装着もカンタン!

ひざトレーナーの使い方

装着がカンタンなのも、トレーニングが続く秘訣です。

なによりも継続が大切なトレーニング。だから「ひざトレーナー」は機器の装着からこだわりました。トレーニングが面倒にならないよう、少ない手順でパッと装着できます。

装着の手順(座った状態で着けてください。)

サイズを合わせる

電極シートの位置を調整するために一度、サポーターをひざ周りに巻いてS/M/Lのサイズを確認します。

▼の位置が自分のサイズです。

  • Sの場合
  • Mの場合
  • Lの場合
電極シートを調整

確認したサイズの位置に電極シートの▲の位置を合わせます。

白線にも合わせて電極シートをとめてください。

サポーターを巻く

ゲルパッドを肌に当て、サポーターを下に引っ張りながらしっかり巻きつけます。サポーターの先端がひざから出ないように当ててください。

反対側も同様に装着!

コードをつなぐ

電極コードを操作器につなげます。

差込み口の形状を
確認してください。

あなたにぴったり合ったトレーニングを設定できます。

あなたの筋力や体力に合わせた「コース・時間・電気刺激の強さ」がシンプルなボタン操作だけで、かんたんに細かく設定できます。

電源を入れる
(電源ボタンを押す)

1:選択/調整ボタン 2:電源ボタン(切/入)
3:ロックスイッチ 4:器具用プラグ差込口

拡大して見る

コースを選択

6種類のコースから選択。

時間、セット数を設定

時間は5〜30分の5分刻みで調節可能。セットは1〜5セットの間で選べます。


※「歩いて筋トレコース」の場合

電気刺激の強さを調節

1〜50までのレベルで我慢できる強さまで上げます。(右まえ、右うしろ、左まえ、左うしろの4箇所を設定します。)

設定完了

下の画面が表示されたら設定完了。運動場所に移動しましょう。


※「歩いて筋トレコース」の場合

●詳しくは取扱説明書をご覧ください。*写真、イラストはすべてイメージです。