パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 電球/蛍光灯 > これからのLED電球の正しい選び方

これからのLED電球の正しい選び方

これからのLED電球の正しい選び方 LED電球の明るさの基準は、ルーメン(lm)で統一されました! 今まで、LED電球の性能表示などがメーカー間で統一されていませんでした。そこで、LED電球を正しい基準で選ぶために(社)日本電球工業会ガイドラインが誕生。もう迷わない、LED電球の選び方5つのポイントを紹介します。


  • ポイント1 明るさ「ルーメン(lm)」値をチェック
  • ポイント2 口金のサイズをチェック
  • ポイント3 光の色と角度で選ぶ
  • ポイント4 使用する器具をチェック
  • ポイント5 断熱材施工器具かをチェック

ポイント1 明るさ「ルーメン(lm)」値をチェック

ポイント1 明るさ「ルーメン(lm)」値をチェック

明るさを選ぶ指標として、従来の○形相当から、ルーメン(lm)の表記となりました。ルーメン(lm)とは、全ての方向に放射される光の量を表すもので、数値が高いほど明るくなります。

ルーメン(lm)の数値が高いほど明るいのね。


パッケージからルーメン(lm)を確認してください

パッケージに数値が書いてあるんだね。

例えば、LDA9D-H(昼光色相当) の数値は、825ルーメンで、電球60W形相当の明るさです。

例えば、LDA6D-E17(昼光色相当) の数値は、480ルーメンで、小形電球40W形相当の明るさです。



LED電球に買い換える際、明るさの目安として、ご参考ください

一般電球タイプ E26口金 (口金については、下記のポイント2をご参照ください) 光の量(全光束※1) ルーメン(lm)とはランプから出る光量を示す単位で、数値が大きいほど明るくなります (口金については、下記のポイント2をご参照ください)

小型電球タイプ E17口金 (口金については、下記のポイント2をご参照ください) 光の量(全光束※1) ルーメン(lm)とはランプから出る光量を示す単位で、数値が大きいほど明るくなります (口金については、下記のポイント2をご参照ください)

※1
すべての方向へ放射される光の量

※2
2011年11月15日現在、パナソニックは製品化しておりません

調光(明るさが調節できる)機能の付いた器具には使用できません。100%点灯でも使用不可

使用器具の種類によって使用できない場合があります。浴室等水滴のかかる場所では、必ず防湿器具でご使用ください


  • こちらからプリントアウトして、店舗でご活用ください PDF 204KB[新規ウィンドウまたはタブで開く]

ポイント2 口金のサイズをチェック

ポイント2 口金のサイズをチェック

口金の大きさはおおきく2種類。取り付け口に合わせたサイズを選んでください。

下記の赤い○の部分を口金といいます

26mmの一般電球 E26口金のLED電球をお選びください。

17mmのミニクリプトン電球など 電球 E17口金のLED電球をお選びください。


ポイント3 光の色と角度で選ぶ

ポイント3 光の色と角度で選ぶ

光の色について

おうちの部屋によって明るさや色味を変えるのがおすすめです。「昼光色相当」「昼白色相当」と「電球色相当」の3タイプがあります。



光の角度について

断熱材施工器具かをチェック

  • 一般電球タイプ 全方向タイプはこちら
  • 一般電球タイプはこちら
  • 小形電球タイプはこちら
  • 小形電球タイプ 斜め取付け専用はこちら

※2
使用シーンはイメージです

※3
断熱材施工器具(SGI、SG、SB形表示器具)にはご使用できません


ポイント4 使用する器具をチェック

ポイント4 使用する器具をチェック

密閉型器具の場合

密閉型器具とは、セードなどでランプを覆っており、外側からランプが見えない器具。パナソニックのLED電球はすべて密閉型器具で使用できます。※1

※1
使用器具の種類によって使用できない場合があります。浴室等水滴のかかる場所では、必ず防湿器具でご使用ください

調光器対応※2タイプの場合

調光(明るさが調節できる)機能が付いた器具には調光器対応※2タイプのLED電球をお使いください。調光(明るさが調節できる)機能が付いた器具に一般のLED電球を付けると、破損・発煙・短寿命の原因となります。


商品パッケージをご確認ください

調光(明るさが調整できる)器具には、
使用できません。


調光器対応タイプ※2


※2
断熱材施工器具(SGI、SG、SB形表示器具)にはご使用できません


ポイント5 断熱材施工器具かをチェック

ポイント5 断熱材施工器具かをチェック

断熱材施工器具とは?

建物の防音および省エネルギー対策のため、断熱材を天井などに敷きつめる場合がありますが、そのような器具内温度が高温になる環境下でも施工可能な照明器具を断熱材施工器具といいます。

断熱材施工器具には、SGI、SG、SBの表記があります。

一般のLED電球は、断熱材施工器具(SGI、SG、SB形表示器具)では使用できません。パナソニックでは、業界初、断熱材施工器具への対応を実現しました。

SG

パナソニックだけ!断熱材施工器具には、SGI、SG、SBの表記があります。商品パッケージをご確認ください。



  • こちらからプリントアウトして、店舗でご活用ください PDF 320KB[新規ウィンドウまたはタブで開く]

  • 電球/蛍光灯トップ