パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 美容・健康 > フィットネス機器 > コアトレチェア 安全上のご注意と正しい乗り方

コアトレチェア
安全上のご注意正しい乗り方

コアトレチェア

安全上のご注意ご使用の前に必ずお読みください

警告

次の人は使用しない

(1)腰・首・足・手に痛みやしびれがある人、過去に痛めたことがある人
(2)医師から運動を禁じられている人
(3)骨粗しょう症など骨に異常がある人
(4)せきついに疾患がある人(せきついすべり症、ヘルニアなどの持病のある人)
(5)変形性関節症、リウマチ、痛風など足に痛みのある人
(6)ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込型医療電気機器を使用している人
(7)妊娠中もしくは妊婦と思われる人や生理中の人
(8)からだに異常を感じて安静を必要とする人
(9)上記以外にからだに異常を感じているとき

トレーニング中、体に痛みやしびれ、めまい、動悸など、からだに普段と異なる痛みや
違和感・異常を感じたときは直ちに使用を中止する
症状を悪化させたり、けがや体調不良を起こす原因になります

コアトレチェアの運動原理

シートを「V」字
に揺らして

反射的にからだを
支えようとする
力を利用

コアトレチェアの運動原理

コアトレチェアは、シートが「V」の字に揺れます。この「V」字の揺れにより、からだが揺らされ、反射的にからだを支えようとします。その動きで、体幹の筋肉に刺激が入り、鍛えることができます。

正しい乗り方効果的で安全にお使いいただくために

  • またいで乗るとき

    またいで乗るとき

    頭がぶれない 背筋をのばす 腰を反りすぎない 背もたれにもたれない 深く座る 内ももでシートをはさむ

  • 座って乗るとき

    バランスを
    とって
    姿勢を維持

    座って乗るとき

    頭がぶれない 背筋をのばす 腰を反りすぎない 背もたれにもたれない 深く座る

頭がぶれない 背筋をのばす 腰を反りすぎない 背もたれにもたれない 深く座る 内ももでシートをはさむ

無理なく乗れる範囲(軽い会話ができる程度)
でお使いください

はじめてお使いの方

  • ①「ストレッチ」からお使いください

    時間は5分以上
    トレーニング前にすることで、トレーニングの効率アップと、けがの予防になります

    ?「ストレッチ」からお使いください

    背もたれは起こす
    無理にからだを伸ばさない

  • ②トレーニングは、自動コースの「弱」からお使いください

    慣れるまでは、速さレベル1、時間は5分
     

    ?トレーニングは、自動コースの「弱」からお使いください

    背もたれは倒す
    足はできるだけ床につける

使用中、からだに痛みや違和感が出た場合は、ただちに使用を中止してください。過度なトレーニングは、腰などを痛める原因になります

「コアトレチェア」の
正しい乗り方と紹介ムービー