小型・軽量ハンドリング 高速レスポンス 直感的なマニュアル操作性 撮影の道具として追求された 優れた機動性 DMC-GH3

コントラストAF高速AF様々なAFモード高速6コマ/秒連写タッチシャッター&タッチAF

コントラストAF

小さいF値でも高精度なフォーカス性能を誇るコントラストAF

コントラストAFは、位相差AFと比較して、小さいF値でも、より高精度なAF精度を実現します。位相差AFは撮像素子とAFセンサーが別々に構成されているために機械的な誤差が生じやすいのに対して、コントラストAFでは、撮像素子がAFセンサーも兼ねるために誤差が生じにくくなっています。このことで、撮影者の意図に応える精度の高いピント合わせが可能になります。

●すべての環境下での効果を保証するものではありません。

■AF精度比較イメージ

高速AF

動き回る被写体にも、素早いピント合わせができる

高精度なコントラストAF性能はそのままに、Live MOSセンサーの出力の高速化と、ヴィーナスエンジンの処理能力の向上により、合焦検知スピードを従来機(GX1)の2倍の240fpsに高速化しました。
位相差AFに比べ、精度だけでなく、速度の面でも優れた性能を発揮します。

■コントラストAFの2ステップ

様々なAFモード

シーンに合わせてフォーカスエリアが選択できる

コントラストAFの採用により、さまざまなAFモードを搭載しています。
AFモードの切換は、フォーカスモードレバーとAFモードボタンですばやく変更できます。
コントラストAFと互換性のないレンズの場合は、マニュアルでピント合わせができます。

フルエリアタッチAF

モニターの中であればピントが合うので、構図を気にせずに撮れる

モニターの中であれば、どの位置でもタッチするだけでピント合わせと明るさ調整ができます。
撮像素子全体がAFセンサーも兼ねるコントラストAFだからこそ、フルエリアタッチフォーカシングを実現。AFセンサーの測距点によってAFポイントが決まっている位相差AFに比べて、コントラストAFなら、より自由度の高いピント合わせや構図づくりが可能になります。

ピンポイントAF

ピントをより細かく設定でき、こだわりを表現できる

より細く正確なピント調整が可能なピンポイントAFを搭載。
一度タッチすると、その部分を約5倍に拡大表示。画面をドラッグして、中央の十字の交点に、ピントを合わせたいポイントを移動して、細かく設定できます。また、ピンポイント拡大時間を3段階から調整可能です。
こだわりの作品づくりが楽しめます。

1点AFモード

フォーカスポイントを細かく選択できる1点AF(オートフォーカス)

AF(オートフォーカス)させる位置を、タッチでピンポイントで指定できます。また、1点AFエリア拡大・縮小バーを指でなぞるだけで、AF枠のサイズをスポット、通常、大、特大に変更できます。

23点AFモード

最大23点までピント設定が可能な23点AF(オートフォーカス)

最大23点から、カメラが自動でフォーカスエリアを選択してピントを合わせます。タッチしてフォーカスエリアを選ぶことも可能。被写体が構図の中央にいないときなどに役立ちます。

追尾AFモード

被写体が動いても自動でピントを合わせ続ける追尾AF(オートフォーカス)

画面にタッチするだけで、指定した被写体にピントや露出を合わせることができます。動いている最中の被写体にもピントを合わせやすく、また、被写体が動いても自動でピントや露出を合わせ続けます。

顔認識

人の顔を検出し、露出やピントを合わせる顔認識AF(オートフォーカス)

人の顔を自動的に検知(最大15人まで)。顔が画面内のどの位置にあっても、顔に露出やピントを合わせることができます。
また、顔を認識しているときに、撮りたいものをタッチすると1点AF(オートフォーカス)に切換わります。街中や観光地など人の多い場所で、顔ではなく建物などにピントを合わせたいときに役立ちます。

NEW AFFモード

被写体の動きに合わせて自動でピントを合わせ直す「AFフレキシブル」

シャッターボタンを半押ししている間、被写体が動いた時に自動でAFが動作してピントを合わせ直します。動きが予測できない野鳥や子どもなどの撮影でも、より的確なピント合わせが可能です。

MFアシスト

こだわりの作品づくりに役立つ細かなピント合わせが可能

MF撮影時に、選択した部分を4倍/5倍/10倍に拡大表示できます。まずは4倍表示で全体の構図を確認しながらピントを合わせる位置を決め、さらに5倍/10倍表示をして、より細かなピント合わせをしてから撮影する、といった作品づくりなどに役立つ使い方が可能です。また4倍はフレーミングスクリーンなので構図をみながらの調整が可能です。

NEW AF+MF機能

さらにきめ細かいピント合わせが素早くできる

AF+MF機能を使うと、より効果的で、より精度の高いピント合わせが可能です。AFでピントを合わせた後、フォーカスリングを手動で回すだけで、さらにMFによるきめ細かなピント合わせが素早くできます。

NEW 高速約6コマ/秒連写

高速連写が動いている被写体の決定的瞬間もしっかり記録

カメラ内の連写シーケンス処理改善を行い、連写スピードが高速化。フル画素のまま約6コマ/秒の高速連写を実現。被写体の一瞬の表情・動きも逃がさず撮影できます。
また、メカシャッターによる連写方式を採用。一般的な電子シャッター方式では素早く動く被写体を撮影すると、動いた部分だけ歪んで写ってしまうことがあります。しかし、メカシャッター方式なら、動く被写体もキレイに連写可能です。

さらに、電子シャッター方式で最高約20コマ/秒の高速連写撮影(4M:アスペクト比 4:3時)も可能です

NEW 高速データ転送 UHS-I規格対応

高速連写の記録もスムーズにできるSDカード規格に対応

大容量データの高速転送が可能なUHS-Iに対応。より快適な高速連写撮影やフルハイビジョン動画記録、RAW画像記録などの大容量データの高速転送が可能になります。

タッチシャッター&タッチAF

シャッターチャンスが訪れたら、タッチするだけで、すぐに撮れる

ワンタッチでシャッターが切れる「タッチでシャッター」機能を搭載。設定をONにしておけば、撮りたい被写体にタッチするだけですばやくピントを合わせ、自動で写真が撮れます。

タッチAF

ファインダー撮影でもタッチでピントを合わせをする

ファインダーを覗きながら、背面モニターにタッチしてフォーカス位置を調整。背面モニター上でピントを合わせたい場所に直接タッチをしてフォーカス位置を決める「絶対位置」モードと、背面モニター上の指の動きでカーソルを移動させてフォーカス位置を決める「相対位置」モードの切り換えが可能。ファインダー撮影でもフルエリアを活かした自由なフレーミングができます。

アイセンサーAF

ファインダーを覗くだけでピント合わせ

ファインダーを覗いた瞬間に被写体に自動でピントを合わせます。シャッターボタンを半押しせずにAFが作動するので、スピーディな撮影が可能です。

※1 2012年12月4日現在。LUMIX G X VARIO 12-35mm/35-100mmレンズ装着時。
※2 撮影条件によっては連写コマ数が少なくなる場合があります。
※3 カードの空き容量がいっぱいになるまで撮影されますが、途中から連写速度が遅くなります。遅くなるタイミングは画像横縦比、記録画素数、クオリティの設定、使用するカードによって異なります。
●SDXC/SDHCロゴはSD-3C、LLCの商標です。
●UHSスピードクラス1は、UHS-I対応機器で、規定された条件下で安定した10MB/秒以上の転送速度を保証します。
●UHS-I対応カードをUHS-I非対応の機器で使用すると従来規格のインターフェースモードで動作します。
●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。

高性能 フルHD動画堅牢性

ラインナップ

デジタル一眼

機種を比較する

Gシリーズ
(マイクロフォーサーズ)
GM5
GM1S
GH4
GX8
GX7MK2 NEW
G7
GF7
一眼用交換レンズ
レンズ商品情報

コンパクトデジタルカメラ

機種を比較する

高倍率コンパクト
TZ85 NEW
TZ70
TZ57
SZ10
ハイエンド
TX1 NEW
LX100
FZ1000(生産終了)
FZ300 NEW
コミュニケーションカメラ
CM10 NEW
ルミックス使い方ナビゲーション
ルミックス購入者の声!みんなのレビュー

投稿・イベントに「参加する」

LUMIX CLUB
  • *の商品は在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。