撮影・再生機能 はじめてでも一眼らしさを楽しめる

約104万ドット対面チルト式タッチパネルモニター撮影設定リセットボタンモードダイヤルサイレントモード電子水準器ボケ味コントロール機能タッチでできる機能露出モードワンプッシュAE測光モードファンクションボタンQ.MENU縦撮り撮影機能EXテレコン(写真)ビエラで再生&ディーガに保存パソコンで再生・保存その他の撮影機能

約104万ドット対面チルト式タッチパネルモニター 自然な姿勢でモニターを確認しながら撮影できる

上方向に約180度傾けられる、チルト式タッチパネルモニターを搭載。
モニターをレンズ側に傾けた自分撮り・友だちとの記念撮影時や、地面すれすれのローアングルなど、さまざまな撮影シーンにおいて、モニターで写りを確認しながら、ベストなタイミングでシャッターを切ることができます。

チルト式タッチパネルモニターはこんな時に便利

自分撮りや記念撮影に軒下のネコや、建物を大きく撮影したい時に

3.0型 約104万ドットモニター

晴れた屋外でも見やすいモニター

光の反射を抑え、晴れた屋外でも見やすい3.0型 約104万ドットモニターを搭載。本機はインセルタッチ方式を採用し、屋外での視認性と視野角が向上。
また、視野角が広がることでローアングルでも楽な姿勢でモニターを確認できます。さらに、消費電力を抑えることにも貢献しています。

静電容量式タッチパネルモニター&コントロールダイヤル

スマホやタブレットと同じように、カメラをかんたんに操作できる

本機は、3.0型(アスペクト比3:2)約104万ドットの高精細広視野角タッチパネルモニターを搭載しています。タッチパネルはスマホやタブレットで採用している静電容量式を採用。お持ちのスマホやタブレットと同じように、タップやドラッグ、ピンチイン/ピンチアウトで画面を直感的に操作できるので、操作がかんたんにできます。また、すばやい設定が可能なコントロールダイヤルも搭載。タッチパネルとコントロールダイヤルを同じ面に配置することで、シームレスな操作感を実現しています。

タッチ操作はこんなことが便利

タップで、項目や
アイコンを選択できる

ドラッグで、AFエリアの移動や
スライドバーを操作できる

ピンチイン/ピンチアウトで、
再生時やAFエリアを拡大/縮小できる

●手袋を着用している場合やぬれている手、ハンドクリームを塗った直後の手、タッチパネルがぬれている場合、市販のモニター保護シートを使用している場合、タッチパネルを複数の手や指で同時にタッチしている場合はタッチパネルが正常に動作しないことがあります。

撮影設定リセットボタン いつでも簡単に初期設定に戻せる

モニター裏にある撮影設定リセット(REC. SETTING RESET)ボタンを押すと、撮影設定を初期設定状態に戻すことができます。
いろいろ設定を変更して、何をどう変えたかわからなくなってしまった時にとても便利です。

モードダイヤル 撮影モードを素早く呼び出せるモードダイヤルを搭載

天面部には「モードダイヤル」を配置。物理的なダイヤルなので、素早くスムーズにモードを切り換えることができます。
搭載しているモードは、P/A/S/M、パノラマ、シーンガイド、風景モード、キッズモード、人物モード、クリエイティブコントロールの10種類。
使いたい時にすぐ呼び出すことができるので、便利です。

NEW モードダイヤル上シーンガイド

直感的にすばやく操作できる

さまざまな場面に応じて、カメラが自動で最適な設定に合わせてくれるシーンガイドを搭載していますが、その中でも特によく使われている「人物モード 」「風景モード 」の2種と、新たに搭載した「キッズモード 」をモードダイヤルに配置しました。各マークにダイヤルを合わせるだけですばやくモードを切り替えることができます。

サイレントモード 美術館や静まった会場でシャッター音を気にせず、気兼ねなく撮影できる

静かな会場などシャッター音が気になる時にサイレントモードにすれば、フラッシュやAF補助光の発光禁止、操作音の消音等の設定を一括で行うことができます。

電子水準器 水平・垂直を確認して、構図を決定する

水平線や垂直線にまでこだわりたいときに活躍する水準器を本体に内蔵。
カメラ本体に内蔵されている加速度センサーが水平を検知。画面上に、「あおり」と「水平傾き」の2方向の水準器を表示することで、水平を確認できます。

ボケ味コントロール機能 一眼らしいボケ効果を思い通りに出せる

コントロールダイヤルあるいはモニタータッチによる簡単操作で、一眼ならではの美しいボケ味を調節できる「ボケ味コントロール機能」。レンズの絞りを操作できなくても、モニターを確認しながら撮影時にボケ味を出したいエリアとボケ加減を調整して、シャッターを切ることができます。

ボケ味をこんなに簡単にコントロールできる!

ボケ味コントロール機能ボタンをタッチ

スライドバーのカーソルにタッチ

左右になぞって背景のボケ具合を調整

シャッターボタンをタッチして撮影

●ボケ味コントロール機能は、おまかせiAモード、インテリジェントオートプラス(iA+)、クリエイティブコントロール時に使用可能。ただし、クリエイティブコントロール時の「ジオラマ」では使えません。
●被写体および背景までの距離や使用するレンズによっては、得られる効果に差があります。レンズの撮影範囲内で、できるだけ被写体に近づいて撮影することをおすすめします。

タッチでできる操作 指先ひとつで、思いのままに操作ができる

通常、複雑な操作が必要な場面でもGF7なら、画面をタッチするだけで様々な機能を簡単に操作することが可能になります。

タッチAF

撮りたい被写体にタッチするだけでピントを自由に設定できる

タッチAFなら、同じ構図でピントを奥や手前に自由におけます。これまで、画面の端や奥の方に撮りたい被写体がある場合、ピントを合わせるために、一度被写体を中心近くに持ってきてシャッターボタンを半押ししてピントを合わせた後にフレーミングしなおす必要がありました。タッチAFなら構図を決め、撮りたい被写体にタッチするだけのかんたん操作で、ピントの置き方にもこだわった撮影ができます。

タッチシャッター

シャッターチャンスが訪れたら、タッチするだけで、すぐに撮れる

ワンタッチでシャッターが切れる「タッチシャッター」機能を搭載。設定をONにしておけば、撮りたい被写体にタッチするだけですばやくピントを合わせ自動で写真が撮れます。

タッチAE

ワンタッチのスピーディな操作で明るさを合わせる

撮りたい被写体を選んでタッチするだけで、明るさとピントを自動で合わせることができます。人物の顔が暗く写るときに顔に合わせて画面を明るくすることができます。

タッチで追尾AF

撮りたい被写体をタッチ。追いかけて、くっきりキレイに撮れる

ペットや子供など動いている被写体を追い続け、ピントと明るさを最適に設定※1しキレイに撮れます。被写体が止まっている時にタッチしておけば、被写体が動いてもそのまま追い続ける「タッチで追尾AF」を搭載。決定的瞬間も、あわてずに撮れます。

タッチズーム※2

ワンタッチでズームできる

別売の電動ズームレンズ(H-PS14042/PS45175)ならモニターのアイコンをタッチするだけで、なめらかなズーム操作ができます。ズーム速度は2段階の切替が可能。ズーム位置をスムーズに設定できます。また、動画撮影において、ズーム操作が途切れることなく、W端からT端までなめらかに、かつ一定のスピードでズームでき、ハイクオリティな撮影をアシストします。

露出モード 使い分けることで、表現する楽しさがさらに広がる

絞り優先AEモード(A)

ボケ量を調整して被写体を引き立てる

絞りを自由に選択できるモード(GF7とレンズの設定幅内で)で、被写界深度やボケ量をコントロールできます。
絞り値を小さくするとボケ量を強調でき、被写体をクッキリと浮き上がらせることが可能です。

絞り値:大 / 絞り値:小

●画像は、効果を説明するためのイメージです。

シャッター優先AEモード(S)

被写体の動きを際立たせた表現ができる

自分でシャッタースピードを変更できるモード(GF7とレンズの設定幅内で)で、動きを表現したいときや、逆に動きを止めたいときに活躍します。
シャッタースピードを遅くすると動きのある写真になり、速くすると一瞬を切り取った写真になります。

シャッタースピード:速い / シャッタースピード:遅い

●画像は、効果を説明するためのイメージです。

マニュアル露出モード(M)

自分の意図を直接反映できる

シャッタースピードと絞りの組み合わせを、(GF7とレンズの設定幅内で)自由に設定できます。撮影経験や知識を活かしてクリエイティビティー豊かな作品づくりを楽しめます。

適正露出がわかりやすい露出メーター

適正露出がわかりやすく表示される

絞り優先AEモードやシャッター優先AEモードのときなどに、絞りとシャッタースピードの組み合わせをメーターでわかりやすく表示。シャッタースピードを上げて暗くなりすぎたり、絞り値を小さくして明るくなりすぎたりして、適正な明るさにならない範囲を赤色で表示します。
さらに「ワンプッシュAE」ならワンボタンでカメラが適正範囲内に露出を調整。暗くなりすぎたり明るくなりすぎた露出を適正範囲内に調整します。

ワンプッシュAE ワンボタンで適正露出に自動で調整する

ワンボタンでカメラが適正範囲内に露出を調整する「ワンプッシュAE」を搭載。特にマニュアルモードにおいて、シャッタースピードを上げて暗くなりすぎたり、F値を小さくして明るくなりすぎた露出を適正範囲内にワンボタンで調整します。

測光モード 見たままの明るさを再現する

用途や撮り方により測光方式を3つの中から切り換えることができます。画面の中央部を測光して露出を測定する「中央重点測光」。逆光をはじめ、さまざまな撮影条件で狙いどおりの適正露出を得られる「マルチ測光」。限られた狭い範囲内を測光する「スポット測光」の3つの方式から選択できます。
画面全体の明るさを1728分割し、それぞれの光量を計測。計測時に得られたデータとデータベースを比較することで最適な測光値を割り出します。

ファンクションボタン ファンクションボタンで撮影をもっとスムーズにおこなえる

よく使う撮影機能などを割り当てることができるファンクションボタンを6つ搭載。
ファンクションボタンは本体天面に1つ、タッチエリア内に5つを搭載しているため、スムーズな撮影動作をアシストします。
40項目の機能の中から、使用頻度の高い機能をファンクションボタンに登録しておけば、毎回メニュー画面を開く手間なく、目的の機能をすぐに呼び出せます。
ボタンは背面右側に配置。カメラをホールドしながら親指ですぐに操作できるレイアウトを実現しています。

●クリエイティブコントロールモードの[ジオラマ]、[ワンポイントカラー]、[サンシャイン]、 多重露出設定時またはインターバル撮影時は[Fn1]は使えません。
●自分撮りモード使用時は、ファンクションボタンの割り当ては動作しません。

Q.MENU 使用頻度が高い機能を画面に表示し、すぐに操作できる

使用頻度が高い機能を撮影画面に表示し、撮影をよりスムーズにおこなえるQ.MENUを搭載。
「カスタム」と「プリセット」の2つの表示パターンから選択できます。「カスタム」はよく使う機能(最大15)を選び、画面上に5つ表示することができます。また、「プリセット」では既定の機能を画面上に多く(最大12)表示し、撮影スタイルに合わせた配置が可能。モニターを見ながら撮影条件を変更することができます。

■カスタム

Q.MENU表示中に、Qカスタマイズボタンをタッチ

機能のアイコンをドラッグ&ドロップで自由に入れ換え

よく使う機能を自分好みに配置できる

■プリセット※1

既定の機能を画面上に多く(最大12)表示

縦撮り撮影機能 縦向き・横向きを自動で判別し、再生時にスムーズに確認できる

カメラ本体の縦向き・横向きを自動で判別できます。また、再生時に自動で縦向きに表示することができるので、スムーズに写真を確認できます。

●3D写真の縦撮影には対応していません。

EXテレコン(写真)※3 さらに遠い被写体も引き寄せて撮れる

センサーエリアの使用エリアを狭めることで、画質を保ったまま望遠時のズーム倍率を最大約2.0倍までアップします。

ビエラで再生&ディーガに保存 撮影した写真や動画をみんなで鑑賞する

SDメモリーカードをビエラのSDスロットに差し込めば、撮影した写真や動画を鑑賞できます。
さらに、ディーガのSDスロットに差し込めば、テレビに映し出したり、ディーガのHDDに保存することも可能です。

ビエラで再生&ディーガに保存について詳しくはこちら

パソコンで再生・保存 オリジナルムービー作りが楽しめます

付属の画像管理ソフトを使って、写真や動画の取り込みから管理まで可能です。
また、シナリオテンプレートを設定するだけで、映像に適した効果がつけられる「ショートムービーストーリー」機能を搭載。効果を追加するなどカスタマイズも可能です。

写真や動画を選択 → 編集 → ショートムービー完成

PHOTOfunSTUDIOの共通機能はコチラ

その他の撮影機能

  • エコモードへ
  • ワールドタイムへ
  • リアルタイムヒストグラム表示へ
  • 撮影ガイドライン表示(可動式)へ
  • 水準器へ
  • i手持ち夜景へ
  • iHDRへ
  • シーンガイドへ
  • クリエイティブコントロールへ
  • フォトスタイルへ
  • ホワイトバランスへ
  • ホワイトバランス微調整へ
  • ホワイトバランスブラケットへ
  • 画像横縦比へ
  • 記録画素数へ
  • クオリティへ
  • iDレンジコントロールへ
  • 超解像へ
  • HDRへ
  • 長秒ノイズ除去へ
  • シェーディング補正へ
  • 色空間へ
  • フォーカスモードへ
  • オートフォーカスモードへ
  • クイックAFへ
  • AF補助光へ
  • ワンショットAFへ
  • AF/AEロック切換へ
  • 露出補正へ
  • ISO感度へ
  • ISO感度ステップへ
  • ISO感度上限設定へ
  • 拡張ISO感度へ
  • 測光モードへ
  • 連写へ
  • 連写速度へ
  • シャッター方式へ
  • 多重露出へ
  • オートブラケットへ
  • セルフタイマーへ
  • インターバル撮影へ
  • コマ撮りアニメへ
  • サイレントモードへ
  • 個人認証へ
  • プロフィール設定へ
  • EXテレコン(写真/動画)へ
  • デジタルズームへ
  • ステップズームへ
  • ズーム位置メモリーへ
  • フラッシュへ
  • フラッシュ発光量調整へ
  • フラッシュシンクロへ
  • デジタル赤目補正へ
  • クリアレタッチへ
  • 日付焼き込みへ
付属ソフト
  • SILKYPIX Developer Studio 4.2 SEへ
  • LoiLoScope −体験版−へ
付属ソフト PHOTOfunSTUDIO 9.6 PE 撮りためた写真やAVCHD Progressive/MP4動画を管理でき、動画の再生/取り込みが可能

※1 背景と被写体が同系色の場合や、被写体が画面に対して小さすぎる場合、追尾できないことがあります。また、高速で動く被写体、撮影時の環境が暗い場合など、撮影時の状況により追尾しきれないことがあります。シャッター半押し時点で被写体の位置、ピント、露出を確定します。全ての環境下での効果を保証するものではありません。
※2 タッチ操作でズーム操作を行うには、パワーズーム(電動式ズーム)に対応したレンズが必要です。パワーズームに対応していない交換レンズ(H-FS12032、H-FS35100)をお使いの場合は、[EXテレコン(写真)] を[ZOOM]に設定すると、写真時のEXテレコンのみ操作できます。
※3 記録画素数を[EXM]または[EXS]に、クオリティを[ファイン]または[スタンダード]に設定してください。
●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。

高画質&高い描写力多彩な表現機能

ラインナップ

デジタル一眼

機種を比較する

Gシリーズ
(マイクロフォーサーズ)
GH5 NEW
GH4
GX8
GX7MK2
G8
G7
GF9 NEW
GF7
一眼用交換レンズ
レンズ商品情報

コンパクトデジタルカメラ

機種を比較する

高倍率コンパクト
TZ90 NEW
TZ85
ハイエンド
TX1
LX9
LX100
FZH1
FZ300
FZ85 NEW
コミュニケーションカメラ
CM10

お役立ち情報

ルミックス使い方ナビゲーション
ルミックス購入者の声!みんなのレビュー

投稿・イベントに「参加する」

LUMIX CLUB
  • *の商品は在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。