直感的でスピーディな撮影をアシスト タッチで思いのままに操る DMC-GH2

写真世界最速*1AFセンサー&エンジンカスタマイズ性タッチ操作3Dレンズ
ムービーフルハイビジョンムービー幅広い表現力タッチ操作付属編集ソフト
充実の装備
大型ファインダー
小型・軽量ボディ
Gシリーズレンズ
各部名称・仕様表へ対応レンズ・アクセサリーへ
*1 2011年6月13日現在。レンズ交換式デジタルカメラとして、14-140mmレンズ装着時。

文字サイズ変更ボタン

動画もタッチでフォーカス 動画ボタン 動画もおまかせiA 動画シーンモード 写真記録

動画もタッチでフォーカス:被写体にタッチするだけでピント合わせを行う

タッチ操作

被写体にタッチするだけで、直感的な操作でピント合わせができる

ムービー撮影中に、撮りたい被写体を選んでタッチすれば、あとはカメラが自動でピントを合わせます。ピントを合わせる被写体を変えたいときも、その被写体にタッチするだけ。なめらかな動作でピントの位置が移動します。

動画ボタン:ワンプッシュの簡単操作でムービー撮影スタート

ムービー撮影は、「動画ボタン」を押すだけのかんたん操作でスタート。ストップしたいときはもうワンプッシュ。写真撮影の状態に戻ります。撮影モードを切り換えるためにダイヤルや設定画面を操作する手間がないので、決定的瞬間を撮り逃す心配がありません。

動画もおまかせiA:ムービーでも、カメラがシーンを自動で判別

カメラを向けるだけの手軽さでキレイなムービーを撮影できる「おまかせiA動画」を搭載しました。

おまかせiAモードで写真を撮影中に動画ボタンを押せば、ムービーもおまかせiAモードで撮影できます。顔認識はもちろん、風景やマクロ、夜景や暗がりなど、シーンを瞬時に認識。自動的に明るさや色調を最適な設定にするため、キレイなムービーを撮影できます。

おまかせiA動画撮影時にはたらく主な機能

・シーン自動認識(顔認識、風景認識、接写認識、ローライト認識、通常)
・最大15人まで検出する「顔認識AF/AE」

顔認識

最大15人までの顔を検出して自動的にピントを合わせ、明るさや色調を調整。人物を引き立て、肌も明るくキレイに撮れます

風景認識

手前も奥もくっきり鮮やか。白トビを抑え、暗部も最適に補正し、見たままの美しさを再現します

接写認識

被写体との距離が近づくと接写を認識。近くのものも、ピントを合わせてくっきり撮れます

ローライト認識

弱い光でも明るく撮影。人物は明るく、バックの夕景や夜景も自然に雰囲気よく映ります

通常

手ブレや被写体ブレを抑えて、コントラストが強い逆光のシーンでも自動でキレイに補正します

動画シーンモード:細かい設定をしなくても、繊細な映像が撮れる

写真撮影で便利なシーンモードを動画撮影でも使えます。シーンモードで写真を撮影中に動画ボタンをワンプッシュするだけで、そのシーンに最適な設定のまま動画撮影できます。カメラを設定しなおす手間がかからず、写真を撮るのと同じ感覚で動画を撮影できます。

このコンテンツをご覧になるには最新のFlash Playerが必要です。お持ちでない場合はダウンロードしてください。
動画シーンモード:風景

●ハイビジョン撮影した映像をパソコン用に加工しています。

■シーンモード
写真シーンモード 動画シーンモード
夕焼け 夕焼け動画 赤を鮮やかに再現します。
パーティー パーティー動画 人物と背景を見た目に近い明るさで撮れます。
赤ちゃん1/赤ちゃん2 人物動画 人物を引き立てて肌がキレイに映るよう、露出と色調をコントロール。美しいポートレート映像が撮れます。
ペット 通常動画 手ブレや被写体ブレを抑えて、コントラストが強い逆光のシーンでも自動でキレイに補正します。
さらに、背景ボケモード時はAFエリアを動かすことができます。
背景ボケ
スポーツ スポーツ動画 スポーツなど、動きの速いものを撮影するのに適したモードです。
夜景&人物 ローライト動画 弱い光でも明るく撮影。人物は明るく、バックの夕景や夜景も自然に雰囲気よく映ります。
夜景
■アドバンスシーンモード
写真シーンモード 動画シーンモード
人物 人物(標準) 人物動画 人物を引き立てて肌がキレイに映るよう、露出と色調をコントロール。美しいポートレート映像が撮れます。
美肌
屋外人物
屋内人物
クリエイティブ
人物
風景 風景(標準) 風景動画 手前も奥もくっきり鮮やか。白トビを抑え、暗部も最適に補正し、見たままの美しさを再現します。
自然
建物
クリエイティブ
風景
クローズアップ(マクロ) 花マクロ動画 花などの植物の輪郭をくっきり際立たせて撮影できます。
料理 料理動画 屋内の様々な光源下でも、自然な色味で映します。
コレクション コレクション動画 時計などの静物を浮き立たせて撮れます。
クリエイティブ
クローズアップ
マクロ動画 背景をボカして、小さな被写体にクローズアップした表現ができます。

写真記録:ムービー撮影中の決定的シーンを写真として残せる

ムービー撮影中でも、ベストショットは写真としても残しておきたいもの。これまで動画から写真を切り出すには、動画をパソコンに取り込んでから、専用の編集ソフトで切り出し編集をする必要がありました。
GH2なら、ムービー撮影中にフル画素の静止画を同時記録することが可能(写真優先設定時)。写真にしたいシーンに差しかかったらシャッターボタンを全押しするか、タッチ操作で記録できます。撮ったその場で、かんたんに写真として残すことができます。

●写真優先:設定した記録画素数、クオリティで記録可能。最大8枚まで記録できます。
動画優先:記録画素数[S]に設定されます。最大30枚まで記録できます。
写真優先で撮影すると、記録中は画面が黒くなり、動画には静止画像が記録されます。
●MotionJPEGの[VGA][QVGA]設定時、写真優先設定でEXテレコン使用時は、動画撮影中の写真記録はできません。

●画像やイラストは、効果を説明するためのイメージです。
●撮影協力:那須野ヶ原ファーム

ムービー:幅広い表現力ムービー:付属編集ソフト
GH2 トップへ 拡大フォントサイズ 標準フォントサイズ

ラインナップ

デジタル一眼

機種を比較する

Gシリーズ
(マイクロフォーサーズ)
GM NEW
GH4 NEW
GH3
GX7
G6
GF6
一眼用交換レンズ
レンズ商品情報

コンパクトデジタルカメラ

機種を比較する

高倍率コンパクト
TZ60 NEW
TZ55 NEW
TZ40
TZ35
SZ9
SZ8 NEW
SZ3
スリムコンパクト
XS3
XS1オンリーワンを手に入れよう。XS1カスタムデザインサービス
FH10
タフコンパクト
FT5
FT25
ハイエンド
LX7
LF1
FZ70実感!FZ70は光学60倍ズームがスゴイ!
FZ200
ルミックス使い方ナビゲーション
ルミックス購入者の声!みんなのレビュー

投稿・イベントに「参加する」

LUMIX CLUB
  • *の商品は在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。