「ナノイーX」で日本全国の花粉を1年中抑制!

ナノイーXで日本全国の花粉を1年中抑制!タイトルビジュアルです。
2017年のスギ花粉飛散量は、平年の約4.4倍!※株式会社ウェザーニューズ2017年花粉飛散予想・前シーズン比(2016年12月7日発表)
「ナノイーX」技術 TVCM 花粉事実篇 30秒
今春のスギ花粉飛散量は平年の約4.4倍。暖かくなると飛散量が増えるメリハリ型。 今春のスギ花粉飛散量は平年の約4.4倍。暖かくなると飛散量が増えるメリハリ型。 今春のスギ花粉飛散量は平年の約4.4倍。暖かくなると飛散量が増えるメリハリ型。
2017年花粉飛散傾向予想(2016年比)の日本地図です。北海道は2倍。東北・関東は前年並みから2倍。中部は2倍から4倍。近畿は4倍から7倍。中国・四国は2倍から4倍。九州は2倍から7倍です。
飛散する花粉の種類を地域分けした日本地図です。北海道はカモガヤ・ハンノキ・ヨモギ・シラカンバ。四国はスギ・ヒノキ・カモガヤ・ハンノキ・ブタクサ・ヨモギ・ビャクシン・オリーブ。沖縄はモクマオウ・ススキ。その他の地域はスギ・ヒノキ・ハンノキ・ブタクサ・ヨモギ・オオアワガエリです。
ナノイーXなら日本全国の花粉を1年中抑制、実証済※ ナノイーXなら日本全国の花粉を1年中抑制、実証済※ ナノイーXなら日本全国の花粉を1年中抑制、実証済※

※実際の使用空間での実証結果ではありません。約6畳の試験室内での24時間での効果です。

様々な花粉の写真です。スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ススキ、シラカンバ、ヨモギ、オリーブ、ビャクシン、モクマオウ、ハンノキ、オオアワガエリ。 様々な花粉の写真です。スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ススキ、シラカンバ、ヨモギ、オリーブ、ビャクシン、モクマオウ、ハンノキ、オオアワガエリ。 様々な花粉の写真です。スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ススキ、シラカンバ、ヨモギ、オリーブ、ビャクシン、モクマオウ、ハンノキ、オオアワガエリ。
花粉の種類別、飛散時期カレンダーです。スギは1月~5月まで。ヒノキは3月~4月まで。カモガヤは4月~10月まで。ブタクサは8月~10月まで。ススキは8月~10月まで。シラカンバは4月~6月まで。ヨモギは8月~9月まで。オリーブは5月~6月まで。ビャクシンは4月~5月まで。モクマオウは4月~6月まで。ハンノキは1月~3月まで。オオアワガエリは5月~7月まで。 花粉の種類別、飛散時期カレンダーです。スギは1月~5月まで。ヒノキは3月~4月まで。カモガヤは4月~10月まで。ブタクサは8月~10月まで。ススキは8月~10月まで。シラカンバは4月~6月まで。ヨモギは8月~9月まで。オリーブは5月~6月まで。ビャクシンは4月~5月まで。モクマオウは4月~6月まで。ハンノキは1月~3月まで。オオアワガエリは5月~7月まで。 花粉の種類別、飛散時期カレンダーです。スギは1月~5月まで。ヒノキは3月~4月まで。カモガヤは4月~10月まで。ブタクサは8月~10月まで。ススキは8月~10月まで。シラカンバは4月~6月まで。ヨモギは8月~9月まで。オリーブは5月~6月まで。ビャクシンは4月~5月まで。モクマオウは4月~6月まで。ハンノキは1月~3月まで。オオアワガエリは5月~7月まで。

●花粉の飛散については、地域・年度によって異なります。
●複数の地域で飛散する花粉は関東地方を代表で記載しております。

ここがすごい「ナノイーX」

空気イオン(マイナスイオン)とナノイー・ナノイーXの水分量を比較したイメージ画像です。ナノイー・ナノイーXの水分量は、空気イオンの約1000倍※1
ナノイーとナノイーXのOHラジカル量を比較したイメージ画像です。ナノイーのOHラジカル量4800億個/秒※3に対し、ナノイーXは10倍※2の4兆8000億個/秒※4
空気イオン(マイナスイオン)とナノイー・ナノイーXの寿命を比較したイメージ画像です。空気イオンが100秒で消滅するのに対して、ナノイー・ナノイーXは600秒後まで残存。

花粉の抑制イメージ

ナノイーが繊維に付いた花粉に届く様子を表したイメージ画像です。
1.「ナノイー」が的確に花粉に届き。
OHラジカルが花粉に近付き効果を発揮している様子を表したイメージ画像です。
2. OHラジカルが花粉のタンパク質を変性。
花粉が無害化された様子を表したイメージ画像です。
3. 花粉を抑制。

「ナノイーX」搭載商品

「ナノイーX」搭載エアコン
「ナノイーX」搭載加湿空気清浄機

※1:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)と「ナノイー」(代表的な粒子径:13nm)との比較。(当社調べ)
※2:「ナノイー」:4,800億個/秒と、「ナノイーX」:4兆8,000億個/秒との比較。ESR法による測定。(当社調べ)
※3:2010年9月発売の加湿空気清浄機の「ナノイー」ユニット。ESR法による測定。
※4:2016年9月発売の加湿空気清浄機の「ナノイーX」ユニット。ESR法による測定。

実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。
「ナノイー」・「ナノイーX」はウイルス等を抑制する機能はありますが、感染予防を保証するものではありません。