パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 生ごみ処理機 > 乾燥式生ごみ処理機 > 生ごみリサイクラー MS-N53 > 特長1 生ごみを温風で処理してリサイクル。

生ごみリサイクラー MS-N53/MS-N23


生ごみを温風乾燥でしっかり除菌※1、脱臭力もアップ※2しました。

※1
試験機関:(財)日本食品分析センター。試験方法:寒天平板培養方式。除菌の方法:温風乾燥式。試験効果:99%以上の除菌効果。除菌の対象:庫内乾燥処理物

※2
(MS-N53のみ)抑制の手段:プラチナパラジウム触媒。測定対象:標準試験生ごみ700g標準モードで処理した時の本体からの排気。測定方法:臭気判定士による官能試験。臭気強度0.9(従来機種MS-N48は1.9)。試験機関:臭気測定認定事業所(株式会社 日吉)にて実施。

ニオイを抑える脱臭力アップ※!

生ごみの処理中に発生するニオイは、本体後方にある当社独自のブラックボックス技術、プラチナパラジウム触媒でしっかりカット。(MS-N53のみ)


(MS-N53のみ)抑制の手段:プラチナパラジウム触媒。測定対象:標準試験生ごみ700g標準モードで処理した時の本体からの排気。測定方法:臭気判定士による官能試験。臭気強度0.9(従来機種MS-N48は1.9)。試験機関:臭気測定認定事業所(株式会社 日吉)にて実施。

栄養満点な有機質肥料※1ができる「ソフト乾燥モード」※2

緑がグングン育つ肥料ができる。有機質肥料※1には「ちっ素」「りん(酸)」「カリウム」の肥料3大要素が豊富に含まれています。生育テスト比較(東京農業大学栽培実験)

生ごみは人間の食物と基本的成分は同じですので、栄養分の種類も量も豊富でバランスよく含まれています。標準モードより、やや低温で乾燥させる「ソフト乾燥モード※2」なら、熟成期間不要の速効性のある有機質肥料※1がつくれます。

※1
リサイクラーによる生ごみ乾燥処理物は、肥料取締法上の肥料ではありません。そのため、生ごみ乾燥処理物を「肥料」として販売することはできません。

※2
「標準モード」に比べて低温で乾燥処理するので、生ごみ中のたんぱく質が熱変性をおこしにくく土中の微生物による分解が早くなります。

キッチンで緑を育ててみましょう

植木鉢での上手な使いかた。1.植木鉢の4分の1の高さまで土を入れ、厚さ約1cmの処理物を混ぜ合わせる。2.1の混合土の上に4〜5cmほど土を入れる。3.2の上に苗木や種を植える。※混合土に直接根が触れないように注意してください。

温風乾燥方式で生ごみの雑菌をシャットアウト!

温風で乾燥するので減容化と同時に除菌※1。処理中のニオイも約99%カット※2します。また、特別な菌やバイオチップなども必要ないのでお手入れがとても簡単です。処理物は、ニオイも菌もなく、また軽くてかさばらないのでごみ出しがとても楽に。さらに、園芸用の有機質肥料※4として利用することもできます。

※1
試験機関:(財)日本食品分析センター。試験方法:寒天平板培養方式。除菌の方法:温風乾燥式。試験効果:99%以上の除菌効果。除菌の対象:庫内乾燥処理物

※2
生ごみから生じる代表的な臭気。硫化メチル。

※3
標準試験生ごみ約700グラムの場合、標準モード時。

※4
リサイクラーによる生ごみ乾燥処理物は、肥料取締法上の肥料ではありません。そのため、生ごみ乾燥処理物を「肥料」として販売することはできません。

生ごみを7分の1に減らします※1。

130℃の温風で乾燥

3人家族1日分の生ごみ(平均約400グラム:当社調べ)を大容量タイプは100分で、7分の1に減らします※1。処理物が入ったままでも、追加で投入できます。また、乾燥除菌※2しているので、保管も可能です。


※1
標準試験生ごみ約400グラムの場合、MS-N53標準モード時。

※2
試験機関:(財)日本食品分析センター。試験方法:寒天平板培養方式。除菌の方法:温風乾燥式。試験効果:99%以上の除菌効果。除菌の対象:庫内乾燥処理物

  • 次の特長へ