャッター速度6.5段分※2の補正効果を実現しました。

5軸のボディ内手ブレ補正(B.I.S.)と、2軸のレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)の連動制御により、ブレの少ない高品位な画像・映像を求めるユーザーを強力にサポート。望遠側まで手ブレ補正性能6.5段※2をキープすることができるため、様々なシーンでの撮影中の手ブレを心配せずにアグレッシブな撮影ができます。

Dual I.S.2 / Dual I.S. 対応レンズ一覧はこちら

※1 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60(35mm判換算 f=120mm)、H-ES12060使用時。
※2 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=140(35mm判換算 f=280mm)、H-FS14140使用時。
●手ブレ補正機能「Dual I.S.2」には対応レンズとレンズのファームアップが必要です。

●技術解説

ボディ内手ブレ補正は、焦点距離が伸びるにつれて、補正角が減少していき、手ブレ補正効果が得られにくくなります。「Dual I.S.」では、ボディとレンズの手ブレ補正を連動させて手ブレを補正することにより、中望遠域はもちろん、望遠域でも十分な手ブレ補正効果を発揮します。

※補正範囲は一例であり、装着するレンズにより変化します。

手ブレロック 動画撮影時の手ブレをさらに強力に補正する

⼿持ち撮影による固定したアングルでの動画撮影中の⼿ブレを強⼒に抑える「⼿ブレロック」を新たに搭載。⼿持ちでの動画撮影を強力にサポートし、安定した構図を保つことができます。

※ 撮影中に構図を変える場合は、[OFF]に設定後に本機を動かしてください。撮影中に切り換えるには、ファンクションボタンをお使いください。また、望遠レンズ装着時など、焦点距離が大きくなるほど補正効果が弱くなります。

注意事項

●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。