パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > ブルーレイ/DVDレコーダー > ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方:チューナー数や容量は?

あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!

ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方

あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方

あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方あなたにぴったりのレコーダーが見つかる!ブルーレイ/DVDレコーダーの選び方

STEP1チューナー数と
ハードディスク容量はどう選ぶ?

チューナー数とHDD容量は、
録画スタイルで選ぶ

チューナー数は、同時に録画できる番組の数を、
ハードディスク容量は、レコーダー内に保存しておける番組の総録画時間を表しています。

普段の録画スタイルを思い出して、あなたにぴったりなタイプを見つけましょう!

あとから増やせないので、
チューナー数の決定は慎重に!

チューナーが複数あると便利!

チューナーが複数あると、録りたい番組の後半部分が、次に録りたい番組の冒頭部分と重なってしまう時などに、録り逃しがなく便利です。

チューナーが複数あると便利!

こんな方には3チューナー以上をおすすめ!

「話題のドラマやバラエティ番組、どれも見逃したくない!」という方や、「家族みんなでリビングのレコーダーを共有しているため、録画したい時間帯が重なる」方には、3チューナー以上のタイプがおすすめです。

こんな方には3チューナー以上をおすすめ!

最大11チューナー!チューナー
数いろいろの選べるディーガラインアップはこちら

ユーザーの本音

「家族で使うとチューナー数が
足りなかった!」

※第三者機関による調査資料

ブルーレイディスクレコーダーのユーザーの約6割が3人以上の家族で使用し、
1台を家族みんなで使用している場合が多く、家族が多くなるにつれてチューナー不足が深刻に…

「家族で使うとチューナー数が足りなかった!」

「家族で使うとチューナー数が足りなかった!」

ワンポイントアドバイス

有料放送を含むBS・CS放送も録画!

有料放送を含むBS・CS放送も
録画!

BS放送やCS放送の視聴契約をしていれば、地上波放送と同様に録画することができます。その際には、BS・CS放送のご契約時に登録したB-CASカード(デジタル放送受信機に同梱されているICカード)が、レコーダーに挿入されている必要があります。

有料放送を含むBS・CS放送も録画!

  • レコーダーに付属の2枚のB-CASカードは、視聴・録画用に1枚、録画専用に1枚を使用します。有料のBS・CS放送をご利用になるには、ご利用状況にあわせて2枚のB-CASカードそれぞれに有料放送事業者との契約が必要になります。

LAN接続でケーブルテレビも録画!

対応するセットトップボックスとレコーダーを接続して、放送を録画することができます。番組の選択肢が増えると、ますますチューナー数の選び方が重要になってきますね。

LAN接続でケーブルテレビも録画!

詳しくはこちら
(全自動ディーガ)

詳しくはこちら
(レギュラーディーガ)

ハードディスク容量が少ないと、録画&視聴でストレスを感じることも

「レコーダーの容量不足で録画しそこねた!」「もう容量が無くなるから急いで視聴しないと…」といった経験はありませんか?そんな方には、いまお使いのレコーダーより容量の大きなタイプをおすすめします。余裕を持って録画や視聴をお楽しみいただけます。

ハードディスク容量が少ないと、録画&視聴でストレスを感じることも

最大7TB!HDD容量もいろいろの選べるディーガラインアップはこちら

ワンポイントアドバイス

ハードディスク容量を後から増やすという方法も!

ハードディスクには、あとから追加購入できる外付けタイプもあります。最初から余裕をもった容量のタイプを購入するか、必要になったら追加購入するか、設置スペースとの兼ね合いも含めて検討してみてださい。

ハードディスク容量を後から増やすという方法も!
  • 当社にて動作確認をしているUSBハードディスクをお使いください。
    すべての製品の動作保証をするものではありませんので、あらかじめご了承ください。
    動作確認機器についてはhttp://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/をご覧ください。

詳しくはこちら
(全自動ディーガ)

詳しくはこちら
(レギュラーディーガ)

ワンポイントアドバイス

高画質 長時間

できるだけ長時間、録画するには

録画可能時間は録画モードによっても変わります。高画質であれば録画可能な時間は短く、低画質であれば長くなります。

高画質 長時間

おすすめ情報

レコーダーの新定番!
すべての番組をまるごと録画する
全自動録画タイプ

番組ごとの録画予約は不要!

全自動録画タイプは事前に登録しておいた複数のチャンネルを、予約操作なしで自動で録画できるタイプのレコーダーです。
設定チャンネルの番組すべてを録画しているので、うっかり見逃してしまった番組や放送後に話題になった番組も、過去にさかのぼって再生できます。

録画番組の消去も不要!

ハードディスクの録画容量が上限に達すると、古い番組から自動的に消去しながら、新しい番組を録画していくので、容量不足の心配もありません。
気に入った番組は消去される前にワンタッチで保存し、繰り返し楽しむこともできます。録画スタイルに応じてさまざまな使い方ができますね。

レコーダーの新定番!すべての番組をまるごと録画する全自動録画タイプ

全自動ディーガなら…初期設定も
カンタンだから、初めてでも安心!

そんなに録画しても見る時間がない…
という方へ

※ 「チャンネル録画」機能を使って予約なしで複数のチャンネルを同時に自動録画するレコーダー。