Scroll to Page top

KX-PD552 便利機能

SDメモリーカード対応
SDメモリーカード(別売)にファクスや通話音声を残せる

受信したファクスや、通話録音・留守番電話などの音声を直接SDメモリーカードに保存できます。
また、あらかじめ親機にSDメモリーカードを差し込んで設定しておくと、受けた電話もかけた電話も自動でSDメモリーカードに保存されます(フル録音)。

SDメモリーカード(別売品)にファクスや通話音声を残せる
ファクス通話もたっぷり保存「SDカード対応」
  • ※ 1件約120分まで録音可能です。
  • ● SD(SDHC/SDXC)メモリーカードは別売です。SD規格に準拠したFAT12、FAT16形式でフォーマットされた2GB以下のSDメモリーカード、miniSDカード、microSDカード、FAT32形式でフォーマットされた32GB以下のSDHCメモリーカード、miniSDHCカード、microSDHCカード、およびexFAT形式でフォーマットされた64GB以下のSDXCメモリーカード、microSDXCカードが使用できます。
    miniSD(SDHC)カード、microSD(SDHC/SDXC)カードをお使いの場合、専用アダプターが必要です。マルチメディアカードは使用できません。
  • ● SD(SDHC/SDXC)メモリーカードを使用する場合、本機でのフォーマットが必要です。

その他の便利機能

子機間でも通話ができる「内線通話」

親機と子機の間や、子機どうしで内線通話ができます。
家族の呼び出しに便利です。

  • ● KX-PD552Dは、子機の増設が必要です。

呼出音を鳴らす相手を選べる「おやすみ特定着信」(9件まで)

就寝時などに呼び出し音を鳴らさない「おやすみモード」設定中も、連絡を受け取りたい相手を登録しておけば、大事な用件の電話を受けられるので便利です。

「鈴木さんから電話だわ。」
  • ● NTT東日本・NTT西日本の「ナンバー・ディスプレイ」サービス(有料)のお申し込みが必要です。ひかり電話やIP電話をご利用の場合は、回線事業者または提供元にお問い合わせください。

留守中などに家族へメッセージが残せる「残して伝言」

外出の際などに、音声を録音して伝言メッセージを残すことができます。
急ぎで出かける時など、手軽にメッセージを残すことができます。

特定の相手からの電話に出ない「迷惑電話着信拒否」(250件まで)

特定の相手からの迷惑電話や迷惑ファクスの着信を拒否することができます。
拒否した相手から電話やファクスがあったときは、呼出音が鳴らずに相手にメッセージまたは話し中の音(プープー)が流れます。

  • ● NTT東日本・NTT西日本の「ナンバー・ディスプレイ」サービス(有料)のお申し込みが必要です。ひかり電話やIP電話をご利用の場合は、回線事業者または提供元にお問い合わせください。

ボタンを押す約1分前に戻って録音「前から録音」

通話中、または相手が電話を切った後でも、こちらが電話を切る前に
ボタンを押すと、約1分前からの通話を録音できます。
用件を聞き逃した際に便利です。

  • ● 録音時間は、前から録音・通話録音・留守録・伝言メッセージとあわせて最大約12分まで録音できます。
  • ● 前から録音の保存中は、電話をかける・電話を受ける・ドアホンに出る以外の操作はできません。
  • ● 液晶画面はすべてハメコミ合成です。
  • ● 写真・イラストの内容はイメージです。
  • ● 製品の色は実際の色とは若干異なる場合があります。
  • ● SDXC ロゴはSD-3C, LLC の商標です。