NEW DC-G9 1月下旬発売予定

高画質

撮影意欲をかきたてる、極め抜いた画質と描写⼒。

20.3M画素 Live MOSセンサー 想像を超える描写⼒・表現⼒に到達したLive MOSセンサー

有効画素数20.3M画素を実現したLive MOSセンサーを採⽤。従来機(GH4)に⽐べてピクセル数が約25%アップするとともに、ローパスフィルターレス設計で限界解像性能が向上し、圧倒的な解像感を実現しています。
さらに従来機(GH4)に⽐べて、読み出し速度が⼤幅に進化。連写速度の⾼速化や4K/60pの動画撮影を可能にするとともに、電⼦シャッターや動画撮影時でのローリングシャッター歪み現象(⾼速移動中の被写体の撮影時に⽣じる歪み)を抑えた忠実な描写を得ることができます。
LUMIXハイエンドシリーズに相応しい⾼画質性能の実現により、想像を超える描写⼒・表現⼒に到達しました。

想像を超える描写⼒・表現⼒に到達したLive MOSセンサー

ARコーティング処理されたセンサーが、効果的にフレアを抑制

AR(Anti Reflection)コーティング処理をLive MOSセンサーの表⾯に施すことで、逆光の撮影環境時にセンサー面で起こりやすい不要な反射を抑え、効果的にフレアを抑制。強い光に囲まれた過酷な撮影環境でも、光の表情をありのままに捉えることができます。

ローパスフィルターレス設計により獲得した、⾼解像性能によるリアルな描写⼒

光学ローパスフィルターを取り除くことで、LEICA/LUMIX Gレンズが持つ⾼解像(⾼MTF)性能やイメージセンサーが有する解像性能を最⼤限に引き出すことが可能に。これにより、細部まで捉えられなかった野⽣動物のリアルな質感や、野⼭でたくましく育つ野⽣植物の細かなディテール、森林⾵景を織りなす樹⽊の群集の⽴体感、⼤⾃然へと誘うように広がる⼤空の遠近感などをリアルに描写します。

ローリングシャッター現象の歪みを抑える、⾼速の処理性能

G9 PROは、従来機(GH4)と⽐べ約2倍の⾼速センサー読み出しを実現。センサーの読み出し速度・処理速度の⾼速化により、被写体の移動速度がカメラの画像スキャン速度よりも速い場合に⽣じる、ローリングシャッター現象(縦⽅向の線が斜めに歪む現象)を抑制します。⾃動⾞・列⾞など⾼速で移動中の被写体を電⼦シャッターや動画で撮影するときでも、読み出しが速いことで被写体の歪みを抑え、⾃然な描写で記録できます。

ヴィーナスエンジン ⾼解像・⾼感度・⾊再現処理を実現し、さらなる⾼画質を実現

ヴィーナスエンジンも同じく、解像性能・⾼感度性能・⾊再現性において⼤幅な進化を遂げました。新開発のマルチピクセル輝度⽣成とインテリジェントディテール処理による⾼い解像⼒で、⾼精細で⾃然な質感描写を実現するとともに、⾊モアレ抑圧処理性能も向上。新3次元⾊コントロールによる暗部・明部の⾊再現性も向上し、よりスムーズで豊かな⾊調表現を可能にしています。
また、エンジンに搭載された⾼精度マルチプロセスNRにより、被写体のディテール部と平坦部の分離性能が向上。より的確に信号成分・ノイズ成分を⾒分け、画像の特徴に応じて効果的にノイズを抑えることで、⾼感度でも⾃然で⽴体感のある描写を実現しました。
LUMIXのフラグシップ機に相応しい、さらなる⾼画質と⾼速性能を両⽴しています。

ヴィーナスエンジン

NEW さらに広がったダイナミックレンジで、空の表情も的確にとらえる

進化したセンサーがもたらす信号の処理フローを最適化することで、従来機(GH4)に⽐べハイライト側のダイナミックレンジが約25%拡⼤。ハイライト側のディテールをより表現できるようになり、⻘空の中に浮かぶ雲の表情まで階調豊かに捉えることができます。

マルチピクセル輝度⽣成で、より忠実に輝度を再現

RGB成分から輝度信号を⽣成・抽出する際の参照領域が、従来機(GH4)⽐で約9倍のエリアに⼤幅に拡⼤。これにより、偽信号をさらに低減しつつ、周波数特性を最⼤約2倍にまで⾶躍的に向上させています。
⾼い解像度でもコントラストの再現性を維持でき、より解像感が⾼い忠実な質感での描写を可能にしています。

マルチピクセル輝度⽣成

インテリジェントディテール処理が、解像感をさらに⾼めた描写を実現

被写体の特徴を1画素ごとに分析して、フラット/ディテール/エッジの領域を判別。その結果に基づいて画像処理をコントロールすることで、ディテール領域はより解像感を強調した描写となるとともに、エッジ領域は画像処理による不⾃然な縁取り(シュート現象)を抑制。被写体に合わせて適切な画像処理を⾏うことで、再現性の⾼い真の描写⼒を⼿に⼊れました。

⾊モアレ抑圧処理性能の向上

細かい模様などの撮影で発⽣する⾊モアレを、ヴィーナスエンジンのモアレ抑圧回路の機能により効果的に除去。被写体の細かな部分においても、縞状に出る⾊モアレを効果的に除去することで、被写体の質感を忠実に描写することができます。

従来機 色モアレが出る場合がある
G9 PRO 色モアレを効果的に除去

新3次元⾊コントロール

新たに明度別の制御が可能になった新3次元⾊コントロールにより、暗部・明部の⾊再現性や⾊補正精度がさらに向上。同じ⾊相を持った被写体の髪や肌の⾊を適切に分離し制御することで、被写体が持つそれぞれの⾊を忠実に再現し、⾊むらを抑えたスムーズな階調表現を実現しています。

⾼精度マルチプロセスNR

マルチプロセスNRをさらに⾼精度化し、⾼いノイズ抑制性能とディテール保存性を両⽴。ノイズ識別レベルの精度が向上したことにより、ノイズ抑圧時における被写体のディテール保存性も⾶躍的に向上しました。
これまでの画⼀的なノイズ抑制処理により失われていたディテール部分をさらに緻密に引き出すべく、新たな⾼精度マルチプロセスNRは、ノイズ識別レベルを従来機(GH4)⽐ 4倍の分解能でノイズと被写体を細かく判別。残したいディテールをしっかりと描写しつつもノイズは⼗分に抑制することで、ノイズが発⽣しやすい⾼感度撮影時でも、ノイズを抑えつつより⾃然で⽴体感のある描写を実現しています。

NEW ハイレゾモード ディテールの描写を追求できる、約8000万画素相当の⾼解像撮影モード

⾃然の細かさを残したい⾵景写真や、芸術作品が持つ緻密な造形美を残したいブツ撮りで効果を発揮する「ハイレゾモード」をG9 PROに新搭載。ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)の機構を活かして、センサーをシフトさせながら計8回の連続⾃動撮影を⾏い、カメラ内で⾃動合成処理を⾏うことにより、通常撮影時の約2033万画素に比べて4倍の画素数を持つ約8000万画素相当の⾼解像画像を⽣成。細かなディテールまで美しく描写するので、被写体の持つ精細感や臨場感を最⼤限に記録することができます。

● 動きのない被写体に適した機能です。
● カメラのブレを抑えるために、三脚を使⽤してください。
● 以下の機能は、通常の写真撮影時と設定できる範囲が異なります。
 ・最⼩絞り値:F8
 ・シャッタースピード:1/32000 〜 1秒
 ・ISO 感度:最⼤[ISO1600]
● フラッシュは発光禁⽌です。
● 当社製交換レンズをお使いの場合、交換レンズの手ブレ補正機能は、自動的に[OFF]になります。手ブレ補正機能をON/OFFできる他社製交換レンズをお使いの場合は、交換レンズの手ブレ補正機能をOFFにしてください。
● フォーカスモードの[AFF][AFC]は[AFS]となります。
● [シャッター⽅式]は[電⼦シャッター]に固定されます。
● 機器によっては、[ハイレゾモード]で撮影した画像を再⽣できない場合があります。
● 極端に明るい場所の被写体を撮影したり、蛍光灯やLEDなどの照明下で撮影すると、色合いや明るさが変わったり、画面に横しまが現れたりすることがあります。シャッタースピードを遅くすると横しまが軽減されることがあります。

RAW現像 カメラ本体でRAW形式データをJPEGに変換

G9 PROは、本体内で撮影したRAW形式データをJPEGに現像することが可能。
JPEGに現像する前に、WBや明るさ・彩度など、さまざまな画質設定の調整ができます。また、サムネイルで仕上がりを段階的に⽐較・確認してから現像することも可能です。

注意事項

●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。