パナソニックデジタルカメラ用語集

用語集トップ 写真の用語 デジタルカメラの用語 パナソニック/ライカの用語 50音インデックス
デジタルカメラの用語
デジタルカメラに特有の技術や、撮影・再生などの機能に関する用語の説明です。
デジタル技術関連
CCD
レンズから入ってきた光の情報をデジタル信号に変換する半導体。一般的なカメラのフィルムに相当します。CCDのサイズは四角形の対角線で測られ、「1/1.76型」などインチ単位で表示されます。
CCDの構造
画素/総画素数/有効画素数
CCDを構成する素子が画素です。画素の総数を総画素数と呼び、実際に撮影に使われる画素の数を有効画素数と呼びます。画素数が大きいほど画像データの情報量は大きくなり、解像度が高くなります。
画像処理エンジン
CCDの信号をもとに、RGB画像の生成、明るさ、ホワイトバランス、シャープネス、コントラストなどの調整、そして画像圧縮とモニターへの出力、メモリーカードへの書き出しまでを受け持つ描画エンジン。
フォトダイオード
CCDの画素に用いられている光を感知する半導体のことです。
マイクロレンズ
フォトダイオードの前に置かれて、光をフォトダイオードに集めるレンズです。
ピクセル
pix(pics=写真の意の複数形)+elementの造語で画素と同義。画像のサイズを表す場合にも、1600×1200ピクセルのように使用されます。
CCDカラーフィルター(原色フィルター/補色フィルター)
CCDには色を見分けるためのカラーフィルターが付いています。原色フィルター方式ではRGBの3色、補色フィルター方式ではCMYGの4色のフィルターが使用されます。一般に原色フィルター方式は色の鮮やかさにすぐれ、補色フィルター方式は画像のシャープさ(輝度)と感度にすぐれる傾向がありますが、重要なのは画像処理を含めた総合力です。パナソニックは、たとえばLC5とLC40で、補色フィルター方式と独自の「ピュアカラーエンジン」による画像処理を採用。すぐれた明暗の表現力と鮮やかな色再現性を両立させています。
原色フィルター/補色フィルター
RGB/CMYG
RGBはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)という光の3原色。CMYGはCyan(水色)、Magenta(赤紫)、Yellow(黄)、Green(緑)の4色です。CyanはGreenとBlue、MagentaはRedとBlue、YellowはRedとGreen、各々の3原色が含まれています。
デジタル機能関連
起動時間
デジタルカメラの電源を入れてから撮影が可能になるまでの時間。短いほど撮りたいシーンに出会ったときすぐに撮影できます。
シャッタータイムラグ
シャッターボタンを押してから、実際にシャッターが切れるまでの時間差。短いほど動く被写体などを捉えやすくなります。デジタルカメラではフィルムカメラよりタイムラグが長い傾向がありましたが、パナソニックは独自の技術でこの時間差を短縮しています。
シャッター間隔
撮影してから次の撮影ができるまでの時間。デジタルカメラでは、フィルムカメラの巻き上げ時間の代わりに、画像データの処理とメモリーカードに記録する時間が必要になります。
連写
シャッターボタンを押し続けている間、連続してシャッターが切れる撮影方法。LUMIXは、高速回路のおかげで4〜5コマ/秒の高速連写が楽しめます。
デジタルズーム
画像を電子的に拡大する機能。たとえば光学ズーム3倍とデジタルズーム2倍を組み合わせると6倍のズームができます。デジタルズームでは拡大すると画像のきめ細かさが失われるので、光学ズームを優先して使用します。
ヒストグラム
画像の明るさの分布をグラフ化したもの。横軸が明るさ、縦軸が画素の数を示しています。ヒストグラム表示機能のあるデジタルカメラでは、これを見ることによって、露出アンダー/オーバーを確認したり、明暗差の様子を見たり、外光や液晶モニターの明るさに左右されずに適正な露出を判断することができます。
画質調整(シャープネス/コントラスト/彩度)
画像の輪郭(シャープネス)、明暗の差(コントラスト)、色の鮮やかさ(彩度)をコントロールする機能です。
記録画素数(画像サイズ)
デジタルカメラの撮影画像の大きさを画素の数によって表したもの。単位はピクセル。なお、最大の画像サイズは、CCDの画素数にほぼ比例しており、200万画素クラスのデジタルカメラでは1600x1200ピクセル、400万画素クラスでは2304x1728ピクセルとなります。
画像ファイル形式(画像フォーマット)
デジタル画像をどのような形式で保存するかを決めたもの。LUMIXではJPEG形式を採用。
JPEG【ジェイペグ】(圧縮率)
パソコンやデジタルカメラで一般的に使われている画像ファイル形式。画像データを圧縮して処理するため、多くの枚数をメモリーカードに記録できます。通常撮影にはこの形式をおすすめします。画像モードの「ファイン」は低圧縮率で高画質が得られ、「スタンダード」は高圧縮率で多くの枚数が撮影できます。
TIFF【ティフ】
最高画質が得られる画像ファイル形式。画像データを圧縮せずに保存するため、圧縮による画質劣化などが発生せずクリアできめ細かな画像が得られます。撮影した画像をレタッチの素材にする場合などにはこの形式がよいでしょう。
DPOF【ディーポフ/Digital Print Order Format の略称】
どの画像をプリントアウトするのかを指定し、メモリーカードに記録できます。再生メニューから画像/プリント枚数を指定し、そのメモリーカードを対応するサービスショップに持ち込んだり、DPOFに対応したプリンターを使えば、必要なカットだけをプリントできます。
DCF【デーシーエフ/Design rule for Camera File system の略称】
デジタルカメラで撮影した画像ファイルを、記録メディア内にどのように保存するかを定めた統一規格。DCFに準拠したデジタルカメラどうしであれば、異なるデジタルカメラの画像であっても、お互いに再生ができます。
Exif2.2【イグジフ/愛称 Exif Print】
画像のほかに撮影情報などを記録できる画像データ形式で、カメラ業界などで標準化されたものです。Exif2.2対応プリンターを使うことにより、プリンターが撮影状況に応じた処理をおこない、より高画質なプリントを得ることができます。
メモリーカード
カメラにセットして画像などを記録しておくカード状の記録媒体です。デジタルカメラ用として数種類ありますが、パナソニックは小型で高性能のSDメモリーカードを採用しています。
→SDメモリーカード
動画/QuickTime Motion JPEG
デジタルカメラで動く画像を撮影する機能が動画撮影。動画や音声を記録するフォーマット形式がQuickTime Motion JPEGです。この形式は、パソコンでの動画再生がWindowsでもMacintoshでも簡単にできる汎用性の高さが特長です。もし再生用のソフトウェアがパソコンに入っていない場合は、LUMIXに付属のCD-ROMからインストールできます。
音声記録
動画に合わせて、または静止画(普通の写真画像)に合わせて音声を記録できる機能です。撮影時の会話や状況の説明などを記録しておけば、写真がもっと楽しくなります。
液晶モニター
ファインダーのように撮影する画像を確認したり、撮った画像を再生したり、さまざまな機能をメニューで選んだりできるパネルです。  
ホワイトバランス
晴天や曇天、蛍光灯や白熱灯など、どんな光の下でも自然な色に写るようにする機能。すべての色の基準となる白が白く写るようにするためホワイトバランスと呼ばれています。オートのほか、自分で設定する機能もあります。
画像活用関連
テレビ再生
撮影した画像をテレビで見ることができます。SDメモリーカードスロットのあるテレビなら、カードを差し込むだけ。デジタルカメラとテレビをA/Vケーブルやビデオケーブルで接続する方法もあります。
A/V出力
オーディオ(音声)とビデオ(画像)をテレビなどに送ること。デジタルカメラにA/V出力端子がついており、A/Vケーブルで接続します。
USB
パソコンとさまざまな周辺機器を接続する規格。LUMIXとパソコンを直接接続するには付属のUSB接続ケーブルを用います。
カードリーダー/PCカードアダプター(SDメモリーカード用)
SDメモリーカードの画像をパソコンに読み込む装置(書き込みも可)。SDメモリーカードをパソコンに接続したUSBリーダー/ライターなどのカードリーダーに直接差し込むか、PCカードアダプターにセットして、ノートパソコンなどのPCカード用スロットに装着して用います。
CD-R/RW
CD-RはCD-Recordableの略で書き込みのできるCD。CD-RWはCD- ReWritableの略で書き込みと書き換えができるCD。専用の書き込みソフトを使って画像を記録できます。大量の画像が保存できるため、フォトアルバムをつくったり、友だちなどにアルバムをプレゼントするなどの用途に便利です。
画像活用ソフト
パソコンで画像を管理したり、加工したりできるソフトウェア。撮った写真を一覧する、写真を整理してスライドショーをつくる、画像の色調を変える、カレンダーをつくる、プリントする、などさまざまな楽しみ方ができます。LUMIXには、SD Viewer for DSC、PictureStageイメージアップローダー、ArcSoft PhotoBase、ArcSoft Photolmpression、ArcSoft Panorama Maker、ArcSoft PhotoPrinter Proなどが付属しています。

写真の用語 | デジタルカメラの用語 | パナソニック/ライカの用語
用語集INDEX | 50音INDEX