Panasonic ヘルスケア

Panasonic ヘルスケア

実践!健康メニュー

内臓脂肪をためない vol.3

Try! Healthy Menu

内臓脂肪を減らすには、食事と運動の両方のアプローチが大切です。ヘルシーでも満足感が得られるレシピで食事を楽しみながら、毎日少しずつでも活動量を増やすことを心がけ、無理なく内臓脂肪を解消しましょう。今回は、食卓が寂しいときにプラスするのに便利な低エネルギーの食事と、簡単で脂肪燃焼に有効な有酸素トレーニングをご紹介します。

POINT1

抗酸化成分や魚に含まれる脂肪で血液をクリアにする

食物繊維は野菜に含まれる色素や、辛味や苦味の成分には、活性酸素の発生を抑える優れた働きがあります。動脈硬化の原因となる脂質の酸化を防ぎ、血液を健康な状態にするのに役立ちます。また、魚の脂肪には血栓予防効果があるので、メタボリックシンドロームが気になる人におすすめの食材です。また最近、野菜に含まれる“オスモチン”というたんぱく質に、動脈硬化の予防効果があることがわかり、注目されています。

POINT2

低エネルギーの食材を活用しておなかを満たす

海藻、こんにゃく、きのこは、食物繊維たっぷりで噛みごたえのある低エネルギー食材。副菜や常備菜に活用して、食事のエネルギーコントロールに役立てましょう。また、ビタミンやミネラルが豊富な野菜も、不足しないようにとる心がけを。

EPA、DHAが豊富で抗酸化作用もある和風マリネと、低エネルギー食材の代表こんにゃくの煮物で、ヘルシーに血管内をきれいにしましょう!

写真 さけ和風マリネ

 

EPAやDHAなどは酸化しやすい脂質。オリーブ油に含まれるビタミンEには、抗酸化作用があるため、酸化を防ぐのに役立ちます。

写真 糸こん煮

 

こんにゃくはほとんどが水分ですが、食物繊維も多く含まれる食品でもあります。食卓にもう一品プラスしたいとき、エネルギーを気にせず安心して使えます。

脂肪を燃焼させるには有酸素運動が有効です。短時間で自宅でもできる簡単トレーニングで、楽しく効果的に内臓脂肪を撃退しましょう。

効果的な運動で代謝を上げよう

運動の効果として、運動を終えた後も長時間、代謝が活発な状態が続いて消費カロリーが増えるということがあります。家でもできる簡単なトレーニングで、短時間でも効果的に代謝アップしましょう。足踏みエクササイズは、好きな音楽に合わせて足踏みをするだけで、ウォーキングと同じように有酸素運動になります。15〜20分程度でできる手軽な運動で、効果的に代謝アップを目指しましょう。

足踏みエクササイズ

  1. 1.腕を前へ押し出しながら、足踏みを8拍×2
  2. 2.腕を上下へ上げ下げしながら、足踏みを8拍×2
  3. 3.腕を横へ押し出しながら、足踏みを8拍×2
  4. 4.腕を後方へ押し出しながら、足踏みを8拍×2

1〜4を4セット続けて行うと、2〜3分程度の有酸素運動になる。

POINT

胸を張って姿勢よく、しっかりももを上げるようにしましょう。リズミカルに元気よく続けられるはやさで動きます。好きな音楽1曲分(約4分)を取り入れてもOK。

健康メニューの参考書

7歳若返る健康法シリーズ(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

季節や月替わりで感じる健康不安を、「知識」「実践」「食事」の3つのレシピでスッキリ解消する健康の雑学書。専門家による詳しい知識と、辻学園の監修によるおいしい料理レシピであなたの健康づくりをサポートします。

写真 メタボ解消レシピ

vol.12
メタボ解消レシピ

 

TOP