DC-GF9

約104万ドット チルト式タッチパネルモニター

モニターを見ながら、かんたんに自分撮り

上方向に約180度傾けられて、自分撮りに最適なチルト式タッチパネルモニターを搭載。
自分の表情や背景、友だちや家族と撮る時にはその構図など、モニターで写りを確認しながら撮影できるので、いろいろポーズや表情を楽しみながらかんたんに自分撮りができます。

晴れた屋外でも見やすい、3.0型約104万ドットモニター

光の反射を抑えて晴れた屋外でも見やすい、3.0型 約104万ドットモニターを搭載。インセルタッチ方式を採用することで、屋外での視認性と視野角も向上しています。
チルトモニターを採用しているので、ローアングルでも楽な姿勢でモニターを確認でき、みんなでモニターを見ながらポージングや表情をつくれるので、撮影がもっと楽しくなります。
さらに、消費電力を抑えることにも貢献しています。

自分撮りモード

Wシャッターだから、撮りたいアングルで自分撮りできる

友だちや家族との記念撮影に自分も一緒に写りたい時や、ひとりで街を散策している時、ひとり旅などに便利な、自分撮りモードを搭載。モニターを回転させると、自分撮りモードに自動で切り替わり、モニターを見ながら友だちや家族と一緒に構図が決めやすくなります。また、本体右側のシャッターボタンとともに、自分撮りモード時には本体左側のFn3(フォーカスセレクト)ボタンもシャッターボタンに自動で切り替わってWシャッターになるので、いつもの撮影と同じように右手でもシャッターを押せます。
また、GF9は、かんたんに自分撮りができるように、撮影時にカウントダウンが表示されるので、表情やポーズなど、タイミングを合わせた撮影も可能。さらに、撮影枚数や美肌効果など、さまざまな機能設定ができます。撮影枚数を複数設定にして、同じ構図でポーズを変えて撮影するなど、自分撮りすることもイベント的に楽しめます。

自分撮りでも、右手でシャッターボタンが押せる「Wシャッター」

シャッターボタンは向かって右側に配置されているので、自分撮りをしようとするとシャッターボタンは左側になってしまいます。
しかし、GF9ではモニターを回転させると左側にあるFn3(フォーカスセレクト)ボタンが自動でシャッターボタンに切り替わるので、左右どちらの手でもシャッターを切ることができます。

4Kセルフィー (4Kフォト×自分撮りモード)

思いがけないような、最高の表情を自分撮りできる

自分撮りモードと4Kフォトモード(秒間30コマ連写)を組み合わせた4Kセルフィーを使えば、これまでの自分撮りでは写せなかったような最高の表情がバッチリ撮れることも。たくさん連写した自分撮り画像の中から、自分自身でも好きな表情や自分でも見たことがない笑顔、決定的瞬間の最高の自分が、きっと見つけられます。

4Kフォトについて詳しくはこちら

4Kフォトモード(秒間30コマ連写)とは

4Kフォトモードは、秒間30コマ連写の連続撮影※1が可能。キレイに捉えた一瞬の表情や、一緒に写る友だち・家族・ペットなどとのバッチリの瞬間など、これまでの写真では捉えられなかったような決定的な瞬間を写真として残すことができます。

※1 カード容量やバッテリーの持続時間に依存します。

スライドフォトセレクトで、かんたんにベストショットを選べる

かんたんで直感的なタッチ操作で、秒間30コマで撮影したたくさんの写真の中から最高の一枚を選ぶことが可能。画面上部で秒単位の大まかなシーンをピックアップした後、より繊細に操作できるスライドフォトセレクトを使って、1コマ単位での写真の吟味や拡大してピントの確認ができ、かんたんにベストショットが選べます。

4Kフォトについて詳しくはこちら

●4Kセルフィー中は、「フィルター選択」以外の自分撮り用の設定項目が使用できません。

多彩な自分撮り機能

進化した自分撮り機能と、多彩なフィルター設定

従来機種GF7に比べて、自分撮り機能やフィルター効果が大幅に進化。より細かく効果的な設定が可能になり、より望んでいるイメージに近い自分撮りが可能になりました。多彩なフィルターから自分にぴったりな効果を選んで、可愛くてキレイな自分の画像を残せます。

NEW 美肌効果モード

肌の色を明るく、なめらかに

NEW フィルター選択

フィルター効果を追加

NEW 背景コントロール

背景をボカしてやさしくソフトな印象に

NEW スリムモード

スリムな印象に変身

⑤ シャッターモード

シャッターを切る方法を選択

NEW セルフタイマー

カウントダウンの秒数と、撮影枚数を選択

① 美肌効果モード

これまでは高・中・低の3段階の設定のみだった「美肌効果」が、GF9では10段階のより細かい設定が可能に。自分が望む肌の色・なめらかさにより近い撮影ができるようになり、自分撮り画像をさらに思い通りに仕上げられます。

美肌効果 OFF

美肌効果 ON

② フィルター効果

従来機種GF7では撮影前に選択しておく必要があった「フィルター効果」が、GF9では画面のメニュー上でかんたんに選ぶことが可能。5種類のフィルターの写り具合・効果を画面上でチェックしながら自分撮りできるので、よりイメージに近い撮影が手軽にできます。

ポップ

色を強調したポップアート風の画像効果です。

レトロ

色あせた写真の雰囲気をかもし出した、柔らかい画像効果です。

ハイキー

全体的に明るく、ふんわりと柔らかな雰囲気に仕上げる画像効果です。

モノクローム

白黒の画像効果です。

トイフォト

周辺光量を落とした、トイカメラで撮影したような画像効果です。

③ 背景コントロール

自分撮りをする時に、背景コントロールで「くっきり」を選ぶと、自分だけでなく背景もはっきりと撮影することが可能※1。イベントの催し物と一緒に写りたい時や、旅行先の名所や美しい風景をバックに撮る時など、キレイな思い出の中にいる自分を残せます。
また、背景コントロールで「ぼかし」を選べば、周囲にぼかしを入れて際立たせた魅力的なポートレートにすることも可能。魅せたいその時の自分に合わせてボケ味を変えることで、自分撮りをもっと楽しめます。

背景コントロール くっきり

背景コントロール ぼかし

※1 暗い場所での撮影時など、効果が出にくい場合があります。

④ スリムモード

美肌効果と同じく高・中・低の3段階の設定のみだった「スリムモード」が、GF9では10段階のより細かい設定が可能に。自分が残したいスリム具合で撮影することができ、自分撮りの楽しさがさらに広がります。

スリムモード OFF

スリムモード ON

⑤ シャッターモード

GF9では、シャッターボタンを押さずに自分撮りができる「自分撮りシャッター」を搭載。ひとりでも、友だちとでも、自由なポーズで撮影できます。
顔認識機能を使って検出した顔を手などで一度隠し、再び顔を現すと自動でシャッター動作が開始される「フェイスシャッター」、さらに同じく顔認識機能を使って検出した2人の顔が近づくと自動でシャッター動作が開始される「フレンドリーシャッター」を搭載しています。

⑥ セルフタイマー

従来機種GF7では、3カウント・10カウントの2種類の選択のみでしたが、GF9では1〜10カウントの10種類からセルフタイマーのカウントを選ぶことが可能に。撮影枚数も1〜4枚から選ぶことができ、セルフタイマーでの自分撮り時により表情を作りやすくなりました。

ビューティレタッチ

●ビューティレタッチの使用には、ファームウェアのアップデートが必要です。
撮影したあとに肌色やメイクを整えられる

ビューティレタッチ機能を使えば、エステやメイクアップ効果を加えて顔の印象を華やかに変えることができます。
エステ効果で肌や顔の輪郭をかんたんに変えられる「エステレタッチ」、ファンデーションの色をお好みで変えられる「ベースメイク」、リップ・アイメイク・チークのメイク効果をさまざまなシチュエーションの中からえらべる「メイクアップレタッチ」、そして写真の中の表情を笑顔にできる「スマイル」。撮影後に4種類の豊富なレタッチ機能を使えば、いつもとちがう表情の自分でもっと自分撮りを楽しむことができます。

エステレタッチ
ベースメイク
メイクアップレタッチ
スマイル

●ビューティレタッチの使用には、ファームウェアのアップデートが必要です。

ダウンロードはこちらから

自分撮りパノラマ

広い風景をバックに、自分撮りできる

広い景観や高い建築物を背景に自分撮りしたい場合には、パノラマ写真の撮影も可能。広大な植物園やテーマパーク・遊園地など、友だちや家族で出かけた時の記念写真にも、思い出をいっぱい詰め込める自分撮りパノラマが活躍します。

自分撮りがしやすい付属レンズ

自分撮りにも最適な広角24mmレンズ

広角から標準域まで1本でカバーできる、焦点距離24mm-64mm(35mm判換算)の標準ズームレンズを付属。焦点距離が24mm (35mm判換算)と短い場合、画角が広くなるため、複数で撮る時もより多くの人数がフレームに収まり、背景もしっかり広く撮ることができます。

注意事項

  • ●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
  • ●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。