しっかり洗えて、
しかもエコ!

洗うものにあわせたコースが選べ、がんこな汚れもすっきり!さらに、節水もできて、光熱費もおトクです。

●洗浄結果例写真は、当社実験によるものです。汚れの種類、付着具合などによっては、汚れが落ちない場合があります。

酵素パワーで
洗うたびに除菌※1
「バイオパワー除菌」

洗剤中の酵素が活性化する温度帯(約50℃)の洗剤液を食器に直接噴射(1)。
酵素パワーが直接効いて、しつこい汚れも素早くはがします(2)。

熱に弱いプラスチックも洗える
「低温ソフトコース」

耐熱温度60 ℃以上のプラスチック製食器も、除菌※1しながら洗えます。※2

軽い汚れを
約29分で洗える
「スピーディコース」

●「スピーディコース」は目安として軽い汚れやつけ置き、水洗い後に推奨しています。

●「スピーディコース」に「バイオパワー除菌※1」行程を追加することもできます(NP-TCR4のみ)。運転時間は約29分より長くなります。

●運転時間に関して:給湯の場合、すすぎ時間が3~14分短くなります。最終すすぎは、加熱すすぎになります。(最終すすぎ温度:標準コースは約70 ℃、スピーディコースは約50 ℃)

手洗いの約1/4※4
水で洗えて
節水・節約

少ない食器を洗う時も、食洗機のほうが節水できて、かかる費用も節約できます。

1回分の使用水量※4と経費※4※5

水温・室温が高いときは
エコナビで
最大約7%節電※6

エコナビON/OFFの比較※6
(標準食器18点)

エコナビON/OFFの比較※6(標準食器18点)

●これらは最大値であり、室温や水温により効果は異なります。

*日本電機工業自主基準「食器洗い乾燥機の性能測定方法(2008年3月5日改正)」による使用水量・消費電力量・運転時間とは異なります。

※1 〈除菌の試験内容〉(食器洗い機専用洗剤約4 g使用時) ●試験機関名:(一財)日本食品分析センター ●試験方法:寒天平板培養法 ●除菌の方法:高濃度洗剤液噴射方式 ●除菌の対象:庫内食器類 ●試験結果:バイオパワー除菌行程終了後、99%以上の除菌効果上記試験は1種類の菌でのみ実施。試験成績書発行年月日:2013年10月18日 試験成績書発行番号:第13085658001-01除菌効果は食器の量や位置、汚れの程度により異なります。
※2 乾燥後、水滴が残る場合があります。給湯接続の場合は、必ず給湯温度を約45℃以下に設定してください。ストローなど先の細いもの、吸い口など小さいものは洗えません。
※3 NP-TCR4:標準コースとスピーディコースでの比較。給水温度20 ℃の場合(水圧0.3 MPa、室温20 ℃、50 Hz)。
※4 ●NP-TCR4(エコナビ運転OFFの場合):食器点数18点・小物12点、水温20 ℃、食器洗い機専用洗剤1箱600g入り380円(税込)〈当社調べ〉を4 g使用 ●手洗い:食器点数18点・小物12点、水温20 ℃。10 Lのお湯(約40℃)でつけ置き洗いした後、1本315 mL入り213円(税込)〈総務省小売物価統計調査調べ〉の洗剤を4.3 mL使用して洗い、毎分6Lで食器1点あたり13.5秒、小物1点あたり5.5秒流し湯ですすいだとき、使用水量は約41 L(40.9 L)。〈日本電機工業会自主基準標準汚染時〉
※5 新電力料金目安単価27円/kWh(税込)〈家電公取協調べ〉、ガス料金(都市ガス)目安単価166円/m3(税込)〈当社調べ〉、水道料金132円/m3(税込)、下水道使用料120円/m3(税込)。〈日本電機工業会調べ〉
※6 NP-TCR4:エコナビ運転した場合としない場合の比較で、消費電力量約7%(6.6%)削減。日本電機工業会自主基準「食器洗い乾燥機の性能測定方法(2008年3月5日改正)」に基づき、3 人用18点の食器をセットし、水温20℃、室温25 ℃で測定。 ●エコナビ運転した場合:消費電力量約560 Wh。 ●エコナビ運転しない場合:消費電力量約600Wh。これらは最大値であり、室温や水温により効果は異なります。【 2017年1月17日現在】
・食洗機に非対応のもの(調理器具・食器類・水筒等)もありますので、お使いの品の取扱説明書をご確認ください。