スマ@ホーム システム活用術

子育て編

子どもの成長にあわせて長く使える「見守りカメラ」 スマ@ホーム システムで「家の中の赤ちゃん・留守中の子どもの見守り」はじめてみませんか? 子どもの成長にあわせて長く使える「見守りカメラ」 スマ@ホーム システムで「家の中の赤ちゃん・留守中の子どもの見守り」はじめてみませんか?

赤ちゃんから目を離してしまうとき・・・みんなどうしてるの?

赤ちゃんから目を離さないのが育児の原則。
でも24時間一瞬たりとも目を離さずに過ごすのは現実的ではありません。
赤ちゃんから目を離さないといけない時のお悩みを4人のママに聞いてみました。

家事や上の子のお世話のため赤ちゃんから目を離したすきにヒヤリとした経験はありますか?

高橋ママ

リビングで娘を遊ばせていたとき、のどが渇いたので冷蔵庫に飲み物を取りに行って戻ってきたら、娘が犬のトイレの上に座っていてびっくり! 犬をしかってしまいました・・・。

神尾ママ

少しの間だから大丈夫だと思ってソファに寝かせてトイレに行っている間に、ソファから落ちそうになっていてヒヤリとしたことが。動かないだろうと過信してはいけないですね。

緒方ママ

寝室の隣の部屋で洗濯物をたたんでいたら物音がして。 寝室にいったら手に延長コードを持って一人遊びをしていて。 万が一首に延長コードが引っかかってしまったらと思うとゾッとします。

伊原ママ

私は息子がぐっすり昼寝をしていたので、そのすきに自宅の目の前のポストに郵便を出しに行ったことがあるんです。でも、その数秒間に目がさめて、大泣き!

そんなママ4人に、家の中の離れたところから赤ちゃんや子どもの様子を見守れるスマ@ホーム システムを紹介! どんな時に使ってみたいか聞いてみました!

CASE 1 1階と2階、別々に過ごすとき寝ている赤ちゃんのそばにカメラを置いて…

家事や入浴中、スマホで赤ちゃんの様子を確認。
泣き声が聞こえない場所でも目を覚ました事にすぐ気づくことができます。

1階と2階、別々に過ごすときに便利

2階の寝室で娘を寝かせつけたあと、私がリビングのある1階に行ってしまうと、娘の様子がよくわからないので、ぐっすり寝ていると思っていても不安なことが。 これなら、1階にいても2階で寝ている様子が確認できますね。

夜泣きにすぐ気づけそう!

寝かしつけのあとに息子たちの様子を見るのに使ってみたい! 泣いていると思って寝室に行くと空耳だったり、逆に本当に泣いているときにすぐ気づけなかったり。。 スマホで様子を見守れたら、便利そうですよね。

  • スマホで赤ちゃんの様子をチェックできます。
  • マイク機能で離れた場所でも赤ちゃんの泣き声に気づくことができます。

CASE 2 昼間のお掃除や洗濯の間にお昼寝中の赤ちゃんの様子をチェック

赤ちゃんがお昼寝中に音センサーを設定して掃除や洗濯。
赤ちゃんが泣いたらスマホにお知らせ。
掃除機や洗濯機の音で泣き声に気づかない時にも便利です。

カメラを移動できるので便利

寝ている間に家事を済ませることが多いので、その様子を見守るのに使ってみたいです。昼寝中はリビングに置き、就寝後は寝室に置くなど、息子のいる場所に合わせてカメラを簡単に移動できるところが便利!

声をかけられるところがいい!

自宅の前でお姉ちゃんの幼稚園の送迎バスを待つとき、娘がベビーベッドで昼寝中だとあえて起こさずに外にでることが。「起きるんじゃないか」と気が気じゃないので、スマホで様子を確認できて、もし起きてしまった時には声をかけながら駆けつけてあげられるといいですよね!

  • 音センサーで赤ちゃんの泣き声をスマホにお知らせ。
  • コンパクトでどこにでも簡単に設置。
  • スマホから赤ちゃんに声をかけることも。

CASE 3 成長した子どもの見守りにも

カメラは簡単に移動することができるので、子どもの成長にあわせて、
いろいろな場所に設置してコミュニケーションできます。

玄関に設置して・・・

子どもの帰宅、お出かけをスマートフォンにお知らせ。
不審な訪問者への対策など、お留守番中の困った時に会話ができます。

リビングに設置して…

お留守番中の子どもの様子を確認したり、
カメラに内蔵しているスピーカーやマイクを通してコミュニケーションをとることもできます。

子ども部屋に設置して…

お仕事先から子どもの宿題をみてあげるなど、外出先から学習のお手伝いができます。
2階や離れた場所の子供部屋への呼びかけにも便利。

息子が成長しても長く使えそう

息子が小学生、中学生になっても便利そう! 私が買い物などで外出中に息子が帰宅しても、スマホで見守っていればすぐわかるし「すぐ帰るから宿題をしてね!」な~んて会話にも使えそうで便利ですね!

スマ@ホーム システムで
「家の中の赤ちゃん・子どもの見守り」
はじめてみませんか?

> 屋内カメラ 紹介ページ

スマ@ホーム システム活用術

・本システムは侵入や盗難などを防止することを目的とした製品ではありません。これによる事件・事故および損害の発生などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本システムのカメラは育児や介護、医療等の専用監視用ではありません。これらを目的とした製品利用の結果生じた事件・事故および損害などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本システムは無線通信を利用した商品であるため、混信や干渉により意図どおりに機能を使用できないことがあります。これによる事件・事故および損害の発生などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。