パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 換気扇 > 浴室換気乾燥機

浴室換気乾燥機

浴室換気乾燥機が快適なバスライフと浴室の有効活用をお手伝いします。

1台で4役。快適なバスライフと浴室の有効活用をお手伝いします。

  • 予備暖房機能

    浴室の入浴時のヒンヤリ感を緩和するために、入浴前に浴室を暖めておく機能です。入浴前に運転をし、入浴時には停止して下さい。※入浴時に運転すると送風が肌に当たり、寒さを感じます。

  • 浴室換気機能

    浴室使用後の水滴や湿気を排出し、カビの発生やいやなニオイを防止。
    ※入浴後に運転して下さい。入浴中に運転すると結露が滴下することがあります。

  • 衣類乾燥機能

    冬期や梅雨時、また市街地等、屋外で洗たく物を干せない場合に浴室の遊休時間を利用できます。洗たく物がしわになりにくく、花粉やホコリも付かずに清潔に乾燥できます。

  • 涼風機能

    夏の入浴やお掃除時の暑さ対策に、爽やかな涼風感。浴室を素早く換気。

中高年の入浴事故は冬場が多いといわれています。少しでも冬場の入浴を安心して快適にするために。

  • 浴室や脱衣所を暖める。

    給湯をシャワーで行い、蒸気で温かくしたり、予備暖房機能や入浴暖房機能で、浴室内を少し温めておくことが有効です。

  • お湯の温度はあまり熱くせず長湯をしない。

    38℃から40℃のお湯で、20分くらいが理想です。浴槽にいきなり肩までつかってしまうのではなく、かけ湯や半身浴を組み合わせ、ときどき肩までつかったり、寒ければタオルなどをかけて。

  • 高齢者になるとお風呂には注意を要する

  • 第1種換気方式をおすすめします。