パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 美容・健康 > フィットネス機器 > 腹筋を引き締めるための基本メソッド

腹筋を引き締めるための基本メソッド

ウォーキングをしているのに腹筋が引き締まらない……なぜ?

ウォーキングしても腹筋が引き締まらない原因のひとつは…

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は、脂肪を燃やすために最適なトレーニング方法です。それなのに、ウォーキングをしていてもなかなか効果が出ないという場合、考えられる原因のひとつは「もともとの筋肉量が少ない」ということ。ウォーキングを続けていくうちに自然と筋肉量が増えていけばいいのですが、有酸素運動はゆっくり時間をかけて続けられる運動であるぶん、筋肉にかかる負荷もそう多くはありません。有酸素運動だけでは、筋肉量を効率的に上げることは難しいのです。

有酸素運動+筋トレ=脂肪を燃焼させながら、太りにくいからだをつくる!

だから有酸素運動+筋トレ!

筋肉量を上げる、つまり筋肉に負荷をかけるためのスタンダードな方法といえば筋トレです。筋肉量を上げれば同時に基礎代謝量が上がり、太りにくいからだをつくることもできます。また、筋トレ後は一時的に代謝が高くなり、脂肪燃焼効果が高まるとも言われています。つまり、筋トレとタイミングを合わせて有酸素運動を行えば、単独のトレーニングでは得られなかったさらなる引き締め効果を狙えるということなのです。

EMS活用の場合・筋肉に電気刺激を与える

「続かない筋トレ」は卒業しよう!

筋トレの最重要事項は、大きな負荷をかけることでも長い時間行うことでもなく、なによりも「続けること」にあります。そのために効果的に活用したいのがEMSと呼ばれるトレーニング機器です。EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、筋肉に電気刺激を与えて筋収縮させるシステムのこと。電気の刺激で運動時の筋肉活動に近い状態をつくりだすことができると言われています。

パナソニックのビューティートレーニング(EMS+ハイブリッドトレーニング)で、効率よく筋トレのような運動効果を得ることができる

日常の動きを、EMSトレーナーで、筋トレにかえる

歩く・ひねるなどの動作で、「筋肉が伸びているタイミングを狙って、EMSで電気負荷をかける(ハイブリッドトレーニング)」と、有酸素運動しながら、効率よく筋トレのような運動効果を得ることができます。日常動作にEMSトレーナーをプラスするだけなら、負担に感じることも三日坊主になることもありません。

  • SPECIAL CONTENTS
  • 側腹筋(ウエスト引き締め)に効くEMSトレーナー
  • 筋トレ効果を高める「ハイブリッドトレーニング」とは
  • EMSトレーナートップに戻る