スマ@ホーム 愛犬との絆を もっと深める プロジェクト 愛犬家 座談会 スマ@ホーム 愛犬との絆を もっと深める プロジェクト 愛犬家 座談会

愛犬家 座談会:愛犬と離れて過ごす時間、みんなどうしてる?

大切なペットと離れて過ごす時間は飼い主もペットも寂しくて不安なもの。ペットを遠くから見守ることができる「スマ@ホーム システム」で少しでも楽しく、安心した時間にしてほしいと考え、5名の愛犬家のみなさんに集まっていただきました。 どんな悩みを抱えているのか、どんな解決法があるのか、ドッグトレーナーの遠藤和博さんと一緒に考えてみました。

お集まりいただいたみなさん/左から : 安部昌子さん、織田亜衣さん、長香織さん、村上さん、福岡知里さん、ドッグトレーナー 遠藤和博さん(JKC公認訓練士 遠藤ドッグトレーニング代表)

Chapter 01 「お留守番の時、お部屋が 暑くなっていないか心配…」

子犬や老犬と暮らす愛犬家には部屋の温度変化はやはり気になりますよね。早速、遠藤さんから適切なアドバイスが。

司会者:本日は愛犬と離れて過ごす時間のお悩みや、しつけに関するお悩みを「スマ@ホーム システム」で改善できないかと考え、愛犬家のみなさんに集まっていただきました。早速ですが、愛犬と離れて過ごす時間、どんなお悩みをお持ちか聞かせていただけますか?

長さん:3匹のうち一番下の子が仔犬なのでお留守番時のお部屋の温度が高くなったらどうしようと、気になっています。

遠藤さん:部屋の温度が25度以上になると仔犬や老犬にとっては負担になりますね。年齢や犬の体調にあわせて温度管理はきめ細かくする必要があります。

安部さん:夏場なんかはこわいですね。

遠藤さん:そうですね。猛暑の際などの停電には特に注意する必要があります。
「スマ@ホーム システム」があれば、あらかじめ設定した温度を超えると、スマホに通知が来るように設定できるので心強いですよ。

長さん:すごーい!それは安心。

遠藤さん:暑さ寒さだけでなく、スマホを通じてリアルタイムな動きも観察できるので、愛犬の今抱えている問題の解決策や予防策を練るのに有効ですよ。

長香織さん 3匹のトイプードル「キラ、らむね、わたあめ」の飼い主さま

福岡さん:うちの場合、普段は仲の良い6匹ですがリビングで仲良くしているか気になります。私が出かける前に入っていたハウスと、帰宅後に入っているハウスが違うので、どうやら私がいない間にハウスを交換しているみたいなんです。
どのように交換しているの? 交換する時にケンカしていていない? と気になります。

織田さん:どうぞどうぞと譲り合っているのでしょうかね(笑)

遠藤さん:犬って上下関係があるから、上のワンちゃんが下のワンちゃんの居場所をとってしまってるかもしれませんね。

司会者:「スマ@ホーム システム」を使えば、ハウスを交換している様子を動画でチェックできますね。

遠藤さん:そうですね。そうやって実際の様子をチェックしてみて、ケンカしてるとか問題があれば、少し離してみるなど、対策を考えることができると思います。

Chapter 02 「家に帰ると愛犬がアレを食べてしまっていたみたいで…」

村上さん 5歳のトイプードル「ぽろり」の飼い主さま

「ホヤホヤしか食べない、カラカラは好きじゃない」という証言まで飛び出したこの話題。解決するにはどうやら少しテクニックがいるようですよ。

村上さん:うちの犬、うんちが好きで食べちゃうんですよね。帰宅時にうんちはないけれど線だけ残っていることがあって。ベットの上に置いてあることもあります。

織田さん:あるある!

長さん:ダメと言って止められるものでしょうか?

遠藤さん:できるかもしれませんが、トイレに来たこと自体を叱られたのだと思ってしまわないようにするのが大事です。うんちを食べた瞬間に叱らないといけない。

福岡さん:パクっとやるときに叱らないといけないんですね。
あ、このカメラでちょうど見ていたらダメって言えるね。でもず~っと見ていたら仕事ができない(笑)。

安部さん:うんうん。

司会者:カメラをトイレの近くに設置しておけば、センサーでワンちゃんがトイレに来た事を知らせてくれますよ。

村上さん:へー、すごいすごい。それならずっと見ていなくてもいいですね。

安部さん:どれぐらい置いていたら食べちゃうのかなあ?

福岡さん:私が見た経験ではホヤホヤしか食べないよ(笑) カラカラは好きじゃないみたい。

村上さん:子犬もすぐに食べちゃうよね。

福岡さん:食べられる前に処理するのが勝負の境目だよ!

Chapter 03 「ピンポーンの音でぎゃん吠えします…」

来客にぎゃん吠えするエピソードは多くの愛犬家の共通の悩みではないでしょうか? しかし遠藤さんの話では意外とシンプルな解決策があるようですよ。

福岡さん:玄関のピンポーンの音が鳴るとぎゃん吠えして、特に宅配便の方に厳しいです。クリーニング屋さんとか、玄関に入ってきてしばらくいる方には吠えないです。どうして宅配便の方は帰るまで吠え続るんでしょう?

遠藤さん:噛むも、飛びつくも、実は何かができていれば止められるんです。

福岡さん:安心してないから?

遠藤さん:もっとこう、しつけに関することです。すごく簡単。なんだと思いますか?
飼い主さんと犬の間にこれができていればこれが解決するというものです。

安部さん:え、なんだろう?

福岡さん:わからない、なんですか?

遠藤さん:もうちょっと考えてみてください。

村上さん:ピンポンが聞こえてないと思っているんじゃない?

福岡さん:私が? 鳴っているよ、と伝えてくれているということ? ウソ~ホントに?

福岡知里さん 6匹(6歳〜11歳)のチワワ「ケンシロウ、たんが、るんな、おんぷ、りんく、てぃんく」の飼い主さま

遠藤さん:何かができていれば止められるんです。すごく簡単なことです。

長さん:「待て」?

遠藤さん:そうなんです。なんだ「待て」か、と思うかもしれませんが。
効果的なしつけの方法を取り入れないといけないのですが、「待て」がちゃんとできれば解決するんです。

福岡さん:そっか。うちの子は「待て」ができていると思っていたんですが、実はできていなかったのか。

安部さん:私も思ってた。

司会者:不在時にワンちゃんが何かイタズラをしたときなど、「スマ@ホーム システム」で遠隔から「待て」はできるのでしょうか?

遠藤さん:通常の状態でしっかり「待て」ができていることが前提ですが、しつけをすればできると思いますよ。あと、その状態で「待て」ができれば、本当に危険な場面でも犬の行動を抑止することができると思います。

一同:なるほど~

織田さん:しつけについては私も悩みが…。トイレがいつもズレるのでトイレの横にトイレシートを置くようにしてますが、それでもズレてしまって床が変色してきました。どうすればいいのかいつも悩んでいます。トイレを置くじゃないですか、その横にシートを敷いているんですが、、

遠藤さん:そうすると今度はシートの端で気張るんですね?

織田さん:そうなんですよ!

安部さん:うちもそうだわ。

織田さん:なんでなんですかね?

遠藤さん:なんでなんですかね~

安部さん:シートに足だけ乗って、おしりは出てるから~。

遠藤さん:え、ここでしちゃうのみたいな。

織田さん:ゲージを入れて、ゲージの中にトイレを置いたほうがいいんでしょうか?

遠藤さん:う~ん。これをすれば確実に治るというのは難しいですね。いくつかの方法を試してみる必要があると思います。シーツや新聞を敷いてみたり、あと、人工芝に敷いてみたら上手くいったりと、色々なケースがあります。
少し話は逸れますが、外でしかうんちをしない子に家の中でさせたいときは、おしりに綿棒を刺すと絶対にしますね。

村上さん:やだー。 さしっぱなしですか?

遠藤さん:そうです。

織田さん:きゃー

長さん:かわいそう~

福岡さん:お座りして入っちゃったということはないですか?

遠藤さん:まずないです。 それ以降、家のなかでするようになった、という事が結構あります。

安部さん:そうなんだー。

Chapter 04 「万が一のことが起きたらピピピと病院にお知らせが届く機能がほしいです」

織田亜衣さん 3歳9ヶ月のトイプードル「ビッキー」の飼い主さま

「スマ@ホーム システム」に今後期待する機能はどんなものか、初めて商品を手にとった愛犬家のみなさんで情報交換。「それほしい!」「いいね!」といった声が飛び交い、みんながほしい未来の愛犬との生活を思い描きました。

司会者:今お手元に「スマ@ホーム システム」がありますが、こんな機能が欲しいといったご要望はありますか?

福岡さん:発作とかが起きたらピピピと病院にお知らせが届く機能とかほしいです。

長さん:それいいね!

村上さん:うちの犬もてんかんの持病があるのでその機能があったらうれしいです。

安部さん:家の中では放し飼いなので、カメラの首振り機能がほしいな。

織田さん:それほしい!

遠藤さん:僕はやっぱり、外出先からでも愛犬が喜んでいる姿が見れる機能がいいなと思いますね。

Chapter 05 「おうちでどういうふうに過ごしているのか見てみたい!」

もしかして、私が家にいないときは性格が違っていたらどうしよう?

遠藤さん:「しつけ」や「ケア」というわけでは無いんですが、「スマ@ホーム システム」を使って、外出先から「おすわり」とかができると単純にうれしいですよ。

織田さん:うんうん。

村上さん:私が留守中に、いつもいないところでくつろいでいるかもしれない。このカメラがあればシャッターチャンスかも。

長さん:外出先から写真が撮れるのはいいね!

織田さん:寝てるところ撮りたい!どんな顔してるんだろう?

安部さん:おうちの中で自由に動けるように放し飼いしているから、どういうふうに過ごしているか見てみたいね。

福岡さん:くっついているかもしれないし、すっごい離れて寝ているかもしれないし。それが見れたらいいなあ。

長さん:私のいる前と性格が変わっていたりして!

織田さん:落ち着かずにそわそわしている様子が見れるかも!

安部さん:留守中にどんなところで寝ているのかもチェックしてみたいです。

織田さん:実際に使ってみるのが楽しみです!

司会者:これから「スマ@ホーム システム」をみなさんにお渡しますので、しばらくご自宅で色々と使っていただければと思います。
飼い主のみなさま、遠藤さん、本日はありがとうございました!

安部昌子さん 3歳と6歳のヨークシャテリア「こつぶ、りんご」の飼い主さま

今回の座談会では、飼い主さんならではの悩みやアイデアを聞くことができました!
ワンちゃんの抱える課題は「これをすれば解決」という単純なものばかりではありません。
まずは原因を探り、色々な解決策を試してみることが大切です。
座談会で出てきた悩みを解決し、飼い主さんとワンちゃんがより良い関係を築けるよう、全力でサポートしたいと思います!

スマ@ホーム システムで簡単・手軽に
「愛するペットの遠隔留守番ケア」
はじめてみませんか?

  • 左右360°、上下約90°を見渡せる首振り機能
  • 撮影位置を4カ所まで登録
  • センサーが検知するとスマートフォンにお知らせ
     

NEW 屋内スイングカメラ KX-HC600K-W
> 屋内スイングカメラ 紹介ページ