パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > ナノイー > 「ナノイー」とは

「ナノイー」とは 水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」「ナノイー」とは 水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」

「ナノイー」は、空気中の水分から生みだされる微粒子イオン。一般的なイオンと比べて
約6倍※1長もちで、広範囲に届きます。また、水分量はマイナスイオンの約1000倍※2(体積比)以上。
カビ菌★1やウイルス★2、ニオイ★3、アレル物質★4など目に見えない小さな不快の原因を抑制する力があります。
お肌と同じ弱酸性で、人に優しいイオンです。

★1 約6畳の試験室内での8時間後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。※3

★2 約6畳の試験室内での8時間後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。※4

★3 約6畳の試験室内での2時間後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。※5

★4 約6畳の試験室内での8時間後(花粉)、24時間後(ダニ)の効果であり、 実使用空間での効果ではありません。※6

パナソニックは、「ナノイー」の安全性を確認済みです。

「ナノイー」は、水に包まれた微粒子イオン。自然界にある水分からできているので安全です。下記の安全性試験データを取得済みです。

試験目的 試験名称 試験機関
染色体への影響 培養細胞を用いる
染色体異常試験
日本バイオアッセイ研究センター
〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉
呼吸器への影響 反復投与毒性試験 (株)生活科学研究所
〈原因究明機関ネットワーク登録機関〉
毒性学的影響および
発がん性への影響
慢性毒性・がん原性併合試験 (一財)食品薬品安全センター 秦野研究所
〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉
DNAへの影響 コメットアッセイ (一財)食品薬品安全センター
〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉
雌雄の生殖能力および
次世代児への影響
簡易生殖発生毒性試験 (一財)食品薬品安全センター
〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉

・日本バイオアッセイ研究センターはGLP*(優良試験所基準)に適合した試験施設です。

・(株)生活科学研究所は、原因究明機関ネットワーク**の登録機関です。

・(一財) 食品薬品安全センターはGLP* (優良試験所基準)に適合した試験施設です。

* GLPは、化学物質に対する各種安全性試験成績の信頼性を確保する事を目的とし、試験施設のGLP基準への適合性を確認し、試験成績の信頼性を確保するものです。

** 原因究明機関ネットワークは、経済産業省所管の独立行政法人製品評価技術基盤機構が事務局をしているネットワークです。

ページの先頭へ

「ナノイー」の由来

「ナノイー」は、私たちのまわりにごく普通に存在する「水」で包み込まれた、新しいイオンです。ナノテクノロジーの「nano」と電気を帯びたという単語「エレクトリック」の「e」とを合わせて名づけました。

nanoe=nano-technology(微細化技術 1nm=10億分の1m)+electric(電気を帯びた)

「ナノイー」のポイント

効果のもと「OHラジカル」が水に包まれているのがポイントです。

水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」

空気イオン(マイナスイオン)と「ナノイー」の違い

水(液体)と水蒸気(ガス)の境界は、3nm。「ナノイー」は「水」のイオンです。

空気イオン(マイナスイオン):マイナスの電荷を帯びた酸素に空気中の水分が、融合したもの。約1nm 「ナノイー」:電荷を帯びた水分子を微細粒子化したもの。約5〜20nm

ページの先頭へ

※1 空気イオンとの比較。【一般的な空気イオンの寿命】数十秒〜100秒。「ナノイー」の寿命】約600秒。(当社調べ)

※2 一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)と「ナノイー」(代表的な粒子径:13nm)との比較による。当社調べ。

※3 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で布に付着させたカビ菌で確認 【抑制の方法】 「ナノイー」発生装置を運転 【対象】付着したカビ菌(ススカビ) 【試験結果】8時間で効果確認 第13044083002-01号

※4 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】約6畳試験室内で布に付着させたウイルスで確認 【抑制の方法】 「ナノイー」発生装置を運転 【対象】付着した1種類のウイルス 【試験結果】8時間で99%抑制第13001265005-01号

※5 【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で6段階臭気強度表示法による検証 【抑制の方法】 「ナノイー」発生装置を運転 【対象】付着したタバコ臭 【試験結果】2 時間で臭気強度1.2低減 BAA33-130125-D01

※6 【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】 「ナノイー」発生装置を運転 【対象】付着した花粉のアレル物質 【試験結果】8時間で88%以上抑制 BAA33-130402-F01 【対象】付着したダニのアレル物質 【試験結果】 24時間で60%以上抑制 BAA33-130304-F04

実際の効果は、季節・周囲環境(温度・湿度)、使用時間、個人によって異なります。
「ナノイー」はウイルス等を抑制する機能はありますが、感染予防を保証するものではありません。