Scroll to Page top

あんしん応答

  • あんしん応答
  • 見てから印刷
  • SDカード対応

あんしん応答を体験してみよう

  • ● 画面、動作はKX-PW821の操作例です。液晶画面、ボタン名などは機種により若干異なります。液晶画面はハメコミ合成です。
  • ● このコンテンツは音声が出ます。音声のON/OFFは音声ボタンで切り替えることができます。

電話に出る前に相手を確認

着信時、相手に先に名前を名乗ってもらうようメッセージを流します。誰からかかってきたのかわからず不安なときでも、「あんしん応答」ボタン(親機・子機)を押せば、電話に出る前に相手を確認できるので安心です。

相手がわからない時 「あんしん応答」ボタンで対応名乗らない場合は再度確認できる 「音声を流して切る」ボタン(※)で電話を切ることができます。
  • ● KX-PD102、PD604、PD600、PD505、PD305では、相手に名前を尋ねるメッセージを2種類から選べます。
  • ● 上記の表示画面は、KX-PW821を操作した場合です。
「あんしん応答」搭載ファクス
  • PD102
  • PD604
  • PD600
  • PD505
  • PD305
  • PD205
  • PW211
  • ● 液晶画面はすべてハメコミ合成です。