体験教室レポート(ホームパーティーのある暮らし)

体験教室レポート(ホームパーティーのある暮らし)

料理はもちろん、お茶の楽しみ方やおもてなしの心を学べる「ちょっぴり優雅で知的な会」が開かれる大阪のサロン・「ホームパーティーのある暮らし」では、e-PROシリーズを使ったレッスンを実施。今回は、その主宰者・平井先生に、ハイパワーミキサーとハンドブレンダーでつくる、素敵なおもてなし料理を教えていただきました。

平井 葉子先生

料理研究家。ホームパーティー・コンシェルジュ。大阪・都島区で「ホームパーティーのある暮らし」を主宰するほか、ケータリングや企業へのレシピ提供、デパートでの出張紅茶レッスンなど幅広く活躍中。

平井 葉子先生

白和え 2種

白和え 2種

ハイパワーミキサー

材料を入れたら、あとはおまかせ。
キメ細かな和え衣があっという間。

まずは、先付の白和えから。「このミキサーを使えば、手間のかかる和食も、かんたんにできるんです」と話す平井先生。水切りをした絹ごし豆腐や金ゴマ、きび砂糖などの材料をミキサーコップに入れ、あとは「マニュアルモード」にかけるだけ。高速回転で空気を含ませることにより、わずか10秒ほどでフワフワの和え衣が完成しました。「小さなゴマも満遍なく潰せるから、食べたとき口の中いっぱいに濃厚な香りが広がりますよ」。できたての衣を、予めつくっておいた「なすとツナの炊き合わせ」、「金時人参の炒り煮」とそれぞれ和えれば、早速一品目のできあがり。

従来のミキサーでは、かくはんしにくいゴマも一粒残らずペースト状に。

従来のミキサーでは、かくはんしにくいゴマも一粒残らずペースト状に。

白和えの衣づくりは、「マニュアルモード」がオススメ。

白和えの衣づくりは、「マニュアルモード」がオススメ。

かんたんなダイヤル操作で、なめらかさを調整。回しすぎに注意する。

かんたんなダイヤル操作で、なめらかさを調整。回しすぎに注意する。

和え衣と材料の組み合わせ次第で、いろいろな白和えが楽しめる。

和え衣と材料の組み合わせ次第で、いろいろな白和えが楽しめる。

鶏と長いも、れんこんのつくね椀 ゆずの香り

鶏と長いも、れんこんのつくね椀 ゆずの香り

ハイパワーミキサー

硬さの違う食材も、ムラなくかくはん。
口溶けなめらかな、つくね椀の完成。

さらに、ハイパワーミキサーを使った料理をもう一品。身近に手に入る食材を使って、おもてなしの一品をつくります。一口大に切った皮付きの鶏肉や長いも、れんこんなどをミキサーコップに入れ、「マニュアルモード」で20秒ほどかくはん。「e-PROのミキサーは、硬さの違う複数の食材を同時に入れても、均一な細かさにできるんです。鶏の皮をムースやテリーヌレベルまで細かくできるのは、従来のミキサーではなかなか難しいと思いますね」と先生。かくはんした材料を、スプーンですくってフライパンにふんわりと盛り、両面をこんがり焼き上げます。アツアツのとろみ餡で仕上げれば、本格的な椀物のできあがり。

つくねに使う鶏肉の部位や野菜は、好みに合わせて自由にアレンジを。

つくねに使う鶏肉の部位や野菜は、好みに合わせて自由にアレンジを。

刃に引っかかりやすい鶏の皮も、高速回転で、難なくかくはん。

刃に引っかかりやすい鶏の皮も、高速回転で、難なくかくはん。

つくねの片面に、粗みじんにしたれんこんをのせて、食感にアクセントを。

つくねの片面に、粗みじんにしたれんこんをのせて、食感にアクセントを。

つくねの焼き上げから、とろみ餡づくりまで、フライパンひとつで完結。

つくねの焼き上げから、とろみ餡づくりまで、フライパンひとつで完結。

百合根の黄身餡クレーム・ブリュレ

百合根の黄身餡クレーム・ブリュレ

ハンドブレンダー

時間や手間がかかるときこそ、
ハンドブレンダーの使いどころ。

3品目は、旬の百合根を使った上品な創作デザート。「和菓子のエッセンスを取り入れて、ゆでた卵の黄身を加えています」。まずは、牛乳でやわらかく煮た百合根を、ハンドブレンダーの「低速モード」でペースト状に。続いて加えるゆでた黄身も、裏ごしの手間なくスピーディーにかくはんができます。「和食やデザートって、時間や手間がかかるイメージがありますが、そんなときこそハンドブレンダーの出番。お待たせしないことも、おもてなしの重要なポイントなので、本来の工程を省いて素早く調理できるのはありがたいですね」。

百合根を牛乳で煮ることで、両方が持つ自然な甘みを存分に引き出せる。

百合根を牛乳で煮ることで、両方が持つ自然な甘みを存分に引き出せる。

少ない量でも、均一にかくはん。あっという間にブリュレ生地の完成。

少ない量でも、均一にかくはん。あっという間にブリュレ生地の完成。

高さのある専用カップは、材料の飛び散りを防いでくれる。

高さのある専用カップは、材料の飛び散りを防いでくれる。

表面に砂糖を散らし、バーナーでさっと焦げ目をつければブリュレの完成。

表面に砂糖を散らし、バーナーでさっと焦げ目をつければブリュレの完成。

体験者のコメント

体験者

ポピュラーな白和えやつくねも、なめらかにするだけで、とても上品な料理に。調理道具ひとつで、こうも仕上がりが変わるとは驚きです。M.Yさん(女性)

体験者

ハンドブレンダーは取り回しもよく、パワフル。スープやドレッシングも、サッとつくれそう。持ち手とフードを取り外せるから、洗うときもかんたんですね。Y.Iさん(女性)

体験者

同じハンドブレンダーでも、普段使っているものと比べて機能が優れていると感じました。すっきりしたデザインも、シリーズの統一感があってオシャレ。Y.Fさん(女性)

体験者

ミキサーも、ハンドブレンダーも、短時間で驚くほどなめらかにできるから、普段の料理はもちろん、離乳食から介護食まで幅広く使えると思いました。M.Iさん(女性)

素早く、手間なく、正確に。
おもてなしにぴったりの調理器ですね。

機能性、安全性、デザイン。e-PROシリーズは、どれをとっても海外製品に引けをとらないと思いました。単に、短い時間で調理ができるだけでなく、ムラなく正確に仕上げられるのも大きな魅力。従来のミキサーのように、「複数の材料を一度に入れると詰まってしまう」なんてこともありません。これまでいろいろな調理器に抱いていた不満を、ほとんどクリアしていると感じました。私の教室に来てくださる方には、おもてなしを通して「新しい発見」や「好奇心をくすぐる何か」をお持ち帰りいただきたいと思っています。多彩な調理ができて、料理の可能性が広がるe-PROシリーズは、そんな私の想いを応援してくれる存在ですね。

ホームパーティーのある暮らし ホームページ

素早く、手間なく、正確に。おもてなしにぴったりの調理器ですね。

製品に関するお問い合わせはこちら

0120-872-510

パナソニック e-PROシリーズ ご相談窓口
10:00-18:00(土・日・祝は除く)