Panasonic ヘルスケア

Panasonic ヘルスケア
  • TOP
  • 更年期について知ろう
  • 先生にインタビュー
  • おさらいクイズ
  • バックナンバー

更年期 不調は女性ホルモンの乱れで起きる

1ページ

2ページ

更年期の症状はとても多様

「更年期の症状はとても多様で、起こる時期も人それぞれ。突然顔がほてってのぼせる“ホットフラッシュ”と呼ばれる更年期障害特有の症状だけでなく、肩こりや疲労など、若いころから感じやすい症状もあるため、更年期障害だと気づかない場合もあります。また、動悸やめまい、うつ気分など、いわゆる自律神経失調症と同じ症状や、胃もたれや皮膚のかゆみなど、他の病気を疑わせる症状もあるため、いろんな科をぐるぐると受診してしまう人も少なくありません」

更年期女性に見られる主な症状

グラフ 更年期女性に見られる主な症状

「左記以外にも関節の強ばりや冷えなどが起こる場合もあるので、少しでも調子が良くないと感じたら、一度病院へ」

40歳を過ぎたころから、いつ閉経が訪れるのか、多くの女性が不安な気持ちになりやすいもの。病院で検査を受け、身体や心の状態をしっかり話し合い理解することは、そういった不安を軽減するのにも役立ちます。性ホルモンの状態については血液検査で簡単に調べることができますし、セルフチェックである程度予測することも可能です。そこで、次の章では更年期障害のセルフチェック法をご紹介します。

更年期障害をセルフチェック

更年期指数(小山 嵩夫ら作)※チェック対象者:更年期かなと思われる40〜60歳の女性

[血管運動神経系についての質問]
Q1:顔がほてりますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q2:汗をかきやすいですか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q3:腰や手足が冷えますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q4:息切れ、動悸がしますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
[精神・神経系についての質問]
Q5:寝つきが悪い、または眠りが浅いでしょうか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q6:怒りやすく、すぐイライラしますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q7:くよくよしたり、抑うつになることがありますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q8:頭痛、めまい、吐き気がよくありますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
[運動・神経系についての質問]
Q9:疲れやすいですか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)
Q10:肩こり、腰痛、手足の痛みがありますか?
強(10点) 中(6点) 弱(3点) なし(0点)

上記の得点合計が

2〜25点
現時点では問題ありません。
26〜50点
食事・運動に気をつけ、無理しないようにしましょう。
51〜65点
更年期の生活指導、カウンセリング、薬物療法などを受けたほうが良いでしょう。
66〜80点
半年以上の治療が必要です。
81〜100点
各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、更年期外来での長期治療が必要です。

※治療内容については第2回でご紹介します。

上記のチェックである程度、自分の状態がわかりますし、血液検査をすればより正確に知ることができます。

「その目安となるのが卵胞刺激ホルモン(FSH)です。先ほど、更年期になるとエストロゲンが減少すると述べましたが、その量には個人差があるため、エストロゲン量を測定しただけでは正しく判断できないことがあります。実際に目安となるのは、卵胞刺激ホルモンです」

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、どちらも約1ヵ月のリズムで卵巣から分泌され、月経が発生します。

卵胞刺激ホルモンの変化

グラフ 卵胞刺激ホルモンの変化

「その卵巣に女性ホルモンを出すように指令を出しているのが脳(視床下部と脳下垂体)。卵巣からのフィードバック(エストロゲン量が多いか少ないか)が視床下部に伝わり、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンという2種のホルモンが分泌され、卵巣を刺激します。そのため、卵巣機能が低下して卵巣で作られるエストロゲンが減少してくると、脳はフィードバックが少ないことを感じ、“もっとホルモンを出せ”と、卵胞刺激ホルモンを過剰に分泌し、卵巣をどんどん刺激するようになります。そのため、血液中にFSHが増えます」
※エストロゲンが減ると排卵が起きにくくなるため必然的にプロゲステロンの量も減るので、卵胞刺激ホルモンの量が目安になります。

視床下部は体温の調整をはじめ、血管、血圧、心拍、皮膚、発汗など、自律神経の中枢であるため、卵巣からのフィードバックが急に減少すると、自律神経にも影響し、それによって不調が起こりやすくなるのです。
第2回目は、女性ホルモンの変化で起こる身体の変化と治療法、更年期障害を悪化させないための生活習慣などについてご紹介します。

2ページ

1ページ

  • TOP
  • 更年期について知ろう
  • 先生にインタビュー
  • おさらいクイズ
  • バックナンバー