Scroll to Page top

お手持ちのスマホでファクスが見られる!「親機コードレス」+「スマホ連携」ファクス登場! KX-PD102D/DL

  • ● ファクス、スマートフォンの液晶画面はハメコミ合成のイメージです。実際の内容と異なる場合があります。

特長1

受信したファクスをお手持ちのスマホ※1で見られる※2

自宅でスマホ※1で見てから印刷

自宅でスマホで見てから印刷

スマートフォン※1に専用アプリ「スマートフォンコネクト」をインストールして、子機として登録すれば、宅内で受信したファクス画像を見られます。※2

  • ● スマートフォンは子機として、4台まで登録可能です。

外出先でメール通知

外出先でメール通知

ファクスをインターネットに接続し、メール通知の設定をすれば、外出先へ受信したファクス画像をメールで転送できます。※3

  • ● 通知先は4件まで登録可能です。

特長2

お手持ちのスマホ※1が自宅電話の子機になる※2

お手持ちのスマホが自宅電話の子機になる [ベランダで][リビングで][キッチンで]

専用アプリ「スマートフォンコネクト」を利用してスマートフォン※1を子機として登録することで、お手持ちのスマホで固定電話の発着信ができます(4台まで登録可能)。

詳しくはこちら

特長3

ご自宅への着信を外出先のスマホ※1や携帯電話に転送できる※4

ご自宅への着信を外出先のスマホや携帯電話に転送できる

ファクスをご家庭の無線LAN環境に接続し設定すれば、外出中も自宅への着信を外出先のスマートフォン※1や携帯電話に転送できます。対応のIP電話アプリを利用すると、無料で着信転送できます。※4 ※5

詳しくはこちら

特長4

使いやすいデザイン

使いやすいデザイン

インテリアに調和するコンパクトでスタイリッシュなデザイン。受話子機はコードレスで持ち運びができるのでお部屋の中の好きな場所で通話ができます。

詳しくはこちら

特長5

開閉センサー/ドアセンサー対応でくらしもあんしん

開閉センサー/ドアセンサー対応でくらしもあんしん

当社製DECT※6準拠方式の機器どうしを接続すれば、ホームセーフティーや来客応対など、ファクスを便利に使えます。

詳しくはこちら

KX-PD102 基本機能

KX-PD102のよくあるご質問

  • オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。
  • ※1 Android™ 4.0 以降を搭載し、Google Play™ に対応したスマートフォン/タブレット、またはiOS 7.0 以降を搭載したiPhone 4 、iPhone 4S 、iPhone 5 、iPhone 5c 、iPhone 5S、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad、iPad mini に対応しています。受話口のないAndroid タブレットおよびiPadは、常にスピーカーホン通話となります。上記のすべての機器での動作を保証するものではありません。iOS 版アプリでは、固定電話回線通話中に携帯電話に着信があった場合は、固定電話回線の通話は切断されます。ご利用にはWi-Fi環境および、専用アプリケーション「スマートフォンコネクト」のインストールが必要です。
  • ※2 スマートフォンは別売です。スマートフォンを子機として使用するには、無線LAN(Wi-Fi)環境での接続および、専用アプリケーション「スマートフォンコネクト」のインストールが必要です。外出先ではスマートフォンを子機としては使えません。
  • ※3 メール通知をするには、無線ルーターがインターネットに接続されていて、あらかじめメールアドレスを取得している必要があります。ファクス受信画像のサイズによっては添付できない場合があります。
  • ※4 楽天コミュニケーションズ株式会社が提供するIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」への申し込みが必要です。「FUSION IP-Phone SMART」申し込みにより「050」で始まる転送用の電話番号が付与されます。着信転送時、転送先には本機に設定した転送用「050」番号が通知されます(かけてきた相手の電話番号は通知されません)。転送先は1箇所になります。(お申し込み URL http://panasonic.jp/fax/smart/
  • ※5 「FUSION IP-Phone SMART」のアプリ「SMARTalk」をスマートフォンにインストールし、転送先を「FUSION IP-Phone SMART」で付与された電話番号に設定すると、基本料およびSMARTalkまでの通話料が無料になります。ただし家庭のインターネット契約やスマートフォンの契約によっては、パケット通信料が高額になったり、通話の途切れ、音声の遅延などが発生します。それ以外の転送先を設定し料金が発生する場合は、楽天コミュニケーションズ株式会社から請求されます。
  • ※6 DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)はETSI(欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。当社の製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。
  • ● J-DECTロゴは、DECT Forumの商標です。J-DECTのロゴはARIB STD-T101に準拠した1.9 GHz帯の無線通信方式を採用した機器であることを示しています。同一ロゴを搭載する機器間での接続可否を示すものではありません。
  • ● 1.9GHz DECT準拠方式対応機器を、CSデジタル放送を受信している環境でご使用になる場合、CSデジタル放送のアンテナ伝送路にDECT準拠方式対応機器の電波が混入する可能性があります。シールド性の高い衛星放送対応の分波器や分配器、接続ケーブルをお使いいただくことで影響を軽減できる場合があります。
  • ● 「スマートフォンコネクト」は、Android 版はGoogle play 、iOS 版はApp Store で提供します。
  • ● “Wi-Fi” は“Wi-Fi Alliance” の商標または登録商標です。
  • ● iPhone、iPad、iPad mini はApple Inc. の商標です。
  • ● iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • ● App Store はApple Inc. のサービスマークです。
  • ● Android、Google Play はGoogle Inc. の商標です。
  • ● SDXC ロゴはSD-3C, LLC の商標です。
  • ● ファクス、スマートフォンの液晶画面はハメコミ合成のイメージです。実際の内容と異なる場合があります。
  • ● 写真・イラストの内容はイメージです。
  • ● 製品の色は実際の色とは若干異なる場合があります。

電波の干渉について

■ 親機・受話子機・子機間の通信について

  • ● 本機は、1.9 GHz(ギガヘルツ)の周波数帯の電波を利用しています。本機は同一周波数帯を使用する他の無線局と電波干渉が発生しないように考慮されていますが、万一、本機から他の無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、本機のACプラグを抜いて、ファクス・電話機ご相談窓口に相談ください。
  • ● 1.9 GHz DECT準拠方式対応機器を、CSデジタル放送を受信している環境でご使用になる場合、CSデジタル放送のアンテナ伝送路にDECT準拠方式対応機器の電波が混入する可能性があります。シールド性の高い衛星放送対応の分波器や分配器、接続ケーブルをお使いいただくことで影響を軽減できる場合があります。

■ 親機の無線LANの通信について

【使用周波数帯】
無線LANは2.4 GHz帯の周波数帯を使用します。他の無線機器も同じ周波数帯を使用している可能性があります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、右記事項に注意してご使用ください。
【使用上の注意事項】
本機の使用周波数帯では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

  • 1: 本機を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局が運用されていないことを確認してください。
  • 2: 万一、本機から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、本機の電源プラグを抜いて、ファクス・電話機ご相談窓口にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
  • 3: その他、本機から移動体識別用の特定小電力無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など、何かお困りのことが起きたときは、ファクス・電話機ご相談窓口へお問い合わせください。

連絡先
パナソニック ファクス・電話機ご相談窓口
電話番号:0120-878-983 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
上記番号がご利用いただけない場合・・・ 06-6907-1187 FAX:0120-878-236

受付時間
9:00〜20:00 / 365日