パナソニック・ホーム 個人向けトップ > パソコン周辺機器 > PLCアダプター > コンセントLANの仕組み

コンセントLANの仕組み

  • コンセントLANとはPLCの新名称
  • 電力線を使って通信できる
  • HD-PLC方式を採用

コンセントLANとはPLC(電力線通信)の新名称

電力線通信といえば「PLC」というのが一般的な呼び方だったけど、もっと親しみやすくて、わかりやすい名前はないかなって考えたんだ。コンセントの先の電力線をLANケーブルのようにして通信するので、「コンセントLAN」と名付けたよ。これからはそう呼んでね。

電力線を使って通信できる

コンセントLANは壁の中の電力線にLANの信号をのせる技術で、離れたお部屋にあるパソコンやテレビをネットワークに接続できるよ。
「電力線を使って通信できる」のイラスト
左の動画を見てみてね。電力線をつたって データが流れていく様子が分かるよ。

パナソニックのコンセントLANは「HD-PLC」方式を採用

「HD−PLC」はパナソニックが開発した電力線通信の方式だよ。HD−PLC以外にも電力線通信の方式は存在するけど、日本では「HD−PLC」がシェア9割以上を確保しているよ。 (2011年6月現在。当社調べ) HD-PLCについて詳しくはこちら
使用上のご注意。必ずお読みください。

●電力線通信は、既存の電力線(屋内電気配線)を利用してデータ通信を行うため、他の電化製品に影響を与えたり、受けたりすることがあります。

  • PLCアダプターは以下の電化製品の電気ノイズ源となる場合があります。
    短波ラジオ/調光機能付き照明器具やタッチランプなど/「HD-PLC」規格を使用していないPLC製品/無線を利用した遠隔操縦機器/ワイヤレスマウス
  • PLCアダプターの電源プラグは壁のコンセントに直接差すことをおすすめします。
  • PLCアダプターをバックアップ電源装置(無停電電源装置(UPS)など)に接続しないでください。
  • PLCアダプターを接続するときは、雷サージ対応のテーブルタップ(OAタップ)に使用しないでください。

●電化製品には電気ノイズが発生するものがあり、電気ノイズが電力線を通ると、PLCアダプターの性能や通信速度に影響を与えることがあります。

  • 電気ノイズが発生しやすい電化製品には、PLC用ノイズフィルターを付けることをおすすめします。
  • 電気ノイズが発生しやすい電化製品は、例えば以下のようなものです。
    充電器(携帯電話の充電器を含む)、ACアダプター(モデム、ルーター、ノートパソコンなど)、調光機能付き照明機器、タッチランプ、インバータ機器、掃除機、ヘアードライヤー、ジューサーミキサー、電気ドリルなど

●電波法令により、PLCアダプターの使用は屋内に限定されています。

●PLCアダプターからの高周波信号が、医療機器に影響を及ぼすことがあり、誤動作による事故の原因になります。

●PLCアダプターはアマチュア無線、短波放送、航空無線、海上無線、電波を使用した天文観測などと同じ周波数を使用した高周波利用設備であり、これらの無線設備の近傍で使用した場合、これらの業務の妨害となる可能性があります。もし、継続的かつ重大な妨害の原因が本製品であると確認された場合は、電波法に基づき妨害を除去する必要な措置(全てのPLCアダプターを電源コンセントから抜くなど)をとることを総務大臣から命じられることがあります。

●その他ご不明の点はサポートページよりお問い合わせください。

●イラストは商品の特長・性能を説明するためのイメージです。