デジタルビデオカメラ

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > デジタル4Kビデオカメラ >  デジタル4Kビデオカメラ HC-WX970M

デジタル4Kビデオカメラ HC-WX970M 生産終了

商品特長

高画質4K30p対応※1ながら重さ約447g(バッテリー含む)の軽量・小型化を実現

■高速読み出しが可能「1/2.3型 4KハイスピードMOSセンサー」
被写体の動きが速いシーンで起きやすい「ローリングシャッター現象」も大幅に抑制できます。

■クリアで高い解像度が得られる「ライカディコマーレンズ」
広角撮影時に起こりやすい歪みを抑え、端正な描写が可能です。

■高速・高精度で合焦する「4KハイプレシジョンAF」
フォーカススピード、追従性能、安定性に優れ、より高品位で快適な4K映像記録を実現しています。

■4Kの膨大なデータを高速・高画質処理する「クリスタルエンジン4K」
高速・高画質処理を実現する「クリスタルエンジン4K」により、高解像度のまま記録することができます。

■高画質・高倍率と小型ボディを両立「4ドライブレンズシステム」
4つのレンズ群を、それぞれ個別のモーターで動作制御を行うことにより、高画質・高倍率ズームとボディの小型化を実現しています。

■とっておきの瞬間を4K動画から写真として切り出せる

サブカメラの機能向上やワイヤレス対応など、進化した「ワイプ撮り」を搭載

■親画面のみの映像も別ファイルで保存「ワイプ無し映像同時記録※2
子画面の映像がうまく撮れなかったときに備え、子画面のない映像も保存しておけるので、便利にワイプ撮りが楽しめます。

■スマートフォンで撮影した映像を子画面に表示する「ワイヤレス ワイプ撮り」
スマートフォンなどで撮影した映像をWi-Fiで送信して子画面に表示し、メインカメラで撮影した親画面の映像と同時に記録します。※3※4
*4K撮影時にワイヤレス ワイプ撮りはできません。
*当社製ウェアラブルカメラ(HX-A500/A100)も、子画面の撮影に使用できます。ウェアラブルカメラを子画面として使用する場合、機能の制限があります。子画面の撮影に使用可能な当社製ビデオカメラおよび当社製ウェアラブルカメラについて詳しくは、お客様サポートサイトをご参照ください。http://panasonic.jp/support/video/index.html

■サブカメラが上下方向にも回転
水平方向の約270度に加え、上下方向にもそれぞれ約20度動かせます。

■サブカメラに2倍の電子ズームを搭載
1倍と2倍の切り替えズームが可能。タッチ操作ですばやく切り替えられます。
*4K撮影時は非対応。

■撮影者の声をクリアに記録する「ナレーションモード※5

■子画面のサイズを切り替え・枠の色も選べる
*4K撮影時に枠は出ません。

世界初※6 映像の明暗差を補正して自然な明るさの映像を記録する「HDR動画モード※7」を搭載

露光時間を変えて明るい画像と暗い画像の2枚を撮影して合成し、白飛びや黒つぶれを抑えた階調性の高い映像を記録します。

その他の特長

■「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で傾き・手ブレを大幅に低減

■ピント調整やホワイトバランス設定を手動でできるマルチマニュアルダイヤル搭載

■Wi-Fi(R)内蔵により撮影の楽しみが広がる

■パンやチルトを使った自動撮影ができる別売の「リモートパンチルター VW-CTR1-K」に対応

※1
SDカードに記録する場合は、SDスピードクラスがClass10以上のカードが必要です。
※2
AVCHD/60i時に設定可能で、4K撮影時、HDR動画モード時、クリエイティブコントロールモード時、スーパースローモード時は非対応です。また、記録可能時間は通常時の半分になります。
※3
専用アプリ「Panasonic Image App」(無料)が必要。Android(TM)端末、iPhone(R)/iPod touch/iPad(TM)に対応しており、「Google Play(TM)」または「App Store」から入手できます。対応OSは Android OS 2.3.3以降、iOS 6.0以降(iPhone 3GS には非対応)(「Panasonic Image App」は、パナソニックのポータルアプリ「Panasonic Smart App」からもご利用いただけます)。
※4
Wi-Fi(R)電波が届く範囲は、障害物や他の電波がない環境で5m~10m程度(スマートフォンの場合)または1m~5m程度(ウェアラブルカメラなどの場合)です。ただし、ご使用の機器や環境条件によって大きく変わりますので、あくまでも参考値となります。Android機器はCPUコア数が4以上(クワッドコア以上)、iOS機器は最新機種を推奨します。
※5
本体サブカメラの子画面表示中のみ動作可能。
※6
民生用デジタル4Kビデオカメラとして。2015年1月23日発売予定。
※7
4K撮影時は非対応。
このサイトの記載内容は発売時点のものです。