パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 照明器具 > LED照明 > LEDシーリングライトの選び方

  • LED電球
  • LEDシーリングライト LEDペンダント
  • 特集

LEDシーリングライト

LEDシーリングライトの選び方

point1

明るさ「ルーメン(lm)」をチェック!

お部屋の畳数に合った明るさを選びましょう!

適用畳数ランクごとの定格光束の範囲「ルーメン(lm)」 ・〜6畳:2,700〜3,700ルーメン(lm) ・〜8畳:3,300〜4,300ルーメン(lm) ・〜10畳:3,900〜4,900ルーメン(lm) ・〜12畳:4,500〜5,500ルーメン(lm) ・〜14畳:5,100〜6,100ルーメン(lm) ・〜18畳(当社独自基準):7,000ルーメン(lm) ※ルーメン(lm)は、放射される光の総量を表し、数値が大きいほど明るくなります。

(一社)日本照明器具工業会ガイド121:2011 による。

  • ● 適用畳数は、部屋中央に1灯使用した場合の床面における水平面照度が、75〜150ルクス確保できる部屋の広さを畳数で表したものです。
  • ● 器具のデザインも明るさの効率を左右します。例えば下面開放型の器具は、乳白カバーの器具よりも約10〜30%明るめになります。
  • ● 高齢者の方には、若年者の約1.5倍の明るさが必要です。ただしトイレではかえってまぶしく感じやすいため、逆に明るさを抑える必要があります。
  • ● ペンダントは吊り下げ高さで明るさが変わります。例えば全高40cmの位置では天井直付状態より約10%明るめになります。

高齢者の方には、
実際のお部屋の畳数値より1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。
また、お部屋の内装色が濃い場合にも、1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。

point2

あかりのタイプをチェック!

あかりの色や明るさ、照らし方の組み合わせでお部屋を素敵に演出することができます。お部屋にぴったりのあかりタイプを選びましょう。

器具別のシーン切り替え機能

リビングにオススメ!

寝室や子供部屋にオススメ!

様々なお部屋に

パターン1
  • すっきり

    すっきり
  • くつろぎ

    くつろぎ
  • 勉強(文字くっきり光)

    勉強(文字くっきり光)
  • シアター

    シアター
  • 普段

    普段 (写真は昼光色)
パターン2
  • くつろぎ

    くつろぎ
  • 勉強

    勉強
  • シアター

    シアター
  • 普段

    普段 (写真は昼光色)
パターン3
  • 暖かい色

    暖かい色
  • 全灯(文字くっきり光)

    全灯(文字くっきり光)
  • 白い色

    白い色
  • 普段

    普段 (写真は昼光色)
パターン4
  • くつろぎ

    くつろぎ
  • 普段

    普段 (写真は昼光色)
  • 快適お目覚め

    快適お目覚め
パターン5
  • 暖かい色

    暖かい色
  • 全灯

    全灯
  • 白い色

    白い色
  • 普段

    普段 (写真は昼光色)

    ※色や明るさを変えられます。
    HH-LC564N・464Nは色のみ変えられます。

point3

その他の機能をチェック!

エコナビやキレイコート等、他にも生活をより快適で便利にする機能を搭載しています。

お部屋の広さと機能で選べるLEDシーリングライトのラインナップ一覧はこちら(PDF)