おすすめの畳数設定について

明るさと畳数の関係 明るさと畳数の関係
「適用畳数」の表示基準

「適正畳数」の表示基準(おすすめ畳数は、天井高さ2400mm、1畳の広さ1820mm×910mmの条件下での数値です。)
●「適用畳数」は、居間・応接室・寝室などの居室の全般照明に使用する器具に表示しています。
●この表はあくまでも目安です。セードのデザインや材質によっては異なる場合があります。詳しくは各商品の仕様にある畳数表示をご参照ください。
●高齢者の方には、実際のお部屋の畳数値より1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。またお部屋の内装色は濃い場合にも、1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。

この表は、一般社団法人 日本照明工業会「ガイド121-2011:住宅カタログにおける適用畳数表示基準」をもとに作成したものです。