オフタイムアスリート×メンズグルーミング vol.1自転車オトコ

見出し:オフタイムアスリート×メンズグルーミング vol.1自転車オトコ 画像:複数人が列になってロードバイクに乗り走っている写真 見出し:オフタイムアスリート×メンズグルーミング vol.1自転車オトコ 画像:複数人が列になってロードバイクに乗り走っている写真

ロードバイクとメンズグルーミングの意外な関係

人気のオフタイムスポーツ、ロードバイク

近年、休日になると海岸沿いや山道を気持ちよさそうに走るロードバイク(スポーツ自転車)をよく見かける。景色を楽しみながら、ダイエットにもなるという事で愛好者も増加し続けているようだ。興味深く彼らを見ていると気になるのが、ムダなくアシの毛が剃られている点。服装もだぶつきが無く、全身がスタイリッシュに統一されている。その秘密を、湘南の「チーム・レッドシューズ」の皆さんに聞いてみた。

写真:ロードバイクで山道を走っている様子

ロードバイクはまず、身だしなみから!?

気の合う仲間たちで結成された「チーム・レッドシューズ」。自転車の素晴らしさを皆に伝え、マナー啓発や次世代への貢献をポリシーに大会出場や日々の練習に活動しているそうだ。三浦半島や箱根での練習後、楽しみはマグロ丼など海の幸や甘いソフトクリーム。そんな楽しそうな雰囲気ながら、練習日は距離にして120~160kmも走る本格派ホビーチームだ。

写真:複数人でそれぞれのロードバイクの横に並んでいる写真

「実は、身だしなみとロードバイクはとっても深い関係があるんです。」と、チームの岩切さんは言う。「まずウェア。気温の変化や風の抵抗に対応できる様に、かさばらず速乾性があり、だぶつきが少ないものを選んでいます。」「そんなスタイリッシュなウェアを着たら、アシもスタイリッシュに剃りたい。速そうに見えるには、何といっても見た目の美しさが大事です。大好きな愛車を、お気に入りのウェアでカッコよく乗りこなしたいですからね。」

写真:岩切さん

実は合理的!アシの毛を剃るワケ

「でも、実は見た目だけでアシの毛を剃っているワケじゃないんです。」と岩切さん。「ケガをした際にアシの毛が無い事でばんそうこうがピッタリ貼れます。また、長距離を走った後、重要なのはアシのケアです。マッサージの時にアシの毛がないと、オイルが馴染みやすく疲労回復にも役立っています。」「風の抵抗にも、多少は影響していると思います。毛を剃ってないと、毛がなびくのが分かりますからね。」
日常とは違う、独特なスタイルに抵抗を感じるライダーも居る様だ。「初めは私も恥ずかしかったです。」と笑う岩切さんだが、今やアシの毛を剃らずにロードバイクに乗るなんて考えられない事。長距離を走り続け、遠くに行ける――。ロードバイクの魅力を引き出すには、見落とせないポイントだ。

写真:脚

まるで自転車乗りのためのボディシェーバー

では、アシの毛を剃る際に重要な事は何だろうか?彼らがこだわる点は「短い時間で剃れること、痛くないこと、歯に毛が詰まらないこと。」の3つだ。そこで今回、ボディシェーバー「ER-GK40」をチームの高塚さんに試してもらった。

「わっ、滑らかですね!」普段はT字カミソリでアシの毛を剃っている高塚さんの、第一声だ。「水で濡らすだけでも滑らかですし、泡立てると一層しっとりして、楽に剃れます。全然痛くないし、むしろ気持ちいいくらいです。」

「まずコンパクトなのが良い。レースや大会で遠征も多いから持ち運びに便利ですね。充電も置くだけだから、手間が無い。」特にシェーバーの形状については、剃る時にもポイントとなる。「細くて軽いから、剃る時も持ちやすいんです。凹凸があるヒザや、見づらく手が届きにくいふくらはぎの裏も、どんどん剃れて短時間で仕上がります。」自転車乗りを悩ませてきた難所も、みるみるキレイになっていった。

写真:ボディシェーバー「ER-GK40」を使ってアシの毛を剃る様子

もう一点、高塚さんが気に入ったのはウォータースルー洗浄機能だ。「アシの毛が長いと、どうしても刃が詰まってしまい何度も何度も洗わないといけない。洗浄は楽ならば楽なほど良い。その点、これは本体上部のシャッターを開けて水洗いするウォータースルー洗浄なのでカンタン。面倒に感じていた毛の処理が、何倍も楽に感じます。剃り忘れで、出発前にテンションが下がる事も無くなりそうです(笑)。」

画像:ボディシェーバーの本体上部のシャッターを開けて水洗いしているイメージ画像

趣味は「カッコよく」がキホン

ロードバイクは多様な道具を用いるスポーツ。話を聞けば聞くほど、小さなパーツ一つにまでこだわって選んでいるのがよく分かった。道具にこだわれば、また違った楽しみが見つかるのがロードバイク。彼らのこだわりポイントを参考に、ボディシェーバーにもこだわって自転車オトコに磨きをかけよう。

写真:複数人がロードバイクで走っている様子

コンパクトなのに高機能。こだわりのボディシェーバー「ER-GK40」

シェーバー、トリマーで剃る、整えるの「1台2役」。3、6、9mmの長さに整えられるアタッチメント付。刃をはずさず洗えるウォータースルー洗浄。

ボディシェーバー ER-GK40

詳しく見る

コンテンツ一覧

vol.1自転車オトコ

vol.2マラソンオトコ

vol.3水泳オトコ

vol.4剣道オトコ

vol.5フットサルオトコ

NEW vol.6自転車オトコ2