パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 照明器具 > LED照明 > 商品ラインナップ > パネルシリーズ AIR PANEL LED 1枚パネルタイプ スタンダードモデル

パナソニック LED電球

  • シーリングライト
  • LED電球
  • LED特集コンテンツ
  • TOP
  • 商品ラインナップ
  • くらしを便利にするあかり
  • くらしを豊かにするあかり
  • 目覚めあかり
  • TOP
  • 商品ラインナップ
  • くらしを便利にするあかり
  • くらしを豊かにするあかり
  • 目覚めあかり

パネルシリーズ
AIR PANEL LED1枚パネルタイプ
スタンダードモデル

1枚パネルタイプ スタンダードモデル

搭載しているあかりのシーン

  • 普段

搭載している便利な機能

  • 光拡散レンズ
  • 文字くっきり光
  • おまかせモード※1
  • るすばんタイマー※1
  • おやすみタイマー※1
  • 5年保証
  • LINK STYLE LED※2

※1 HH-XCB1283A、0883Aは除く
※2 HH-XCB1283A、0883Aのみ
● HH-XCB1283A、0883Aは「おやすみナビ」アプリで「目覚めのあかり」が使用できます。

搭載しているあかりのシーン

普段のあかり

普段のあかり 昼光色

普段のあかり

普段のあかり 電球色

全灯(文字くっきり光)

全灯(文字くっきり光)

センター光のみ

センター光のみ

※光色は、電球色のみ

パネル光のみ

パネル光のみ

※光色は、電球色のみ

常夜灯

常夜灯

写真はイメージです。
ご使用の環境により色味や雰囲気は異なります。

リモコン解説

HK9800MM

専用リモコン
HK9800MM

明るさ・色を調整

「AIR PANEL LED」1枚タイプ スタンダードモデル ラインナップ表

スタンダードモデル

文字くっきり光

調色タイプ

全灯(文字くっきり光)の場合

ネムロウ

HH-CB1480A

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~14畳

固有エネルギー消費効率
115lm/W(6099lm・53W)

HH-CB1280A

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~12畳

固有エネルギー消費効率
111lm/W(5499lm・49.5W)

HH-CB1080A

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~10畳

固有エネルギー消費効率
111.3lm/W(4899lm・44W)

HH-CB0880A

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~8畳

固有エネルギー消費効率
110.2lm/W(4299lm・39W)

Bluetooth®搭載シリーズ
「LINK STYLE LED」

LINK STYLE LED

文字くっきり光

調色タイプ

全灯(文字くっきり光)の場合

ネムロウ

HH-XCB1283ANEW

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~12畳

固有エネルギー消費効率
111lm/W(5499lm・49.5W)

HH-XCB0883ANEW

オープン価格※

調色タイプLED常夜灯

~8畳

固有エネルギー消費効率
110.2lm/W(4299lm・39W)

Bluetooth®搭載シリーズ「LINK STYLE LED」

※ オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

LINK STYLE LED

AIR PANEL LEDが実現したインテリアになるあかり。

● Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標および商号は、それぞれの所有者に帰属します。

エネルギー消費効率の定義について

蛍光灯照明器具の場合

省エネ法に従い、周囲温度25℃に近い状態でのエネルギー消費効率の数値を表記しています。

蛍光灯照明器具のエネルギー消費効率 = 消費電力 / 蛍光灯照明器具に装着する蛍光ランプの全光束

※1 蛍光灯照明器具に装着する蛍光ランプの全光束は、蛍光ランプ単体の全光束値に安定器出力係数及び温度補正係数を乗じて得た数値です。

LED照明器具の場合

(一社)日本照明器具工業会規格に従い、周囲温度25℃に近い状態での固有エネルギー消費効率の数値を表記しています。

LED照明器具のエネルギー消費効率 = 消費電力 / 照明器具から放出される初光束

上記の通り、エネルギー消費効率の算出式が異なるため、蛍光灯照明器具のエネルギー消費効率とLED照明器具の固有エネルギー消費効率の値を、そのまま比較することのないように注意することが必要です。