DC-GH5

GH5で実際に撮影された4K/60p動画はこちらから

特長

付属ソフト

LUMIX Tether
撮影ワークフローに沿って設計されたLUMIX専用カメラ制御PCソフト

付属ソフト

PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE
撮影した6K PHOTO※1の再生・保存や4K/4:2:2 10bitの再生に対応

キャンペーン

LUMIXさらにいいコトキャンペーン 購入期間中、対象商品をお買い上げで最大50000円キャッシュバック GH5と対象レンズ2本お買い上げでARTISAN&ARTISTショルダーバッグもプレゼント!

注意事項

  • ※オープン価格商品の価格は、販売店へお問い合せください。
  • * 2017年3月23日発売。ミラーレス一眼として。当社調べ。
  • ** 2017年3月23日発売。レンズ交換式デジタルカメラとして。
  • ※1 「6K PHOTO」は、6Kサイズ(横6,000×縦3,000前後)の映像が有する画素数(約18M)と同程度の有効画素数を有する4:3、3:2の写真用アスペクトの映像から、写真を切り出す高速連写撮影機能。
  • ※2 当社製防塵防滴対応レンズ装着時。
  • ※3 当社製耐低温設計レンズ装着時。
  • ●本体のデザインは、予告なく変更する場合があります。
  • ●画面デザインは、変更になる場合があります。
  • ●画像・イラストは、効果を説明するためのイメージです。
  • ●SDXCロゴはSD-3C、LLCの商標です。
  • ●HDMI・High-Definition Multimedia InterfaceおよびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing, LLC の商標または登録商標です。
  • ●AVCHD/AVCHD ProgressiveおよびAVCHD/AVCHD Progressive ロゴは、パナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • ●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • ●Wi-Fi・WPA・WPA2は、Wi-Fi Alliance®の商標または登録商標です。
  • ●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
  • ●DLNA・DLNA CERTIFIEDは、Digital Living Network Allianceの商標です。

無線LAN/Bluetooth機器使用上の注意事項

  • この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
  • 1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
  • 2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに使用場所を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、下記連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談してください。
  • 3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きた時は、次の連絡先へお問い合わせください。
LUMIX(ルミックス)・ムービーご相談窓口 365日 受付9時〜20時
電話
フリーダイヤル 0120-878-638(携帯電話・PHSからもご利用になれます)
※上記番号がご利用いただけない場合 06-6907-1187
FAX
フリーダイヤル 0120-878-236
メールでのお問い合わせ窓口
● 商品のさらに詳しい内容についてご確認される場合は、メールでのお問い合わせをお願いいたします。
● 土・日・祝日、年末年始等の場合、翌営業日以降のご対応となる場合や、ご回答までにお時間をいただく場合もございます。
メールでのお問い合わせはこちら

  • 2.4: 2400 MHz帯を利用する無線設備を表します。
    DS/OF/XX: 変調方式がDSSS、OFDM、その他の方式であることを示します。
    1: 想定される与干渉距離が約10mであることを示します。
    4: 想定される与干渉距離が約40mであることを示します。
  • ■ 5 GHz帯使用時の注意事項
    5150 MHz〜5350 MHzの周波数帯域は電波法により屋外での使用は禁じられています。