座るだけで体幹を鍛える!?

2ヶ月コアトレ体験チャレンジ~ゴルフ編~

体験チャレンジ ~ゴルフ編~

コアトレ開始から2ヶ月、
チャレンジャーに驚きの変化が!

木場克己トレーナーのアドバイスのもと、コアトレチェアを使った体幹トレーニングに挑戦した篠崎さんと池田さん。スタートから2ヶ月。チャレンジャーの身体にどんな変化があらわれたのか、いよいよ最終結果の発表です!

木場克巳トレーナー監修、
4つの基本ポーズで体幹力をチェック

チャレンジャーのお二人には、体幹力の変化をチェックするために、「4つの基本ポーズ」に挑戦していただきます。これら4つのポーズを観察することで、体幹の状態が複合的に見えてきます。2ヶ月前と比較すると、体幹がどのように変化したのかがよくわかりますよ。

4つの基本ポーズ

  • フロントブリッジ
    腕、お腹、背中、おしり、太ももなど、全身をまんべんなく使うポーズです。骨盤まわりのインナーマッスルが安定していないと、おしりが下がり、身体が反ってしまいます。

  • サイドブリッジ
    普段はあまり使うことのない、脇腹の筋肉を使うポーズです。ここに脂肪がつくのは、筋肉を使っていない証拠。インナーマッスルが弱いと、腰を上げられたとしてもブレてしまいます。

  • クランチ
    ひざを立てて横になり、太ももの上に手をのせてゆっくり息を吐きながら起き上がります。このとき、手の位置がひざ上でキープできるかを確認します。インナーマッスルが弱いと足が浮いてしまいます。

  • バランス
    片ひざを、おへその高さまでゆっくりと持ち上げてキープします。持ち上げたときの高さがしっかりあるかを確認します。安定して足を持ち上げるにはインナーマッスルが重要です。

コアトレチェア使用2ヵ月後の篠崎さん

身体の変化

Before   After
175cm 身長 175cm
84kg 体重 81.1kg
183cm² 内臓脂肪面積 145cm²
102.2cm 腹囲 96.1cm
100cm ウエスト 91.8cm
102cm 下腹 95cm
98.5cm ヒップ 97cm

体幹の変化

Before

after

木場トレーナーからのコメント

とてもスマートになったな、というのが第一印象です。2ヶ月前は“出っ尻”だった立ち姿勢も、背骨がきれいなS字を描き、骨盤がしっかり立って真っすぐになっています。前回、フロントブリッジに挑戦したときは、腕の力だけで支えようとしてお腹が重力で落ちていましたが、今回は背中の筋肉と体幹で支えられています。脇腹の筋肉が鍛えられたことで、サイドブリッジの姿勢も見違えました。クランチではしっかり起き上がることができていましたし、バランスのポーズでは足が外に広がらず内側に入っています。これはインナーマッスルが鍛えられている証拠です。

ゴルフプレーの変化

Before

after

< 撮影協力:ロイヤルスターゴルフクラブ >

木場トレーナーからのコメント

背筋をつかえるようになっているため、腕があがり、しっかりふりかぶれています。 脇腹の筋肉が鍛えられたことで、重心が安定し、OBの回数も減っていましたね。

2ヶ月のチャレンジを終えて

木場トレーナーコメント

インナーマッスルが鍛えられたことで骨盤が安定したと同時に、“筋肉のコルセット”と呼ばれる脇腹の腹横筋などがついてきたことで、身体全体の安定感が増しています。とはいえ、インナーマッスルの筋力は実は落ちやすく、年を取ると転倒しやすくなるのはそのことが原因です。健康寿命を伸ばすためには、継続したトレーニングが重要。ここで満足せず、頑張って続けていきましょう。

篠崎さんコメント

脇腹の筋肉が知らない間についていたことと、内臓脂肪がすごく減っていたことにビックリしました。以前に比べて腰痛も改善されましたし、体力もついたようで、階段の昇り降りでも息切れしなくなりました。コアトレチェアは、乗ってバランスをとるだけで鍛えられて、結果がちゃんと数値に表れるのがうれしい。足腰に不調を抱えた同年代の仲間にも、コアトレチェアをぜひ薦めたいです。

コアトレチェア使用 2ヵ月後の池田さん

身体の変化

Before   After
180cm 身長 180cm
73kg 体重 68.7kg
85cm² 内臓脂肪面積 56cm²
85cm 腹囲 78cm
85cm ウエスト 78cm
85.8cm 下腹 80cm
96cm ヒップ 92cm

体幹の変化

Before

after

木場トレーナーからのコメント

元々スリムなので見た目ではわかりにくいけど、下腹やウエストの数値にはっきり結果が出ていますね。内臓脂肪面積が減ったのは、インナーマッスルが鍛えられたことが大きく影響していると思います。コアトレチェアでのトレーニングは、インナーマッスルを鍛える体幹の土台づくりなんです。フロントブリッジでは10秒間もポーズをキープすることができましたし、サイドブリッジでは、片足を上げて行う1ランク上のポーズにも挑戦できるようになりました。クランチのポーズは、インナーマッスルを縮める動きを意識するとさらに良くなります。バランスのポーズも、足が中心に寄せられていてとてもきれいです。

ゴルフプレーの変化

Before

after

< 撮影協力:ロイヤルスターゴルフクラブ >

木場トレーナーからのコメント

腹横筋が鍛えられ腹圧がかかるようになり、体が安定しています。 ゴルフスイングをする上で欠かせない脊柱の回旋や捻転がスムーズになり、 クラブを大きくふりかぶれています。 捻転可動域が広がったことで、ダウンスイングへの移行が力強くなりましたね。

2ヶ月のチャレンジを終えて

木場トレーナーコメント

背中の筋肉が硬い印象でしたが、姿勢筋がしっかりついて、背中のラインと骨盤の状態がとても良くなりました。きれいな姿勢をつくるには、先に見えないところの筋肉(インナーマッスル)をつくってからアウターマッスル(表層筋)につなげると効果的ですし、リバウンドもしにくくなります。さらに身体をつくりたい場合は、コアトレチェアでのトレーニングに有酸素運動をプラスすると、脂肪が燃焼してスムーズに理想の身体づくりができると思います。

池田さんコメント

まず、身体の軽さが全然違います。頭の位置があまりブレずに、姿勢良くスムーズに動くことができます。今まで腹筋は苦手なトレーニングでしたが、コアトレチェアの場合、いろんな運動が組み合わさっているので、飽きることなく続けられました。体幹が鍛えられることで筋肉のコルセットができて、腰痛も改善されたのかなと思います。今後は有酸素運動を取り入れて脂肪を落とし、以前の体型を取り戻したいです。

コアトレチェアなら、続けられる!

チャレンジャーのお二人は、コアトレチェアを使った2ヶ月間のトレーニングで、しっかりと結果を出されました。その効果は、身体の数値や体幹チェックのポーズを見ていただければ分かると思います。
これからもトレーニングを続けて、ゴルフはもちろん、さらなる体力の向上と健康な身体づくりに励んでください。インナーマッスルを鍛えるトレーニングは本来キツいものですが、コアトレチェアなら座ってバランスをとるだけ。簡単な上に結果がついてくるから、無理なくチャレンジし続けられたのだと思います。