共通機能:高画質

リアルクロマプロセッサ

いつもの映像もより美しく

高画質ブルーレイディスクの研究開発拠点、パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った技術を応用した高度な映像処理で、市販のブルーレイソフトからハイビジョン放送まで、原画に忠実な再生を追求します。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500 / BRS510 / BRS500

● UBZ1は「リアルクロマプロセッサplus」になります。詳しくはUBZ1の商品ページへ。

一般的なクロマ処理

リアルクロマプロセッサ

4Kダイレクトクロマアップコンバート(4K/24p/30p)

いつもの映像を美しい4K映像に

当社独自の「4Kダイレクトクロマアップコンバート方式」により、ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号にアップコンバートすることで、鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた映像でお楽しみいただけます。また、4K/30pアップコンバートにも対応し、4Kカメラで撮影され、ハイビジョンで放送されている高解像度なドキュメンタリーやドラマ番組などを美しく表現できます。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500

● UBZ1は「4Kダイレクトクロマアップコンバートplus」になります。詳しくはUBZ1の商品ページへ。
● 4K/24pまたは30p/4:2:2/36bit。4K/24pまたは30p/4:4:4では24bit。

フルハイビジョン映像(2K)/4K映像

超解像機能(4K超解像/W超解像)

いつもの映像も4K映像もくっきり色鮮やかに

映像の明るさ(輝度信号)や色情報(色信号)を画素単位で分析、補正し、4Kアップコンバート映像の鮮鋭感や精細感を自在に調整することが可能な「4K超解像」処理を実現。さらに輝度と色の両方に対して、圧縮や伝送で失われた輪郭やテクスチャをクリアに再現する「W超解像」によって、より自然で色鮮やかな映像をお楽しみいただけます。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500 / BRS510* / BRS500*

* 4K超解像に非対応

色輪郭補正

マスターグレードビデオコーディング

スタジオマスターと同等の深みのある映像を再現

最大36bit*高階調映像を実現する「マスターグレードビデオコーディング(MGVC)」は、対応ブルーレイディスクを再生すると、これまでご家庭では見ることのできなかったスタジオマスターと同等の高画質映像をお楽しみいただけます。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500

通常のブルーレイディスク映像
通常のブルーレイディスク映像
約1,677万色という制限により、スタジオマスター映像と比べると色や質感の細かな違いを描ききれていない。特に暗い部分の描写が埋もれてしまい、深さを表現しきれていない。
マスターグレードビデオコーディング映像
マスターグレードビデオコーディング映像
最大約687億色の表示能力により、スタジオマスター映像の持つ深みのある色彩・質感・奥行きまで豊かに表現。

マスターグレードビデオコーディングとは…

ブルーレイディスク規格に準拠した映像データに加え、規格の制限によって失われた映像情報を独自の拡張データとしてディスクに記録。最大36bit*の高階調映像の記録・再生を実現し、業務用スタジオマスターと同等の滑らかで質感豊かな高階調映像を再現することが可能となりました。

* 36bit=12bit(Y)+12bit(Cb)+12bit(Cr)。通常のブルーレイディスクの映像は24bit階調=8bit(Y)+8bit(Cb)+8bit(Cr)

HDオプティマイザー

にごりのないクリアな映像に

ハイビジョン映像から標準映像まで、動画のブロックノイズやランダムノイズ、モスキートノイズ、ドット妨害、クロスカラーなどを低減します。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500 / BRS510 / BRS500

モスキートノイズ低減

クロスカラー低減

ドット妨害低減

アドバンスドAVCエンコーダー

シーンに合わせた映像処理

動きの大きいスポーツなどの映像は、激しい動きの時により起こりやすいノイズを低減、動きの小さい風景などの映像は、つぶれてしまいがちな細部のディテールを再現し精細感の向上を実現しました。

対応機種:UBZ1 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000 / BRG2010 / BRZ1010 / BRW1010 / BRW1000 / BRW510 / BRW500 / BRS510 / BRS500

ノイズを低減/精細感を向上

アニメモード

アニメ素材に最適な画質を追求

アニメ素材に最適な画質を追求し、ノイズが少なくクリアな画質を実現しました。

プログレッシブ処理

アニメ特有の複雑なコマ数に対応したプログレッシブ処理と高精度なシーンチェンジ検出により、インターレース妨害とコーミングノイズを低減します。

ノイズリダクション

ノイズリダクション処理のアニメ専用チューニングにより、ノイズ感の少ないすっきりした映像を描写します。

超解像

超解像処理のアニメ専用チューニングにより、リンギングやモスキートノイズを抑え、滑らかでくっきりした輪郭線を表現します。

原画解像度変換

ハイビジョン放送の録画番組やブルーレイディスクソフトの再生時に、ハイビジョン信号から原画解像度を抽出し、高品位なアップコンバート処理を行う機能を搭載*しています。

* 番組に応じて原画解像度を選択する必要があります。選択した原画解像度によっては、画質が劣化する場合があります。

アニメモードの映像処理はここが違う。

アニメ放送の特徴

アニメの原画は、480i、480p、720i、720pなど、ハイビジョン放送よりも低い解像度で作成されることもあるため、これらは放送時に1080iのハイビジョン信号にアップコンバートされます。その際のアップコンバート処理の品質にはばらつきがあり、本来の画質を生かし切れていない場合があります。アップコンバートされた画像は、放送用のMPEG2に変換され、放送されます。

高画質化の秘密

受信したアニメの映像は、放送側でアップコンバートされた状態です。ディーガはそこから、原画の成分を抽出して元の解像度に変換。変換された映像に「超解像技術」を用いたディーガ独自の高品位アップコンバートを行うことで、よりアニメをキレイに映し出します。アニメモードの「原画解像度変換」は、ハイビジョン放送に加えて、BDビデオでも可能です。解像度の低い原画からアップコンバートして作成されたBDビデオタイトルをより高画質にお楽しみいただけます。

BDビデオのアニメにも対応

アニメモードの「原画解像度変換」は、ハイビジョン放送に加えて、BDビデオでも可能です。解像度の低い原画からアップコンバートして作成されたBDビデオタイトルを、より高画質にお楽しみいただけます。

ディーガなら独自の処理でアニメも高画質

ディーガ ラインナップ

HDD容量 6TB 4TB 3TB 2TB 1TB 500GB
チューナー数
11チューナー
7チューナー
6チューナー
3チューナー
2チューナー
1チューナー

の商品は、在庫切れの場合があります。販売店でご相談ください。

● 製品の定格、デザインおよび操作画面は、改善等のため予告なく変更する場合があります。
● 機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。
● 画面はハメコミ合成です。