スマ@ホーム システム活用術

ペットの留守番ケア編

お留守番中に愛犬がいい子にしているか心配で…。
もしストレスを感じていたらなんとかしてあげたいけど、どうしたらいいの?

愛するペットの健康、ストレス軽減のためには遠隔留守番ケアが重要です。

ペットにとって飼い主は数少ない大切なコミュニケーション相手。
飼い主と会えない留守番の時間は不安、ストレス、寂しさでいっぱいです。

愛するペットのための “遠隔留守番ケア”ポイントは3つ

CARE 1.遠隔見守り CARE 1.遠隔見守り

留守中の状態を観察することがペットケアの第1歩

  スマ@ホーム システムで「遠隔見守り」 屋内カメラで留守中の愛犬の様子を観察。 問題があれば対策をうつことができます。 、屋内カメラで留守中の愛犬の様子を観察。問題があれば対策をうつことができます。   スマ@ホーム システムで「遠隔見守り」 屋内カメラで留守中の愛犬の様子を観察。 問題があれば対策をうつことができます。 、屋内カメラで留守中の愛犬の様子を観察。問題があれば対策をうつことができます。

ペットの様子が普段と違ったら要注意

症状 原因 対策
ぐったりしている
(舌を出してハァハァしている)
暑すぎる
・場所を変える
・室温を適温に保つ
CARE2 遠隔温度管理をチェック!
丸くなって動かない 寒すぎる
・場所を変える
・室温を適温に保つ
ほえる、歩き回る ストレス、
不安、警戒
・散歩の量を増やす
・テレビや音楽をつけっぱなしにする
CARE3 遠隔コミュニケーションをチェック!
食欲がない 病気など ・動物病院に相談する

ペットは思わぬ行動を起こし、それは命にかかわる事故にもなりかねません。外出先からペットの行動を把握出来ることは、安全管理につながりますね。

CARE 2.遠隔温度管理 CARE 2.遠隔温度管理

留守中の部屋の温度をチェック・管理

スマ@ホーム システムで「遠隔温度管理」 温度センサーで室温をチェック。カメラ周辺の温度が設定範囲外になったときにスマホに通知することもできます。 スマ@ホーム システムで「遠隔温度管理」 温度センサーで室温をチェック。カメラ周辺の温度が設定範囲外になったときにスマホに通知することもできます。

温度による不快の目安は25℃以上/5℃以下
特に子犬、老犬は温度管理が重要

留守中の部屋が急に暑くなったり寒くなったりすることも。
年齢や犬の体調にあわせて温度管理はきめ細かくする必要があります。

猛暑の季節に要注意!ペットの熱中症対策

犬や猫は人間のように発汗による体温調節があまりできません。
そのため人間よりも高温多湿の環境に弱く、熱中症になりやすいといえます。

【対策】

  • 急な温度変化には、遠隔操作のエアコンなどで対応
  • チェックした温度に合わせてエアコンの設定を調整
  • 温度に応じてサークルやケージに毛布をかける、服を着せる

ペットは気温の変化にとても敏感。特に猛暑の際などの停電には注意が必要です。設定範囲外の気温になった時に知らせてくれる機能は素晴らしいですね。

CARE 3.遠隔コミュニケーション CARE 3.遠隔コミュニケーション

外出先から留守番中の犬とコミュニケーション

スマ@ホーム システムで「遠隔コミュニケーション」 マイク機能を使って離れたところからでも ペットとコミュニケーション スマ@ホーム システムで「遠隔コミュニケーション」 マイク機能を使って離れたところからでも ペットとコミュニケーション

飼い主と会えない留守番の時間は、
不安、ストレス、寂しさでいっぱいに。

【対策1】

外出先から話かけて、寂しさをやわらげてあげましょう。

声をかけたり、ほめてあげたりすれば寂しさがやわらぎます。
外出先からでもできる大切なコミュニケーションです。

【対策2】

外出先からの声がけで望まない行動を抑止することも。

間違った行動をしたときの言葉を普段から決めておき、外出先からカメラ越しにすかさず声がけ。望まない行動への対策として有効です。

ストップ!

カメラに内蔵のマイクで室内の様子をチェック。
無駄吠えをしているようであれば、外出先から声をかけてあげてください。

ダメだよ!

入ってはいけない場所にカメラを設置。
人感センサーへの反応がスマホにお知らせされたら、すぐに注意しましょう。

※ 事前の充分なトレーニングが必要です。またペットの性格や個体差によります。

お留守番の時に、ペットにとって唯一の家族であるあなたの声が聴けたなら、ペットにとってはとても幸せで安心できることでしょう。また、声掛けすることで望まない行動の抑止にもつながります。

ペットとより良い関係を築くためには、毎日向き合うことが大切です。このスマ@ホーム システムは、はじめての方も使いやすく、ペットとの絆がより深まる素晴らしいカメラですね。

スマ@ホーム システムで簡単・手軽に
「愛するペットの遠隔留守番ケア」
はじめてみませんか?

> 屋内カメラ 紹介ページ

スマ@ホーム システム活用術

・本システムは侵入や盗難などを防止することを目的とした製品ではありません。これによる事件・事故および損害の発生などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本システムのカメラは育児や介護、医療等の専用監視用ではありません。これらを目的とした製品利用の結果生じた事件・事故および損害などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本システムは無線通信を利用した商品であるため、混信や干渉により意図どおりに機能を使用できないことがあります。これによる事件・事故および損害の発生などについて、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。